金属アレルギーの原因と対処法

0a6d963f67795a45b14fd4852915a25a_s

今までアトピー・敏感肌などの症状はなかったのに、突然肌がかぶれたり、肌荒れや発疹、かゆみが起こったという経験はありませんか?

それがネックレスやピアスなどのアクセサリーを付けていた箇所に現れているなら、金属アレルギーが原因かもしれません。

聞き慣れない方も多いかもしれませんが、こちらに金属アレルギーの原因や対処法についてご紹介したいと思います。


目次




金属アレルギーの原因と症状は?


金属アレルギーとは、肌が金属の成分に反応し、症状を引き起こしている状態です。

大きく分けて「局所性金属アレルギー(接触皮膚炎)」と「全身性金属アレルギー」の2つが見られます。


局所性金属アレルギーの場合、ネックレスやブレスレット、ピアスなどの金属が触れた部分に次のような症状が現れます。

・赤み
・かゆみ
・湿疹
・痛み
・炎症


アクセサリーなどの金属が長時間肌に触れることで、汗などにより溶け出した金属がイオン化して体内に入り、アレルギーを起こすというものです。

特にピアスは皮膚や皮下組織との接触度が高いため、金属アレルギーを起こす原因の8割程を占めているといいます。

また、古くなって劣化したアクセサリーは表面のメッキが剥がれ、中の金属が皮膚にアレルギーを起こすこともあります。

40代女性に多く見られる症状で、一度起こると慢性化して悪化しやすいので、放っておかず早目に対処することが必要です。


また、歯の治療に使用される金属が、口の粘膜や舌にアレルギー反応を起こすこともあります。

次のような症状が起こる場合は、歯科金属による原因を疑う必要があります。

・口の粘膜が荒れる
・口内炎ができる
・舌にまだら模様が表れる
・舌に白い苔のようなものができる
・味覚が感じられない


全身性金属アレルギーは、歯科金属や内服薬、食品に含まれる金属が体内に侵入することによって全身の各所に引き起こされる症状です。

原因不明の症状が、じつは金属アレルギーによるものだった、ということもあります。

この場合は、体内に吸収された金属が手のひらや足の裏から汗とともに排出され、かぶれや水ぶくれ、湿疹などの症状として現れることがあります。

中には蕁麻疹をくり返すものもあります。


この他にも、腕時計や眼鏡、ジーンズなどの金属ボタンや、化粧道具のビューラー、ピンセットなども肌や粘膜に触れることでアレルギーを起こすことが知られています。

また、金属が体内に少しずつ入り込み、数年後にアレルギー反応が現れるなど、原因の特定が難しいこともあります。

金属アレルギーは、花粉症やアトピー性皮膚炎などの他のアレルギー症状との関連もあることが指摘されており、金属以外の要因(食品添加物や残留農薬、大気汚染などの影響)もあるため、一概に特定はできません。

ただし、金属の長期に渡る使用や過剰摂取による症状は皮膚以外にも不定愁訴や自律神経失調など多岐に渡る症状を起こすため、アクセサリーの着用や歯科治療を続けている際には注意が必要です。


136a3d1ac8c2fd33b3b5ab68404f8729_s

金属アレルギーを起こしやすい物質とは?


金属の中で最もアレルギーを起こしやすいのは、ニッケルといわれています。

安価なアクセサリーなどに使用されており、汗によって溶け出しやすい性質があるため、金属アレルギーに多い原因のひとつとなっています。

他にも、すずやコバルト、マンガン、アルミニウム、クロム、銅などの金属が代表的です。

アマルガム(水銀)やパラジウムなどは、歯科治療の際に使われるもので、これが原因でアレルギーになる場合もあります。

これらは重金属といわれ、微量元素として身体に必要なものもあれば、悪影響を及ぼすものもあります。


私たちの身近にあってわかりやすいのは硬貨で、このような金属が使われています。

・1円玉・・・ アルミニウム
・5円玉・・・ 銅、亜鉛
・10円玉・・・ 銅、亜鉛、すず
・50円玉・・・ 銅、ニッケル
・100円玉・・・ 銅、ニッケル
・500円玉・・・ 銅、亜鉛、ニッケル


金属アレルギーが悪化してしまうと、これらの硬貨に触れることもできなくなるといいます。

また、食べ物に含まれる金属が原因の症状もあります。

豆やナッツ類、チョコレートやコーヒー、紅茶、タケノコ、昆布、チーズなど、一般にポリフェノールの多い食品に、ニッケルやコバルト、クロムなどが含まれています。

これらは摂り過ぎないよう、食べる量や頻度に気を付けるとよいでしょう。


では、アレルギーを起こしにくい金属にはどのようなものがあるのでしょうか。

それは、金、銀・プラチナのような純度の高い稀少素材になります。

また、チタンなど磁気治療に使用される金属も、比較的安全といわれています。

ただし、これらも体質などにより反応が異なりますので、一概に決めつけることはできません。



金属アレルギーの対処法とは?


では、金属アレルギーにかかってしまったら、どのように対処をすれば良いのでしょうか。

接触皮膚炎の場合は、原因となるアクセサリーや装身具などを特定することが大切です。

その金属の接触を避けることで、ぶつぶつや皮膚炎などの症状が改善することがあります。


また、アクセサリーを使用する場合は、汗や体液などが付着していないかどうかをこまめにチェックし、よく手入れをするようにしましょう。

汗や汚れが付いたままにしておくと、そこから雑菌が繁殖して金属が劣化し、アレルギーを起こす原因になってしまいます。

肌に触れるものは、いつも清潔な状態を心がけましょう。


自分で対処しても症状が改善しない場合は、早目に皮膚科を受診し、薬による治療や生活指導などを受けるようにしましょう。


歯科治療が原因の場合は、歯医者さんに相談し、歯に使用している金属を避けるなどの処置が必要になります。

保険が適応される治療では、金属の代わりにコンポジットレジンという歯科用プラスチックを使用する方法があります。

保険適応外ではセラミックを使用する方法もありますが、高価なため、歯医者さんとよく相談すると良いでしょう。


金属アレルギーの検査をする


病院で金属アレルギーの検査を行い、どの金属に反応しているかを確かめる方法もあります。

パッチテストなら比較的行いやすく、自分に合わない金属はどれかがわかります。

さらに、皮膚科の血液検査でさらに詳しく調べる方法もありますので、気になる場合はこれらを受けてみるのもひとつです。


肌のかゆみやかぶれがある時は、金属が敏感肌の原因となっている場合がありますので、直接肌に触れる金属や、体内に摂り入れる金属にも気を配るようにしましょう。



金属アレルギーで肌荒れを起こした時のスキンケア


金属アレルギーで肌荒れが起こっている時には、ノブⅢ スキンケアシリーズなどが心強いサポートになってくれるでしょう。


ノブⅢ


ノブⅢ フェイスローションは臨床医学に基づいて作られたスキンケア化粧水で、皮膚科でも処方されています。

医薬部外品なのでアトピーや敏感肌をはじめ、肌荒れや湿疹、ニキビなど、トラブルを起こしている肌にも安心して使えるのが特徴です。

また、内側から乾燥した肌も効果的に保湿できるよう、セラミド液晶化技術により角質層にまでしっかりと潤いを浸透させてくれます。

さらにグリチルリチン酸ジカリウムを配合しているので、肌荒れや湿疹、赤みやかゆみなどの刺激や炎症を鎮めてくれる効果も。


グリチルリチン酸ジカリウムについては、こちらの記事もご参考になさってください。

→ グリチルリチン酸ジカリウムのアトピー・敏感肌への効果とは


こちらのノブⅢシリーズを使用し、「ひどい肌荒れの時もしみず、赤みや炎症が引いた」「肌が保湿されてもちもちになりました」という口コミも寄せられています。


ノブⅢシリーズは初回トライアルセットで全てのサンプルが試せるので、化粧水、乳液、美容液、クリームとライン使いで実感できます。

とにかく肌トラブルを鎮めたい、刺激のないスキンケア化粧品を使いたいという時は、ノブⅢシリーズが役立つでしょう。

→ ノブⅢシリーズについてはこちら



金属アレルギーで肌荒れを起こした時の原因と対策について、ご紹介してきました。

日常を見直すと同時に、敏感肌のスキンケアをしっかりと行い、肌を健康な状態へと整えていきたいものですね。






スポンサーリンク