ビタミンCが肌荒れに効果的?

e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s

ビタミンCは、肌荒れやニキビに効果があるといわれています。

身体にも良いとされるビタミンCにはどのようなはたらきがあり、どのように摂ればよいのでしょうか。こちらにご紹介してみたいと思います。


ビタミンCのはたらきと肌への効果とは?


ビタミンCには強い抗酸化作用があり、体内に摂り入れたり肌に塗布することで、傷ついた細胞を再生するはたらきがあります。

また、皮脂の過剰分泌を抑えてくれるので、ニキビやニキビ跡の予防・改善にも役立ちます。

さらに、コラーゲンの生成を促し、メラニンを抑制する作用から、肌の若返りや美白効果もあるとされています。


私たちがストレスや不規則な生活習慣、食品添加物や化学物質にさらされると体内に活性酸素が作られますが、この活性酸素を除去するために、体内からビタミンCが大量に消費されます。

体内のビタミンCが不足すると、肌に必要なコラーゲンやエラスチンの産生が間に合わず、肌荒れやニキビを起こしやすくなってしまいます。

この時、肌のバリア機能が低下するために外部からの刺激を受けやすくなり、紫外線や化合物などに反応して肌が赤みや炎症を起こしたり、毛穴が黒ずんだりシミができやすくなったりと、知らないうちに敏感肌を招いてしまうことがあるのです。

最近、肌が疲れているなと感じたら、ビタミンC不足が原因かもしれません。


また、アルコールを摂ったり、風邪をひいて免疫力が低下している際にも、ビタミンCは大量に消費されます。

飲み過ぎた後や風邪をひいた時にビタミンCを摂ると良いというのは、体内の活性酸素の除去や細胞の修復を助け、回復力を高めてくれるという理由からなのです。


26c940e328d0d43aef9302d476d84659_s

ビタミンCの上手な摂り方


肌荒れやストレスを感じたら、ビタミンCを多く摂取するよう心がけましょう。

最も手軽なのは、野菜や果物から摂る方法です。
ビタミンCは次のような食品に多く含まれていますので、なるべく色鮮やかな野菜や果物を選ぶと良いでしょう。

<野菜>

パプリカ、ブロッコリー、パセリ、芽キャベツ、ししとう、ピーマン、小松菜、ほうれん草、サヤエンドウ、ニラ、春菊、トマト、じゃがいも、さつまいもなど

<果物>

イチゴ、キウイ、柿、アセロラ、レモン、かんきつ類など


1日に必要なビタミンCは、成人1人あたり100㎎とされています。

しかし、ビタミンCは水溶性の性質があり、体内に摂り入れても2~3時間しか留まりません。100㎎より多く摂ったビタミンCは、尿と一緒に排出されてしまいます。

ビタミンCを摂る際には、食材を長時間水にさらすことを避け、サラダや油炒めにするなどして効率的に摂ると良いでしょう。

また、1度にたくさん摂ろうとせず、3食に分けてまんべんなく補うようにしましょう。

さらに、ビタミンA、B群、E、たんぱく質や脂質などと併せて摂ることで相互作用が得られますので、バランスの良い食事を心がけることも大切です。


また、サプリメントでビタミンCを補うこともできます。

錠剤や粉末のビタミンC(アスコルビン酸)が薬局で市販されていますので、肌荒れや風邪の予防に摂るのも効果的です。

ビタミンCは基本的に副作用はありませんが、過剰摂取した場合は、胃腸に刺激を起こす場合があります。

吐き気や下痢などの症状が見られた場合は使用を中止し、量や頻度を調節するなどして自分に合った摂り方をみつけるようにしましょう。

また、粉末の場合はオブラートやカプセルに包んで摂るようにすると、胃への負担を和らげることができます。

薬局やスーパーで売られているドリンク剤やゼリー飲料なども、一時的なビタミンCのチャージに役立ちます。


ビタミンC配合のスキンケア化粧品


ビタミンCを配合したスキンケア化粧品は、肌荒れやニキビなどのトラブルに効果的で、シミやシワを予防し、アンチエイジングにも期待が持てます。

ただ、ビタミンC自体は空気や熱に弱い性質を持つため、配合量に対し充分な効果が得られにくいという側面もあります。

そこで、ビタミンC誘導体を配合したスキンケア化粧品も登場しています。

ビタミンC誘導体は、肌に浸透してからビタミンCに変化するため、肌の奥までビタミンCの成分を届けるはたらきがあります。

ビタミンC自体を直接肌につけるのは、敏感肌の方には刺激が強い場合もありますので、ビタミンC誘導体を選ぶ方が良いでしょう。

この時、水溶性のものより、低刺激な油溶性ビタミンC誘導体がおすすめです。


ビタミンCの性質やはたらきを知り、毎日の食事やサプリメントにより上手に摂り入れるようにしましょう。

また、ビタミンCやビタミンC誘導体を配合したスキンケア化粧品もあるので、自分に合ったものを使用すると良いでしょう。


banner