シアバターの保湿効果とアトピー・敏感肌への使い方




当サイトの管理人は、家にあったロクシタンのシアバターハンドクリームを使用してみたら、肌がすべっすべになることに驚きました。

→ ロクシタンのシアバターハンドクリームについて紹介している記事はこちら


ロクシタンのシアハンドクリームは、世界で3秒に1個売れているそうですが、その人気の理由がわかった気がします。

それは、シアバター特有の保湿作用の高さと、心地よい使用感にあるようです。


そこでシアバターについて調べてみたら、赤ちゃんからアトピー肌まで、肌トラブルに効果的な保湿剤ということがわかりました。

こちらに、シアバターについての情報をご紹介したいと思います。


目次




シアバターとは?


アトピー肌の保湿といえば、ワセリンが一般的ですね。

薬局やスーパーなどで手軽に購入できる保湿剤で、アトピー以外にも汎用性が高く、安心安全に使用できるのがメリットです。

一方、専門店やインターネットなど一部でしか購入できませんが、アトピーの保湿剤として注目されているのがシアバターです。


ワセリンは鉱物油を精製して作られていますが、シアバターはアフリカのサバンナ地帯に自生するシアの木の実から作られています。

アフリカでは古くから食用、また皮膚の薬や保湿剤として用いられてきたそうです。

天然の植物成分なので、鉱物油にアレルギーがある場合にも安心して使用ができますね。


シアバターには精製されたものと未精製のものがあり、未精製のものにはより多くの天然成分が含まれているとのこと。

近年は美容業界でも注目され、万能クリームとしてスキンケアやヘアケア製品にも使われているようです。


シアバターの成分は?


シアバターには、次の2つの主成分が含まれています。

・オレイン酸・・・・・・皮脂に近い成分で、保湿作用がある
・ステアリン酸・・・・炎症を抑える効果がある


オレイン酸は人間の肌によく馴染み、皮脂の成分に近いことから肌のバリア機能としてはたらき、乾燥や紫外線の影響を防いでくれます。

またステアリン酸はシアバターを滑らかにする効果があり、肌をすべすべに導いてくれます。


また、シアバターはこれらの2つの成分と微量成分のはたらきにより、防腐剤として化粧品の保存に用いられるほど抗酸化作用が高いことでも知られています。


シアバターは常温では名前の通り、バターのような固形をしていますが、体温で溶けるので、肌にのばして塗ることができます。

脂(やに)のような匂いが少しあり、プロポリスの匂いにも近い気がします。

ちなみに、ロクシタンのシアハンドクリームは、この匂いをよく抑え、使いやすいクリームに加工してあるのも、人気の秘密といえそうです。

※ こちらは、ロクシタンのシアバターです。↓





シアバターの使い方


シアバターは万能クリームといってもいいほど、汎用性が高いのが特徴です。

こちらのような使い方を参考にすると、日常に役立つでしょう。

・保湿クリーム
・化粧下地(紫外線防止作用)
・マッサージクリーム
・ハンドクリーム
・リップクリーム
・ニキビ、吹き出物の炎症ケア
・髭剃り後のケア
・ヘアケア、頭皮ケア
・日焼け前後のケア
・火傷のケア
・爪のひび割れ
・かかとのささくれ
・赤ちゃんのおむつかぶれ、スキンケア
・アトピーや敏感肌の保湿
・妊娠線の予防


シアバターを使用する際は、少量を手のひらや指で温めてから肌に塗ると、のびがよくすべすべに保湿されます。


アトピー・敏感肌にシアバターを用いるには?副作用はある?


シアバターは、抗炎症作用に加えて肌のターンオーバーを正常化させるはたらきもあります。

そのため、アトピーや敏感肌で傷ついた肌を、健康な状態に整えてくれる効能が期待できます。


アトピー・敏感肌に用いる際は、未精製のシアバターを選ぶとよいでしょう。

未精製のものは、天然の美容成分が豊富に含まれているためです。


洗顔後は、化粧水をつけた後に少量を手の上で温め、柔らかくなったら顔全体になじませるように塗ります。

この場合、アトピー・敏感肌用のセラミド配合化粧水など、保湿性の高いものを選ぶとよいでしょう。

→ アトピー・敏感肌用の保湿化粧水についてはこちら


洗顔後のケアは、シアバターのみで保湿から紫外線防止効果までカバーしてくれるので、それ以外の化粧品は使用しなくてもよいでしょう。

また、化粧下地として用いる際は、この上からファンデーションをつけることができます。

お風呂上りに全身を保湿する際は、水分を軽く拭き取った肌の上に直接塗ると効果的です。


効果を確かめるには、1~2週間ほど使用して炎症を抑え、その後も肌が代謝し、きれいな皮膚が生まれ変わるまで1ヶ月程続けてみるとよいでしょう。


シアバターには副作用はないとされていますが、稀に肌に合わない場合は赤みやかゆみなどのアレルギー症状が起こる場合があります。

最初にパッチテストをおこない、様子を見ながら使用するとよいでしょう。

また、肌に合わない場合はすぐに使用を中止し、かかりつけのお医者さんに相談されることをおすすめします。

シアバターの成分に人工物が含まれていることもありますので、成分をよく確かめてから使うようにしましょう。


シアバターは、どんな肌にも役立ってくれる万能な保湿剤です。

一家に1つ常備しておくと、肌トラブルやちょっとした傷などのケアに役立ちそうですね。

また、シアバターを塗った後のすべすべ感は、気分もアップさせてくれます。


管理人はロクシタンのシアバターを使っていますが、他にも未精製100%で肌に安心なココロコスメのシアバターをご紹介します。

よかったら、こちらも併せてご参考になさってください。

→ ロクシタンのシアバターはこちら(ホーム>シリーズ>人気シリーズ>シアで検索)

→ ココロコスメのシアバター(未精製100%)はこちら


※ ココロコスメのシアバターはこんな感じ↓

シアバター_商品画像