主婦湿疹・手湿疹の原因と対処法は?

08109bf237f3df4aca8c926558c7ef45_s

女性の方、特にアトピー・敏感肌をお持ちの方は、主婦湿疹という皮膚の症状について見聞きしたこと、また経験された方も多いのではないでしょうか。

主婦湿疹は手にできる湿疹のひとつですが、日常的によく使う手に起こる症状なだけに、一度起こるとかゆみやかぶれ、痛みが気になり、また治りにくいものです。

適切な治療とハンドケアをして、主婦湿疹を予防・改善しましょう。


主婦湿疹の原因と症状とは?


主婦湿疹が起こりやすいのは、その名の通り、毎日の家事や炊事で手が荒れやすい主婦の方です。

また、水仕事を頻繁に行う職業の方(調理師・飲食店の従業員・美容師・看護師・介護士さんなど)にも多く見られます。

原因は、水や洗剤などの刺激に長時間さらされることで、手の水分や皮脂が奪われ、肌のバリア機能が低下してしまうことにあります。

バリア機能が低下するとさらに肌が乾燥してダメージを受けやすくなり、そこに刺激が加わり続けることで症状が悪化してしまうのです。

特にアトピー性皮膚炎や敏感肌をお持ちの場合は、もともと肌のバリア機能が弱まっているため、水仕事をするとこのような症状を起こしやすくなります。

また、アトピー・敏感肌を持っていなくても、水や洗剤、シャンプー、化学繊維などの刺激に触れ続けることで徐々にダメージを受け、突然症状が現れることもあります。


主婦湿疹の症状は、初めは手や指先が乾燥してカサカサし、水や洗剤がしみるようになります。

それが進むと、皮膚がぱっくりと割れたような状態になることも。

特に冬場に多く見られますが、しもやけやあかぎれを伴う場合があるため、手先の冷えも原因のひとつと考えられます。

これが悪化すると小さな水泡(水ぶくれ)となり、そこからかゆみや炎症、出血を起こすようになります。

主婦湿疹が悪化すると治りにくく、夏場でも症状が治まらないことがあります。


286d43c02db807844ea94f47d60bfe01_s

主婦湿疹の治し方


主婦湿疹は一度起こると悪循環になりやすいため、早目に対処をする必要があります。

治癒するまで水仕事や刺激を避けるのが最も良い方法ですが、毎日の家事や仕事となるとそうもいきません。

そこで、手を保護しながらケアしていくことが大切になります。


<手袋を活用する>

主婦湿疹・手湿疹を改善するには、外部刺激に直接触れないよう手袋を活用しましょう。

炊事を行う時は素手を避け、ゴム手袋や薄手のビニール手袋を着けるようにします。

この時、ゴムやビニールが刺激になる場合があるので、木綿の手袋を着けた上から着用するのがおすすめです。

木綿の手袋は通気性がよく、炎症の悪化を防いでくれる効果もあります。

また、お風呂で身体を洗ったりシャンプーをする際にも、薄いビニールの手袋をするなどして、洗浄剤が直接手に触れないよう気をつけましょう。

ゴム手袋を着けて洗い物をしているのに手湿疹が改善しない、という場合は、ハンドソープやシャンプー剤が患部を刺激しているために症状が悪化していることもあります。

界面活性剤や添加物が多く使われたハンドソープやシャンプー剤を避け、低刺激の石けんやアミノ酸系シャンプーに替えるなどして生活全体を見直し、手を守ることが大切です。


<保湿をする>

主婦湿疹・手湿疹が起こっている時は、肌の角質層まで水分を奪われ、ダメージを受けていますので、こまめにハンドクリームやワセリンなどを塗り、保湿をするよう心がけましょう。

また、セラミドを配合した入浴剤を使用したり、スキンケア化粧水を手にまんべんなく浸透させてからクリームやワセリンを塗って保護すると、さらに肌の潤いが回復しやすくなります。

この時、防腐剤やなどの添加物の入った保湿剤はかえって刺激になる場合があるため、成分表示をよく確認して低刺激のものを選ぶようにしましょう。

→ 主婦湿疹の手肌を保護するハンドクリーム・スキンプロテクトクリームはこちら


また、当サイトでは肌トラブルに効果的な保湿化粧水を選りすぐりでご紹介していますので、こちらもよかったらご参考になさってください。

→ 肌トラブルに効果的な保湿化粧水はこちら

banner


<皮膚科を受診する>

主婦湿疹・手湿疹が治まらない時は、外部刺激の他にアレルギーなどの原因が隠れている場合があります。

早目に皮膚科のお医者さんに相談し、適切な治療や生活指導を受けるようにしましょう。

かゆみや水ぶくれなどの症状が酷い場合も、ステロイド軟膏を2~3日塗ると症状が抑えられることがあります。

ステロイドを使うのは心配と思う方もいらっしゃいますが、ステロイドは少量を短期間使用する程度なら副作用もなく、効果的な薬です。


主婦湿疹・手湿疹が現れたら早めに対処をし、普段から予防に気をつけるようにしましょう。

また、冬はもちろん夏も身体の冷えや乾燥に注意しながら、こまめな保湿を心がけるようにしましょう。


スポンサーリンク