化粧水がしみる時の原因と対策は?





アトピー・敏感肌の方の中には、これまで使い続けてきた化粧水がある時突然しみた、という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

化粧水は、洗顔後の素肌に直接付けるもの。肌につけるとヒリヒリ・ピリピリするなら、肌トラブルのサインかもしれません。

こちらに、化粧水がしみる原因や対策についてご紹介していきたいと思いますので、どうぞご参考になさってください。

ba665c7feeae387d5ba8a3438e5d9802_s

化粧水がしみる原因とは?


化粧水がしみる時は、肌のバリア機能が低下していることが大きな原因として挙げられます。

バリア機能の低下とは、空気の乾燥などによって肌内部にある角質層が粗くなり、隙間ができて水分が不足している状態。

バリア機能が低下すると肌の乾燥を招き、外部からの刺激(紫外線やホコリ、ハウスダストなど)によるダメージを受けやすくなってしまうのです。


また、季節の変わり目やアレルギー、冷え、生理前、ストレス、睡眠不足や栄養不足などの内的要因により、肌の代謝が乱れることが肌トラブルの原因になることも。

これらは、体の血行を悪くするため、肌代謝が低下する要因となるのです。

血行が悪くなるのは、寒さや冷房による影響のほか、ダイエットによるホルモンバランスの乱れや運動不足による影響も考えられるので、生活習慣全体の見直しが必要といえますね。


そして、洗顔やスキンケアのしすぎによっても、肌はダメージを受けやすくなってしまうことがあります。

肌は皮脂膜がバリア機能を担っていますが、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料、ピーリング効果のあるスキンケアなどを使用することにより、かえって肌の保護機能が奪われてしまうのです。

さらに、化粧水のつけ過ぎも、バリア機能を低下させる要因のひとつになります。

肌に水分を付け過ぎると、余分な水分は蒸発していくため、その際に必要な水分まで奪われてしまいます。


このように、様々な原因によって肌のバリア機能が低下すると、肌内部で炎症が起こり、それが化粧水を付けた時のヒリヒリ・ピリピリとした反応となって表れます。

肌がこのような過敏な状態になってしまったら、普段のスキンケアに加え、日常の習慣を見直すことが大切です。


スポンサーリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9317067722031064"
data-ad-slot="3046439167"
data-ad-format="rectangle">




化粧水がしみる時は、どんな対策が効果的?


肌が敏感になっている時は、まず生活習慣を見直し、普段よりも丁寧な保湿ケアをすることが何よりの対策になります。


化粧水がしみる対策・体調を整える


肌は、内臓の状態を映し出す鏡といえます。

肌トラブルが表れたら、たっぷりと睡眠を取り、体の機能を整えることが第一です。

質の良い睡眠が取るためには、適度な運動やリラクゼーションにより、自律神経のバランスを整えるようにしましょう。

有酸素運動や呼吸を整える方法として、ウォーキングやヨガなどの習慣を持つのもおすすめです。


また、バランスの良い食事を摂ることも基本になります。

特に、肌に良い効果をもたらすたんぱく質ビタミンA、B群、C、Eを多く摂るように心がけましょう。

うなぎや豚肉、緑黄色野菜や海藻などがおすすめです。


そして、肌の潤いを補うには、良質の水をたっぷりと摂ることも必要。

1日1.5リットル程度を目安に、こまめに水分を補給するようにしましょう。


気をつけたいのが、添加物や砂糖、古くなった油脂の含まれている食品や飲料です。

なるべくインスタントやコンビニ食、スナック菓子、缶コーヒーや清涼飲料水などを避け、身体に安全で品質の良いものを摂るようにしましょう。


f2c743fb5795fecca7a7ebe0676178d2_s

化粧水がしみる対策・保湿スキンケアを心がける


バリア機能が衰えた敏感肌は、刺激のある化粧品を避けることが第一です。

そして、肌を保護しながら奪われた水分を補うよう、無添加・低刺激のスキンケアを様子を見ながら試すようにしましょう。

化粧水がしみるという場合は、そのまま使っていると肌荒れ・炎症が進んでしまうおそれがあります。

一度化粧水の使用を中止し、洗顔後にワセリンやシアバター、乳液、クリームを塗って保湿するようにしましょう。

また、別の記事でご紹介した、ホホバオイルなどのキャリアオイルを塗るのも良いでしょう。

肌の乾燥が強い時の応急処置として、この方法を2週間程度続けてみましょう。

→ アトピー・敏感肌に効くキャリアオイルの種類についてはこちら


ワセリンシアバターは、一度手のひらに取って少し温め、やわらかくしてから薄く伸ばして使うようにします。


また、メイクをする時もリキッドファンデーションは避け、肌の密着度の少ないパウダーファンデーションを薄くつける程度に留めると良いでしょう。

メイク下地やSPF値の高い日焼け止めなども刺激が強い場合があるので、なるべく低刺激のものを選ぶようにしましょう。

メイクを落とす時は、刺激の強いクレンジングは避けるようにし、敏感肌用の洗顔料でやさしく洗い流すのがおすすめです。

また、洗顔時は肌を強くこすったり、熱いお湯を使用するのも肌トラブルを悪化させる原因となります。

ぬるま湯を使用し、やさしく洗い流すようにしましょう。


また、スキンケア化粧品を使用する前は、必ずパッチテストをおこなってください。

できれば数時間から数日様子を見て、肌荒れやアレルギー反応が起こらないかを確かめて使用するのが無難です。


化粧水がしみる対策・低刺激の敏感肌用化粧水を使う


もし、これまで使用していた化粧水が刺激を起こしている場合は、化粧水自体が肌に合っていない場合があります。

この場合は、上記のケアに加えて、スキンケア化粧水を見直すことも大切です。

2週間程度様子を見て、肌が回復してきたら、自分に合った敏感肌用化粧水で肌を内部から保湿するようにすると良いでしょう。


肌内部を構成する細胞間脂質に水分を蓄えているのが、セラミドです。

このセラミドをしっかりと補ってくれる、低刺激性の化粧水を選ぶことが大切です。

セラミドを補うことで肌の貯水機能がアップすると、皮脂の分泌が正常におこなわれるようになり、結果として肌のバリア機能が回復することにつながります。


化粧水がしみる時の対策として低刺激性のスキンケア化粧水を選ぶなら、ノブⅢ スキンケアシリーズが心強いサポートになってくれるでしょう。


ノブⅢ

ノブⅢ フェイスローションは臨床医学に基づいて作られたスキンケア化粧水で、皮膚科でも処方されています。

医薬部外品なので敏感肌をはじめ、肌荒れや湿疹など、トラブルを起こしている肌にも安心して使えます。

また、セラミド液晶化技術により角質層にまでしっかりと潤いを浸透。

さらにグリチルリチン酸ジカリウムを配合しているので、赤みやかゆみ、湿疹などの刺激や皮膚炎を鎮めてくれます。

→ グリチルリチン酸ジカリウムのアトピー・敏感肌への効果とは


化粧水がしみるほど肌が敏感になっている時は、肌トラブルの原因を見直すことと、肌の内側と外側からの両方のケアをすることが大切です。

日常の心がけと正しいケアを実践して、健康的な肌を回復させていきましょう。


banner