紫外線アレルギーで皮膚炎に!原因と対策とは?

紫外線を浴びると、将来シミやシワなどの肌老化につながってしまうことはよく知られていますね。

それ以外にも、有害な紫外線の影響で重度のアレルギー症状を引き起こす可能性があることをご存知でしょうか。

こちらでは、紫外線アレルギーの症状や、その原因と対策についてご紹介していきたいと思います。


目次





紫外線アレルギーの症状とは?治るの?





近年、紫外線アレルギーの症状を訴える人が増えてきているといいます。

紫外線アレルギーは日光アレルギー日光過敏症、日光皮膚炎、日光湿疹などと呼ばれることもあり、子どもから大人までいつ発症してもおかしくない症状です。

日光を浴びることにより、皮膚に赤みやかゆみ、ブツブツとした湿疹やじんましん、水ぶくれが起こる皮膚炎の症状から、目のかゆみや充血、違物感が起こり瞼が腫れる目の症状、また頭痛や吐き気、発熱などが起こる全身症状まで、表れ方は多岐にわたります。


紫外線アレルギーになると、アトピー性皮膚炎や敏感肌、また花粉症などの症状と同様、治りにくいとされています。

また、紫外線アレルギーは目に見えない光線(UV波)に晒されることによって引き起こされる症状のため、完全にアレルゲンを避けることが難しく、知らないうちに症状が進行している場合もあります。


地球環境の変化によるオゾン層の破壊で、年々、有害な紫外線が地表まで届きやすくなり、人の身体に与える影響も危険度が増してきているといわれています。

昔はお日様の光を浴びるのは健康に良いとされていましたが、今は無防備に日光を浴びるのはリスクを伴う行為といえます。

そのため、夏でも長袖、手袋で全身をガードし、サングラスをかけた女性を見かける機会も多くなりました。

UVカットを打ち出したアイテムやグッズもたくさん売られています。


また、子どもへの紫外線の影響も深刻視され、外で活動する際には大人以上に注意する必要があります。

特に目から受ける影響が後々重度の眼病を引き起こしかねないため、日常的に紫外線の影響を避ける対策が必要です。

紫外線による目への影響は、急性の紫外線角膜炎、加齢黄斑変性症、白内障へとつながりやすく、子どもの頃からこれらの予防を心がけることの重要性が指摘されています。




紫外線アレルギーの原因とは?


紫外線アレルギーは、紫外線を直接・間接的に浴びることによって引き起こされる症状です。

紫外線を浴びた影響は身体に蓄積されていきますので、それがある限界値を越えた時に症状に発展すると考えられています。

また、もともとアレルギーを起こしやすい体質を持っている人、睡眠不足や偏った食生活を続けたり、ストレスなどによって免疫力が低下している人に起こりやすいとされています。


その他にも、化粧品によって引き起こされる症状(光接触皮膚炎)、薬を服用することにより現れる症状(光毒性光接触皮膚炎)なども見られます。


さらに、セロリ、きゅうり、レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの食品をとることによって紫外線アレルギーが起こるケースもあるようです。

これらの食べ物には光毒性のあるソラレンという成分が含まれており、紫外線に過敏に反応し、肌にダメージを与えてしまうことがあります。


また、全身性エリテマトーデス(SLE)やシェーグレン症候群などの病気の症状の1つとして日光過敏が挙げられています。

他にも遺伝的な病気により、紫外線アレルギーの症状を引き起こすものもあります。


様々な要因により紫外線アレルギーが引き起こされますので、普段から紫外線の危険性を知っておき、予防と対策をとることが大切といえるでしょう。



紫外線アレルギーの予防と対策とは?


では、紫外線アレルギーを予防するには、また紫外線アレルギーを発症してしまったら、どのような対策をとれば良いのでしょうか?

答えは「紫外線を徹底的に避ける」ことです。

では、どのように紫外線を避ければ良いのか、次にポイントをまとめてみました。


<外出時の紫外線を避ける>

外出の際は、10~14時の間に屋外で過ごす時間をなるべく減らすようにしましょう。

この時間帯に、一日の紫外線の50%以上が地表に届くとされています。

また、やむをえず屋外に出ている場合は、なるべく日陰を探すようにしましょう。

ただし、日陰にいても紫外線が届いていますので、UV対策は忘れないようにしましょう。


<UVカットの衣類を身に着ける>

UVカット素材や、UVカット加工製品を使用した衣類を身に着けると効果的です。

カーディガンやケープ、ストール、帽子、手袋、日傘など、多くのアイテムが探せるので、外出の際はこれらを身に着けると良いでしょう。


<日傘・帽子・サングラスを使用する>

UV加工が施された日傘やサングラスを、外出時に使うようにしましょう。

日傘は黒っぽい色の方が紫外線を防ぐ効果が高いとされていますが、UVカットされていればどんな色でも構いません。

ただし、アスファルトからの照り返しを防ぐためには、裏地が黒や濃色の方が効果的です。


帽子を被るのは、最も手軽な紫外線防止法です。

つばの広いものや、UVカット素材のものを選ぶと良いでしょう。


サングラスは、UVカット率の高い色の薄いもの、顔に密着したものがおすすめです。

色の濃いものは瞳孔が開き、紫外線を多く吸収してしまうため、避けた方が良いでしょう。


<食事を改善する>

紫外線アレルギーの予防と対策のために、身体の内側からケアすることも大切です。

そのために効果的な栄養素と食品をご紹介します。


● ビタミンC

紫外線によって発生する活性酸素やシミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑えます。

ピーマン、ブロッコリー、カリフラワー、パセリ、いちご、レモンなど


● ビタミンE

細胞膜の酸化防止や、血流を促進する効果があり、肌のターンオーバーを正常化します。

かぼちゃ、アボカド、いわし、いくら、アーモンド、ナッツ類など


● ビタミンA(βカロチン)

皮膚や粘膜を強化する作用、発がん抑制、皮膚の免疫やバリア機能を維持する働きがあります。

モロヘイヤ、春菊、ほうれん草、ニンジン、明日葉、小松菜など


● ビタミンB2

細胞の再生を促し、皮膚の新陳代謝を高めます。

レバー、うなぎ、いわし、ぶり、海苔、卵、納豆など


● 亜鉛

肌の再生に必要な栄養素で、紫外線への皮膚の抵抗力を保ちます。

牡蠣、うなぎ、牛肉、チーズ、卵黄、大豆、煮干しなど


● アスタキサンチン

魚介類の赤い色素に含まれる成分で、強力な抗酸化作用があり肌を若々しく保ちます。

鮭、イクラ、カニ、エビなど


● ルテイン

目の網膜と水晶体に蓄積され、眼球内の組織を保護し酸化を抑えます。

ほうれん草、ケール、ブロッコリー、リーフレタス、豆類など




<生活習慣を整える>

身体の免疫力を高めるためには、睡眠をしっかり確保し、適度な運動を取り入れてストレスを解消することが何より大切です。

過度なダイエットも内臓に負担を与え、アレルギーを起こしやすくするため、栄養バランスの良い食事を3食とるよう心がけましょう。

とはいえ、仕事が忙しかったりプライベートで悩みを抱えていたりと、生活習慣を整えることが難しいケースもあるでしょう。

そんな時はできる範囲で、健康に良い習慣を1つでも取り入れるなど、無理なくじっくりと健康改善に取り組んでいきましょう。

例えば、寝る前のスマホやゲームを控え、ゆったりとお風呂に入る、ストレッチをするだけでも心身の癒しになりますね。


<医師に相談する>

紫外線の影響は時間が経つにつれ深刻になる場合が多いため、気になる症状が現れた時は皮膚科を受診し、検査を受けて診断を仰ぐようにしましょう。

また、目に異物感・違和感を覚えた時は眼科を受診しましょう。



紫外線アレルギーを予防するためのUVクリーム





もう1つ、紫外線を予防するために忘れてはならないのが日焼け止め・UVクリームです。


UVクリームには、SPFPA値が表示されています。

SPFはUV-B(日焼けや皮膚がん、白内障を引き起こす原因とされる)を防ぐ効果を示しています。

数値が大きいほど、UV-Bを遮る効果も大きくなります。

PAはUV-A(シミやシワ、たるみの原因になる)を防ぐ効果を示し、+の数が多いほどその効果も高まります。

一方、紫外線防止効果が高いほど肌への刺激も強くなりますので、なるべく負担の少ない低刺激のものを選ぶことが大切です。


その基準として、紫外線吸収剤を使っていないものを選ぶと良いでしょう。

紫外線吸収剤フリーノンケミカルと表示されているものです。

また、石油系界面活性剤や鉱物油、保存料、香料なども肌に負担を与える場合があるため、これらの成分についてもチェックしておきましょう。


日焼け止めを塗る時は、顔や首回り、腕や足など肌の露出する部分にまんべんなく塗るようにし、2~3時間おきに塗り直すのが効果的です。

耳の後ろや手の甲なども塗り忘れないよう、しっかりとUVケアをしましょう。


ご参考までに、敏感肌にもやさしい日焼け止めクリームを、こちらにご紹介したいと思います。


● MAM&BABY





天然成分100%、皮膚科医と共同開発したUVクリームで、赤ちゃんの肌にも安心して使用ができます。

独自の美容成分を配合し、保湿スキンケアも叶えてくれます。

トライアルサイズもあるのでお試ししやすいのがポイント。

さらに、10日間返金保証が付いています。


● オーガニックUVミルク ウェアルーUV





天然100%、美容液成分85%配合、SPF25の日焼け止め&下地クリーム。

オーガニックで白浮きせず、光をコントロールして毛穴、色ムラの目立たないクリアな肌に整えてくれます。

ファンデーションを使いたくないという方にも、自然な肌合いになるのでおすすめです。

また、30日間返金保証が付いているので、万が一肌に合わないという場合も安心です。


年々、肌にやさしい日焼け止めクリームが開発されていますので、これらを積極的に活用すると良いでしょう。



紫外線アレルギーで肌荒れを起こした時のスキンケア


紫外線アレルギーで肌荒れが起こってしまった、という時には、ノブⅢ スキンケアシリーズなどが心強いサポートになってくれるでしょう。


ノブⅢ

ノブⅢ フェイスローションは臨床医学に基づいて作られたスキンケア化粧水で、皮膚科でも処方されています。

医薬部外品なので敏感肌をはじめ、肌荒れや湿疹など、トラブルを起こしている肌にも安心して使えます。

また、セラミド液晶化技術により角質層にまでしっかりと潤いを浸透。

さらにグリチルリチン酸ジカリウムを配合しているので、赤みやかゆみ、湿疹などの刺激や炎症を鎮めてくれます。


グリチルリチン酸ジカリウムについては、こちらの記事もご参考になさってください。

→ グリチルリチン酸ジカリウムのアトピー・敏感肌への効果とは


こちらのノブⅢシリーズを使用し、日光アレルギーが原因の肌荒れが良くなったという口コミも寄せられています。


■ ノブⅢシリーズに寄せられた口コミ(アットコスメより)

「日光アレルギーなので、必要最低限のUVカットの化粧をし、ステロイドを必要最低限に抑えて併用。

結果、3日で顔の赤みとかゆみ、湿疹は治りました。

季節の変わり目や、私のように突然敏感肌が過敏肌になってしまった方が、肌を落ち着かせるために使うには十分です。」


ノブⅢシリーズは初回トライアルセットで全てのサンプルが試せるので、化粧水、乳液、美容液、クリームとライン使いで実感できます。

とにかく肌トラブルを鎮めたい、刺激のないスキンケア化粧品を使いたいという時は、ノブⅢシリーズが役立つでしょう。

→ ノブⅢシリーズについて詳しく見てみる


また、当サイトの管理人がノブIII スキンケアシリーズを実際に試した口コミ体験談も掲載していますので、よかったらこちらもご参考になさってください。

→ ノブIII シリーズを実際に試した体験談と口コミ感想は?



紫外線アレルギーを根本から改善するために


アレルギー体質は、免疫力の低下が原因となって引き起こされています。

くり返しになりますが、免疫力を高めるように食事・睡眠・運動のバランスを心がけ、ストレスを解消することが大切です。


また、現代科学では LPS(リポポリサッカライド)という物質が、身体の免疫細胞マクロファージを活性化してくれるということで注目されています。

LPSについてはこちらの記事でご紹介していますので、免疫力を高めるためのひとつのご参考になさってください。

→ 免疫力を高める方法とサプリメントでアトピー・敏感肌を改善できる?



紫外線アレルギーの原因と対策について、ご紹介してきました。

アレルギーに負けないよう、生活習慣やスキンケアを見直すと同時に、免疫力を高め、全身を健康な状態へと整えていきたいものですね。


banner


スポンサーリンク