妊娠中の敏感肌の原因と対策は?

cd035621f33520eb5b1cad97efc7aefa_s

女性は妊娠中は特に、心身ともに敏感になりがちです。

ホルモンバランスが大きく変化するために、肌はもちろん、全身に様々な影響がみられるようになります。

こちらに、妊娠中に敏感肌を起こしてしまう原因と対処法について、ご紹介したいと思います。


● 妊娠中の敏感肌の原因

妊娠初期~中期は、身体のあちこちに不調が現れるようになり、肌にも影響が及ぶことがあります。

個人差はありますが、それまで使っていたスキンケア化粧品が合わなくなったり、肌荒れやかゆみ、ニキビ、シミ、シワなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

これは、妊娠によるエストロゲン・プロゲステロンという女性ホルモンのバランスの変化から、肌の乾燥や皮脂の過剰な分泌を招いてしまうためです。

また、身体の冷えやむくみも起こりやすくなるため、全身の血行が滞り、結果として肌に運ばれる酸素や栄養が不足し、ターンオーバーの乱れにつながってしまいます。

これらが肌の乾燥やバリア機能の低下を招き、外部刺激に敏感に反応する原因となってしまうのです。


● 妊娠中の敏感肌の対処法

妊娠してから肌が敏感になったと感じられたら、敏感肌用のスキンケア化粧品に替え、刺激の強い成分を避けることが大切です。

化粧品に含まれている防腐剤などの添加物やアルコール・エタノールといった成分は肌に刺激になりやすく、またお腹の赤ちゃんにも影響してしまうおそれがあります。

肌に浸透させるスキンケア化粧品はもちろん、シャンプー剤や入浴剤、洗剤なども見直し、肌に低刺激の成分を選ぶようにしましょう。

そして、洗顔や入浴の時には肌を強くこすったり、ピーリングなどの刺激を与えることは控え、ぬるめのお湯でやさしく肌を撫でるようにして洗い流すと良いでしょう。

また、洗顔・入浴後はなるべく時間を置かずに保湿ローションやクリームなどを塗り、肌の水分が蒸発しないようしっかりと保湿しましょう。

特に、お腹周りを保湿することで、妊娠線の予防にも役立ちます。

→ アトピー・敏感肌に効果的な保湿化粧水はこちら


banner


スキンケアの他には、それまで着ていた衣類や下着が肌を締めつけたり、繊維が肌を刺激することもあります。

マタニティ用に作られた衣類や、敏感肌用の素材を選ぶようにし、なるべく肌に刺激を起こさないよう心がけることも大切です。


妊娠中はホルモンバランスの変化でメラニン色素が増えるため、シミ・そばかすができやすくなります。

肌が露出する部分に敏感肌用のUV・日焼け止めクリームを塗り、帽子や日傘などで紫外線を防ぐよう気をつけましょう。

また、目から紫外線を吸収しやすいので、外出時にはサングラスを持ち歩くのもひとつです。


また、生活習慣を整えることも欠かせません。

睡眠をよく取り、妊婦さんに必要な栄養バランスを考えた食事を心がけるようにしましょう。


● お医者さんに相談する

妊娠中は肌が敏感になるのはもちろん、免疫力も低下しがちになるため、肌荒れや湿疹、全身のかゆみなどの症状が起こりやすくなります。

スキンケアなどのセルフケアをしても症状の改善がみられない場合は、産婦人科や皮膚科のお医者さんに相談するようにしましょう。