ポリフェノールの肌への効能

d25b4e601d563fcd0a89f097de47846a_s

健康に良いとされるポリフェノールですが、肌にも効果が高いことで知られています。

ポリフェノールは様々な効能を持っており、特にアンチエイジング効果で知られていますが、どのように摂るのが最も効果的なのでしょうか。

またアトピー・敏感肌への作用はどのようなものがあるのでしょうか。

ポリフェノールのはたらきや効能について、こちらにご紹介してみたいと思います。


目次




ポリフェノールとは?


ポリフェノールとは、植物が光合成をする時にはたらく物質で、植物の苦味、渋み、色素の成分となっている化合物のことをいいます。

その種類も4,000~5,000と数多く、さまざまな形で生命活動を助けているとのこと。

代表的なものはアントシアニン、エラグ酸、ルチン、イソフラボン、カテキンなどで、どれも私たちの身近な食材に含まれている栄養素のひとつです。

このポリフェノールに共通するはたらきとして、抗酸化作用・抗菌作用があります。


ポリフェノールの効能


ポリフェノールには強い抗酸化作用がありますが、これはどのような場面ではたらくのでしょうか。

人間の身体は活性酸素が発生することにより、細胞に錆が起こりやすくなります。これが老化につながるといわれています。

喫煙の習慣や薬の摂取をつづけることや、排気ガスや電磁波の影響を受けること、激しいスポーツやストレス、また紫外線を浴び続けることや添加物の多い加工食品を摂ることで、体内に活性酸素が増えていきます。

ポリフェノールは酵素、たんぱく質、ビタミンなどの栄養素とともに、こうした悪影響から細胞を守ってくれるのです。


ポリフェノールを摂取すると、次のような効果が期待できるとされています。

・がん予防(消化器系)
・高血圧の予防
・中性脂肪の低下
・糖尿病の改善
・認知症の予防
・アレルギーの抑制
・疲労回復
・安眠作用
・肌荒れ、ニキビ


肌への効果としては、ポリフェノールが細胞の酸化を防ぐことで肌のバリア機能を高め、健康で若々しい皮膚を作るよう助けてくれます。

また、抗菌作用があるため、肌荒れやニキビにも効果的です。

そして、ポリフェノールはヒスタミンを抑えることから、アレルギーにも効果的なので、アトピー・敏感肌の改善にも、欠かせない成分といえますね。


ポリフェノールの肌への効果


ポリフェノールは活性酸素を抑えて細胞の老化を防ぐことから、肌のアンチエイジングに対して作用してくれます。

紫外線やストレス、加齢によって起こるシミやシワ、たるみなどを抑え、皮脂のバランスを整えて健康的なハリのある肌に戻してくれるのです。

スキンケア化粧品にもポリフェノールの成分が含まれた製品がありますが、これらは肌の表面から取り入れることでエイジングケアへの効果が期待されています。

代表的なのはイソフラボンやエラグ酸、リンゴポリフェノールなどの成分で、シワやたるみの予防や美白効果、ニキビやアレルギーなどへの効果が期待されています。

ポリフェノールの配合された化粧品は年齢を問わず幅広く使えるほか、アトピー・敏感肌にも安全に用いることができます。


3aaac80b46a93313bc0a404ca7b3e101_s

ポリフェノールが含まれている食品


身体にも良く肌にも良いとされるポリフェノールですが、無理なくつづけるには食品から摂るのがおすすめです。

私たちが普段摂る食べ物や飲み物に多く含まれていますので、より心がけて取り入れてみると良いでしょう。


ポリフェノールが含まれているのは、次の食品です。

・飲み物
赤ワイン、コーヒー、ココア、紅茶、緑茶、ほうじ茶、ウーロン茶など

・野菜
ブロッコリー、なす、春菊、ほうれん草、レタス、れんこん、ごぼう、さつまいもなど

・果物
バナナ、ブルーベリー、ぶどう、りんご、いちご、キウイ、マンゴー、サクランボなど

・加工品
納豆、豆乳、チョコレートなど


ポリフェノールの1日の摂取量は、1500mgが目安とされています。

日本人の平均的な食生活では、この2/3程度しか補えていませんので、普段よりも意識してこれらの食品を心がけて摂ると良いでしょう。

また、ポリフェノールはで3~4時間しか体内での効果が持続しないため、3度の食事やティータイムにバランス良く摂ることが大切です。


ポリフェノールの摂り過ぎによる副作用の心配はないとされていますが、特定の食品にアレルギーがある場合は、摂るのを控えた方が良いでしょう。

また、イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似たはたらきを持つため、摂り過ぎるとホルモンバランスを乱すおそれがあります。

妊娠中はイソフラボンの量を控え、他の食材からポリフェノールを補うようにしましょう。


ポリフェノールのサプリメントも身体に良さそうですが、糖尿病の治療を行っている場合は低血糖になるおそれがありますので、摂取を控えるようにしましょう。


妊娠中や糖尿病の治療中以外にも、気になる症状がある場合は医師に相談しながら、栄養素の1つとしてポリフェノールを取り入れるようにしてください。


banner



スポンサーリンク