顔の粉吹き・皮むけの原因と対策/乾燥肌を改善するには?





Pocket

知らず知らずのうちに肌が乾燥してしまい、気がついたら頬が粉吹きになっていた、皮むけになってめくれてきた・・・、などという経験はありませんか?

肌がヒリヒリしたり、かゆみが感じられたりしないことがあるので、鏡を見てびっくりするというケースも多いのではないでしょうか。


a47850d9b5cd66207893bc72ff27e20d_s

こんな時、その場しのぎで化粧水やクリームをつけても、また粉吹きや皮むけをくり返す、ということになりかねません。

顔が粉を吹く、皮がむけるほど乾燥してしまった場合は、どのようにケアをすれば良いのでしょうか。

こちらにその原因や効果的な改善方法について、まとめてみました。


なぜ顔に粉吹き・皮むけが起こるの?乾燥肌の原因とは


顔に粉吹きや皮むけが起こるのは、主に乾燥により肌の水分が不足しているのが原因です。

また、頬や目元、額、口元やあごなどに白い粉が吹いているように見えるのは、実際は角質が正常に剥がれ落ちていないために、肌表面で粉のように見えているのです。

これは、肌の代謝がうまくいかないために、肌細胞の機能が衰え、新しい健康な角質が作られていないことを示しています。

すると、代謝されない表面の肌がだんだん硬くなり、角質に亀裂が入って粉のようになり、さらに角質層の乾燥が進むと皮がむけていってしまいます。


例えて言うなら、雨が降らずに日差しを浴び続け、乾燥した土の表面がひび割れてパリパリと剥がれ落ちてくるのと同じような現象といえます。

特に、肌内部が乾燥を起こし、バリア機能が低下した肌は、空気が乾燥した環境にいることで、このような顔の粉吹きや皮向けが現れやすくなります。


では、この顔の粉吹きや皮むけを改善するには、どのようにすれば良いのでしょうか?



顔の粉吹きや皮むけ・乾燥肌を改善するには?


洗顔を見直す


顔の粉吹きや皮むけが起こるほど乾燥が進んでいる時は、まず洗顔を見直すことが大切です。

洗浄力の強いクレンジングや洗顔料でごしごしと擦って洗顔をするのは、乾燥肌にとっては強い刺激や負担になってしまいます。

本来肌にとって必要な皮脂まで奪ってしまうため、結果的に肌のバリア機能が低下し、肌内部の水分が蒸発しやすい環境を作りやすくなるためです。

特に乾燥がひどい時は、朝は洗顔料を使用せず、ぬるま湯のみで洗顔をするのがおすすめです。

皮脂が気になる場合は、低刺激の洗顔料でやさしく洗い流す程度に留めると良いでしょう。


保湿スキンケアを見直す


スキンケア化粧品で保湿をしても肌のカサカサや粉吹き、皮むけが改善しないという場合は、化粧品自体が刺激になっている、または肌に合っていないことがあります。

特に、アルコールやエタノールが含まれたもの、界面活性剤などのケミカル成分や添加物が使われているものは、肌トラブルの原因になりかねません。

一度それらの使用を中止し、低刺激の敏感肌用スキンケア化粧品に替えてみるのもひとつです。


この時、肌の保湿に大切なのは、肌内部の細胞間脂質を埋めるセラミドを補うことです。

乾いた大地にじょうろで水を撒くだけでは、表面が一時的にうるおうだけでまたすぐに乾燥してしまいますが、奥まで水を充分に補給することでまんべんなく水分が行き渡り、表面のひび割れも自然に収まっていくのと同様です。

また、洗顔後は素早く化粧水をつけて保湿し、その後はクリームやジェル、ワセリンシアバターなどを薄く塗り、水分が蒸発するのを防ぎましょう。


顔の粉吹きや皮むけが起こっている時には、こちらのような化粧水や美容ジェルが心強いサポートになるでしょう。


【セラミド保湿ができるおすすめの化粧水】

● ノブⅢ フェイスローション

ノブⅢ

ノブⅢ フェイスローションは臨床医学に基づいて作られたスキンケア化粧水で、皮膚科でも処方されています。

医薬部外品なのでアトピーや敏感肌をはじめ、肌荒れやニキビなど、トラブルを起こしている肌にもやさしく安心して使えるのが特徴です。

また、粉を吹いたり皮がむけるほど乾燥した肌も効果的に保湿できるよう、セラミド液晶化技術により角質にまでしっかりと潤いを浸透させてくれます。

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2k)を配合しているので、赤みやかゆみ、ピリピリ、ヒリヒリとした刺激、またニキビなどの炎症を鎮めてくれます。

こちらの記事もご参考になさってください。

→ グリチルリチン酸ジカリウムのアトピー・敏感肌への効果とは?


また、当サイトの管理人がノブIII スキンケアシリーズを実際に試した口コミ体験談も掲載していますので、よかったらこちらもご参考になさってください。

→ ノブIII シリーズを実際に試した体験談と口コミ感想は?


【セラミド保湿ができるおすすめの化粧水ジェル】

● ViTAKT バランシングウォータージェル

ヴィタクト

ViTAKT(ヴィタクト)バランシングウォータージェルは、1本で化粧水・乳液・美容液・クリームという4役の保湿ケアができるオールインワン美容ジェル。

セラミドと温泉水を中心に天然由来成分を91%配合し、顔の粉吹きや皮むけの原因となる乾燥とバリア機能の低下に、効果的にアプローチしてくれます。

中でも、保湿成分サクランはヒアルロン酸の10倍の保水力があるといわれており、肌表面に潤いのヴェールを満たしてバリア機能を高め、肌を乾燥から保護してくれます。

仕事や家事に忙しくスキンケアに時間をかけられない方、肌が敏感で化粧品を重ね塗りしたくないという方にも、負担なく上質なスキンケアが叶います。

また無添加処方にもこだわっているので、乾燥が進んで肌が敏感になっている時にも安心して使えるところがポイント。


管理人が実際にViTAKT バランシングウォータージェルを使用したレビューは、こちらにご紹介しています。

→ ViTAKT バランシングウォータージェルを実際に使用・検証した口コミレビューをご紹介


上記の他にも低刺激・無添加・セラミド保湿の敏感肌用化粧水をご紹介していますので、こちらも併せてご参考になさってください。

→ 低刺激・無添加・セラミド保湿の敏感肌用化粧水・5選はこちら



04f20ea384ef422bf3f627a7f7844fa7_s


顔の粉吹き・皮むけ対策/蒸しタオルで血行を促す


肌の粉吹きや皮むけが気になる時は、肌の血行が滞っていることも原因のひとつです。

肌の血行を改善するには、蒸しタオルを使ったケアをするのがおすすめです。

洗顔後や入浴後などに、蒸しタオルで顔を覆い、そのまま1~2分程度置いて蒸気を当てます。

これを行うことで肌内部まで血行が良くなり、肌代謝が活性化されますので、軽い粉吹き程度なら充分に改善されることでしょう。

蒸しタオルを当てた後は、たっぷりと化粧水や美容液ジェルで肌を保湿し、クリームやワセリンを薄く塗ることもお忘れなく。


スポンサーリンク
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9317067722031064"
data-ad-slot="3046439167"
data-ad-format="rectangle">



顔の粉吹き・皮むけ対策/日常の中でできる乾燥肌ケア


水分を補給する


肌が乾燥している時は、体内の水分が足りていない場合があります。

こまめにミネラルウォーターを補給するなどして、体の内側からうるおいを取り戻すことも大切です。

コーヒーやジュースなどより、体に浸透しやすいミネラルたっぷりの水を飲むように心がけましょう。


栄養を補給する


また、栄養が不足しがちになると、肌トラブルを招きやすくなります。

特にダイエット中は身体に必要なビタミンやミネラル、たんぱく質が充分に摂れず、またエネルギーになる炭水化物も減るため、肌細胞が正常に作られず、ターンオーバーも乱れやすくなります。

なるべく緑黄色野菜や海藻類、赤味の肉類、魚介類、大豆製品などをバランス良く摂るようにしましょう。

また、玄米や胚芽パンなどにも肌に良い微量元素が含まれていますので、上手に摂り入れると良いでしょう。

さらに、血流を良くして肌代謝をスムーズに行うためには、ニンニクやショウガ、タマネギなども効果的です。


時々、具だくさんのスープやみそ汁などを食べるようにすると、栄養とともに水分も補給でき、体を芯から温めて血行を改善してくれるのでおすすめです。


生活習慣を見直す


睡眠不足や運動不足、ストレスなどによって自律神経が乱れると、肌にも影響しやすくなります。

肌がカサカサして粉を吹いている時、皮がむける時は、早寝早起きの習慣を心がけ、適度に日光を浴びて有酸素運動をするなど、身体のリズムを整えるようにしましょう。

また、寝る直前までパソコンやスマホ、ゲームなどをして脳を興奮させたままにすると、交感神経が優位になり、睡眠にも影響を及ぼしてしまいます。

ゆったりとした時間を取って深呼吸やストレッチをおこない、心身をリラックスさせるよう心がけることも肌の改善には必要なことです。


これらの習慣を見直し、肌の内側から乾燥をケアしながら健康的な美肌を取り戻していきましょう。


→ セラミド保湿の敏感肌用化粧水を実際に試した体験談と口コミ感想は?

→ 低刺激・無添加・セラミド保湿の敏感肌用化粧水・5選はこちら


banner