アトピー・敏感肌に効果的な紫外線対策は?

52eb780f84806e04d17de5665a1f124f_s

アトピー・敏感肌に紫外線・UV対策が重要というのは、多くの方がご存知ですね。

アトピー肌は、角質層のセラミドを作り出しにくいために肌が乾燥しやすく、敏感肌も皮膚表面が薄くなっているために肌のバリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすくなっています。

どちらも、肌を守る水分が不足しているため、通常より紫外線のダメージを受けやすくなっている状態といえます。

また、地球環境の変化による紫外線の影響は、年々増していると言われています。

昔は、外で日光を浴びるのが健康に良いとされてきましたが、今は、直射日光を浴びるには注意が必要になっています。

特に、紫外線が多くなる春先から夏は、しっかりとケアをしたいものです。


アトピー・敏感肌と紫外線


アトピー・敏感肌は皮膚のバリア機能が低下しており、そこに紫外線を浴びるとさらにバリア機能が破壊され、肌の乾燥やトラブルを招きやすくなります。

肌のバリア機能が低下すると、外部からの刺激を受けやすくなるため、ホコリやハウスダスト、ダニやカビ、細菌の侵入を許しやすくなってしまいます。

免疫力が低下している肌がそれらの刺激を受けると、感染症などにもかかりやすくなります。

また、アトピー・敏感肌は日焼けによる炎症を起こしやすく、さらに症状を悪化させて紫外線による色素沈着や、シワ・シミなどの原因を生み出すこともあります。

これらの紫外線からの影響をしっかりと防ぎ、肌を守る対策をしていきましょう。


アトピー・敏感肌に効果的な紫外線・UVクリームは?


アトピー・敏感肌にとって、紫外線・UV対策クリームや乳液は一年を通して強い味方になってくれます。

ただ、それらを選ぶ際には、いくつか注意点があるので、知っておくと良いでしょう。

アトピーや敏感肌には、刺激の少ない紫外線・UV対策クリームや乳液を選ぶことが重要です。

それには、紫外線吸収剤を使用した日焼け止めを避けるようにしたいものです。

紫外線吸収剤は、紫外線カット効果が高く、使用感の良さも特徴ですが、紫外線吸収時に化学反応を起こすため、これが皮膚に負担をかける原因となります。

一般の紫外線・UV対策クリームは、この紫外線吸収剤を使用しているものが殆どですので、選ぶ際には、「紫外線吸収剤不使用」「紫外線吸収剤フリー」と表記されているかどうかを、しっかりとチェックしましょう。


アトピー・敏感肌にも刺激が少ないのは、紫外線散乱剤(紫外線反射剤)を配合した日焼け止めです。

酸化チタンや酸化亜鉛といった成分が配合されており、これらが皮膚表面で紫外線をはね返すため、肌への負担は軽くなります。


最近は、紫外線吸収剤を使用しないノンケミカル処方でも、SPF25~30/PA++以上の紫外線・UV対策クリームや乳液が登場しています。

SPF50/PA++以上の日焼け止めも見かけますが、SPF25/PA++程度でも充分な紫外線カット効果があります。

また、日焼け止めは汗や皮脂により効き目が弱まっていくので、2~3時間おきに塗り直すなど、こまめなケアをすることが大切です。

この時、顔だけでなく首やデコルテ、耳の後ろなど、肌が露出している部分にまんべんなく伸ばすようにしましょう。

さらに、手のひらに多めの日焼け止め(クリームならパール2個分、乳液なら500円玉大)を取り、たっぷりの量を使用することもポイントです。

ただ、アトピー・敏感肌の症状が悪化している時には、かかりつけのお医者さんに相談してから、紫外線・UV対策クリームを使うようにしましょう。

また、使用前にはアレルギー反応を起こさないかどうか、必ずパッチテストを行ってから使用するようにしてください。


a9e201f115095340279921663f0568a1_s

アトピー・敏感肌に効果的な紫外線対策は?


地表に降り注ぐ紫外線は、午前10時~午後2時頃が最も多いと言われています。
この時間帯はなるべく外出を避け、直射日光を浴びないように気をつけることも大切です。

また、紫外線は窓ガラスを通して室内や車内にも影響を及ぼします。
日中でもカーテンやブラインドを閉めて紫外線の影響を防いだり、車内ではサングラスを着用するなど、常に注意を心がけると良いでしょう。

海や山など、赤道に近い所や標高の高い場所は、太陽と距離が近づくために特に紫外線量が多くなります。
また、ビーチや雪原は通常よりも地上からの照り返しが強くなり、日焼けを起こしやすくなることも知られています。

そして、太陽が出ていない時も紫外線は届いています。
曇りでは約60%、雨では約30%の紫外線が降り注いでいると言われていますので、日焼け止めや日傘、帽子、衣服やサングラス、メイクなどで紫外線を防ぐ対策を忘れないようにしましょう。

UVカット加工の日傘や衣類、肌着や小物なども手に入るので、日頃から紫外線対策を心がけたアイテムを選ぶようにすると良いでしょう。

帽子はなるべくつば広のものを選び、顔や首回りをしっかりと保護してくれるものを選ぶと安心です。

また、紫外線対策ののスカーフやグローブ(手袋)、カーディガンやアームカバーなどもあるので、外出の時にはこれらを身に付けたり、携帯するのもひとつです。

メイクは、パウダーファンデーションを使うのがおすすめです。
ファンデーションにもUVカット効果を持つものが多く、細かな粒子が肌の上で紫外線をブロックしてくれます。

また、最近ではUVカットスプレーなども手に入るので、衣服の上から吹き付けるのも効果的です。


紫外線を浴びてしまったら?


紫外線を浴びて日焼けを起こしてしまったら、すぐに患部を冷やし、炎症を抑えることが大切です。

続いて、ローションなどで保湿スキンケアをしましょう。

また、食事やサプリメントなどでビタミンやミネラルを多めに摂り、体の内側から免疫力を高めることも大切です。

また、水ぶくれなどが出て症状が重い場合は、お医者さんの診察を受けることが必要です。

くれぐれも放っておかないように、早目に対処するようにしましょう。


アトピー・敏感肌の保湿スキンケア


アトピー・敏感肌の紫外線・UV対策には、普段から適切な保湿スキンケアをすることが大切です。

特に、角質層のセラミドをしっかりと補うことで、肌の回復力やバリア機能を高めることができます。

このセラミドを効果的に補う保湿スキンケアを、より一層心がけるようにしましょう。

→ セラミド保湿のスキンケア化粧水(フェイスケア)はこちら

→ セラミド保湿のスキンケア化粧水(フェイスケア・ボディケア)はこちら


また、グリチルリチン酸ジカリウムを成分に配合した化粧水は、皮膚の炎症を鎮める効果も期待できます。

皮膚科でも処方されるほど安全で効果的な成分なので、紫外線による肌トラブルが現れている時にも、毎日のケアで症状に穏やかに作用してくれます。

→ グリチルリチン酸ジカリウムのアトピー・敏感肌への効果とは


また、シアバターはアトピー・敏感肌にすぐれた保湿剤として活用できるほか、UVクリーム化粧下地の代わりにも使用できます。

→ シアバターの保湿効果とアトピー・敏感肌への使い方


よかったら、併せてご参考になさってください。


banner



スポンサーリンク



アトピー・敏感肌用化粧水の香りは?

d6910b37c174b5d550bc7ff4ba5994ac_s

アトピー・敏感肌用化粧水を選ぶ際には、香りがするかどうか、またどんな香りなのかも大切なポイントになりますね。

毎日、朝晩使うものですので、自分に合った香りのものを選びたい、または無香料のものがよい、という方は多いでしょう。

当サイトでご紹介している5つのアトピー・敏感肌用化粧水の、それぞれの香りについての特徴をまとめてみました。


<アトピー・敏感肌用化粧水の香りについて>

ディセンシア つつむローションセラム

香料不使用なので、香りがないのが特徴です。


アルファピニ28エッセンスローション

合成香料不使用です。
主成分のクマタケランの自然な香りが特徴です。

「少し薬草のような香りがした後に甘い香りが続いてきました。香り自体強くなく、爽やかさと甘さがあり、心地よかったです。」
「香りはミントとニッキを足したような強めな辛味でスパイシーですが、森林を思わせる爽快感も。」
「香りが森林浴の香りというのがピッタリ!と思う様な自然の香りで大好きな香りでした♪
入浴剤なんかで森林の香りとか好きな人にはかなり相性良いんじゃないかな~と思います。」
(使用者の口コミより)


Larネオナチュラル ヒーリングローション

合成香料無添加です。
月桃、ローズ、ヘチマの自然な香りが特徴です。

「初めはちょっと独特の香りにとまどいましたが、慣れてくると癖になる独特の香りですね。」
「香りはほのかに感じる程度。とっても気持ちいいです!」
「いい香りで私はすごく好きです。」
(使用者の口コミより)


オージュンヌ(EauJeune)

香料不使用で、香りがないのが特徴です。


アルファピニ28エッセンスローションLarネオナチュラル ヒーリングローションは、自然植物の香りが特徴になっています。

ほかの化粧水は無香料なのが特徴といえますね。

どれも合成香料などの不自然な香りはないので、安心して使えそうです。

自然の香りなら気にならない、むしろ癒されるという方、また余分な香りがしない方がよいと思われる方、それぞれの好みに合わせて選んでみるとよいでしょう。

こちらも、アトピー・敏感肌用化粧水を選ぶ際の、ひとつのご参考になさってください。

→ アトピー・敏感肌に効果的な保湿化粧水を選りすぐりでご紹介しています



アトピー・敏感肌用化粧水をライン使いできるのは?

830cefbf19a6a921b09146c2f0817098_s

気に入ったアトピー・敏感肌用化粧水に出会えたら、ライン使いをしたいと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

化粧水だけでなくクレンジングや洗顔、乳液、クリーム、美容液なども同じシリーズで使えると相乗効果が期待できますし、肌にも安心ですね。

当サイトでご紹介しているアトピー・敏感肌用化粧水の中で、ライン使いができるスキンケアシリーズを、こちらにご紹介したいと思います。


<アトピー・敏感肌用化粧水をライン使いできるシリーズ>

ディセンシア つつむシリーズ

ディセンシア つつむローションセラムのほか、クレンジング、洗顔、クリームなどのスキンケアアイテムが揃っています。

ディセンシア つつむシリーズはポーラオルビスグループが開発した、特に敏感な肌のためのスキンケアシリーズで人気が高く、購入しやすいプランがあるのも魅力のひとつ。

トライアルセットで全てお試しができるのも、嬉しいポイントです。





アルファピニ28 スキンケアシリーズ

アルファピニ28エッセンスローションのほか、クレンジング、洗顔、ジェル乳液、クリームなどのスキンケアアイテムが揃っています。

初回限定トライアルセットでは、これらを3日分お試しができます。





Larネオナチュラル スキンケアシリーズ

ヒーリングローションのほか、クレンジング、洗顔、乳液、美容液、美容オイル、日焼け止めなどのスキンケアアイテムが揃っています。

初回トライアルセットでは、7つのアイテムがお試しできます。





アルファピニ28 スキンケアシリーズLarネオナチュラル スキンケアシリーズは、完全無添加のスキンケアシリーズなので、防腐剤や化学成分の使用を避けたいという方にはより安心して用いることができます。


ご紹介した3つのシリーズは、すべてトライアルセットでお試しができるので、アトピー・敏感肌への化粧水の使い心地や効果はもちろんのこと、ライン使いをした時の感覚もわかりますね。

パッチテストを兼ねて、これらを試して比較してみるのも良さそうです。


アトピー・敏感肌用化粧水を選ぶ際の、ひとつのご参考になさってください。


banner

アルファピニ28シリーズ トータルの価格は?

アルファピニ28シリーズは、敏感肌にも安心な高品質のスキンケア化粧品です。

アットコスメでの口コミ評価の高さを見ても、効果が実感できるのがわかります。

こちらのトライアルセットを実際に使ってみて、ライン使いで揃えたくなる方も多いようですね。


では、アルファピニ28シリーズをラインで揃えた場合、トータルの価格はいくらになるのでしょうか?

通常購入(単品)と定期購入の場合を、こちらにご紹介してみたいと思います。


● アルファピニ28シリーズ 通常購入(単品)のトータル価格

・ボタニカル リキッドクレンジング 120mL
通常価格:3,300円(税込)

・コーラルクリア パウダーウォッシュ 45g
・マイルドウォッシュ 65g
通常価格:3,150円(税込)

・エッセンスローション 120mL
通常価格:5,250円(税込)

・モイスチャージェル 100mL
通常価格:5,250円(税込)

・EX クリーム 30g
通常価格:10,500円(税込)

合計: 27,450円(税込)


● アルファピニ28 定期購入のトータル価格

・ボタニカル リキッドクレンジング 120mL
定期便:2,640円(税込)

・コーラルクリア パウダーウォッシュ 45g
・マイルドウォッシュ 65g
定期便:2,520円(税込)

・エッセンスローション 120mL
定期便:4,200円(税込)

・モイスチャージェル 100mL
定期便:4,200円(税込)

・EX クリーム 30g
定期便:8,400円(税込)

合計: 21,960円(税込)


定期便の方が、やはりお得感がありますね。

また、定期購入なら特典も数多く付いているので、
しばらく続けてみたい、と考えている場合は定期購入の方がおすすめといえます。

<定期購入の特典>
1. 毎回20%OFF
2. ポイントシールを集めると、希望商品と交換
3. お届け3回ごとに、もれなくプレゼント!
4. お届けペースと日時を自由に設定
5. 変更・スキップ いつでもOK!
6. 10日前にメールでお知らせ


よかったら、こちらもアルファピニ28シリーズのトータル購入を考える際の、ひとつのご参考になさってください。


→ アルファピニ28シリーズを試せるお得なトライアルセットはこちら



金属アレルギーで化粧水がしみる時は?

538423d5a003308e1af675886bdb13c6_s

金属アレルギーを起こすと、アレルギー症状が起こっている部分の肌が荒れたり、化粧水がしみる、かゆみが出るなどの辛い症状が現れることがありります。

このような場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。
こちらに、症状の段階ごとにご紹介したいと思います。


金属アレルギーが軽い場合


最近肌につけたアクセサリーやベルトのバックル、ジーンズのボタンなどが原因で、一時的に接触性皮膚炎を起こしてしまった、という場合は、すぐにそれらの使用を中止するようにしましょう。

また、刺激の強い石けんや化粧水などを使用せず、市販の軟膏(オロナイン軟膏など)やワセリンなどの保湿剤を塗って、炎症が治まるのを待つようにします。

患部の炎症が収まったら、普段のスキンケアを再開しても良いでしょう。


ただし、金属アレルギーが起こる時は、知らない間に肌が敏感になっている場合があります。

敏感肌は肌のバリア機能が低下して外部刺激に反応しやすくなっている状態ですので、化粧水がしみるなどの症状が起こりやすくなります。

この場合は、アルコールなどの刺激成分を使用しない、敏感肌用の化粧水を用いるようにし、生活習慣を見直して身体の内側から免疫力を高めるようにすると良いでしょう。


敏感肌用の化粧水は、肌に効果的にセラミド保湿をしてくれるものを選ぶことが大切です。

セラミドのはたらきにより肌内部の水分をしっかりとキープできるようになると、結果的に肌のバリア機能をアップさせることにつながるためです。


当サイトでは、皮膚科でも処方される安心安全なセラミド保湿化粧水や、完全無添加・オーガニック天然成分にこだわった化粧水、ミストタイプで持ち運びがしやすい化粧水など、選りすぐりの敏感肌用化粧水をご紹介しています。

こちらに特徴などをまとめていますので、よかったらご参考になさってください。

→ 敏感肌に効果的な保湿化粧水のページはこちら


また、肌の炎症を鎮めるには、グリチルリチン酸ジカリウムという成分が配合された化粧水が効果的です。

→ かぶれやかゆみ・炎症を鎮めてくれる敏感肌用の化粧水はこちら


金属アレルギーの生活習慣の改善法については、こちらに詳しくご紹介していますので、併せてご参考になさってください。

→ 金属アレルギーの原因と対処法


04560f59959eea0249fcec60b50bc271_s

中程度の金属アレルギーの場合


接触性皮膚炎を起こしている部分が炎症を起こして何日も治らない、かゆみが収まらない、膿が出てきた、という場合は、市販のステロイド外用剤を使用して、皮膚の炎症を抑えるようにしましょう。

ステロイド外用剤は効き目の強さによって5段階に分かれており、かゆみ止めが配合されたものも薬局に売られています。

薬剤師さんに症状を説明し、自分に合ったものを選んでもらうと安心です。

ステロイド剤は短期間の使用に留めるなら、特に副作用の心配はありません。

また、少量でもよく炎症を抑えて皮膚を修復してくれますので、用法用量をよく守り、辛い症状を抑えることを優先しましょう。


ステロイドにより皮膚炎が収まった後は、上記の敏感肌用化粧水や、金属アレルギーの対処法もご参考になさってみてください。


全身性の金属アレルギーの場合


全身性金属アレルギーを起こしている場合は、体内に蓄積されたアレルゲン(重金属)が慢性的な症状を招いていることがあります。

このような場合は、皮膚科医の診断を仰ぎ、症状に合った薬の処方や治療を受けるようにしてください。

最近では、EDTA点滴キレーション療法という、体内に残った有害金属を解毒するメディカルデトックス法もあるようです。

金属アレルギーに詳しい病院やお医者さんに相談して、自分に合った治療法を少しでも早く受けるようにしましょう。


banner


スポンサーリンク



アトピー・敏感肌用化粧水のアットコスメでの評価は?

1a29b3ad1fe0ec609599a24894d2dbbf_s

アトピー・敏感肌用化粧水に限らず、スキンケア化粧品を選ぶ際に最も参考になるのは、大手口コミサイトのレビューではないでしょうか。

実際に使用した方々の感想が正直に載っているので、これらの評価・評判をよく調べてみると、使い心地や効果などがわかってきます。

中でも、日本最大級の化粧品の口コミサイトがアットコスメです。

公式サイトを見るだけでなく、アットコスメのようなサイトの口コミレビューを見てから購入を決めると失敗が少なく、賢い選択ができるでしょう。

当サイトでご紹介しているアトピー・敏感肌用化粧水のアットコスメでの総合評価を、評価の高い順にこちらにまとめてみたいと思います。


<アトピー・敏感肌用化粧水のアットコスメでの総合評価/評価の高い順>

ノブIII フェイスローション R

アットコスメでの総合評価: 5.5点


アルファピニ28エッセンスローション

アットコスメでの総合評価: 5.5点


ディセンシア つつむローションセラム

アットコスメでの総合評価: 5.4点


Larネオナチュラル ヒーリングローション

アットコスメでの総合評価: 5.2点


オージュンヌ(EauJeune)

アットコスメでの総合評価: 5.2点


アットコスメでのレビューや評価を参考にされたり、初回トライアルセットを試してみたりと、自分に合ったアトピー・敏感肌用化粧水を選ぶ際には、ひと手間かけることが賢い選択につながりますね。

より良いスキンケア化粧品に出会うための、ひとつのご参考になさってください。


banner

アトピー・敏感肌用化粧水/完全無添加なのはどれ?

b6a0a8a7486681d90a72d238d890315a_s

アトピー・敏感肌用化粧水を選ぶ際には、配合されている成分のほかに、添加物の配合にも気を遣う必要がありますね。

場合によっては、防腐剤や合成成分などの添加物が肌に刺激やアレルギーを起こす場合もあるためです。

当サイトでご紹介している5つの化粧水の中でも、特に無添加にこだわっているものをこちらにまとめてみたいと思います。


アルファピニ28エッセンスローション

アルファピニ28エッセンスローションは、合成香料・合成色素・オイル・パラベン・酸化防止剤・エタノール・界面活性剤を全て無添加で作った化粧水です。

原料となる自然植物にも農薬や化学肥料は使用せず、手摘みで収穫しています。

すべてにおいて自然にこだわった、安心安全の化粧水といえるでしょう。





Larネオナチュラル ヒーリングローション

Larネオナチュラルはオーガニックにこだわり、マクロビオティックのように無農薬の自然素材をまるごと使用しながら、肌の生命力を引き出していきます。

そのため、合成界面活性剤・保存料・香料などの添加物を一切使用せず、自然素材の組み合わせによる防腐性能を実現しました。





オージュンヌ(EauJeune)

自らがアトピーだったという開発マネジャーが作った化粧水は、パラベンなどの防腐剤フリー・香料・乳化剤・界面活性剤無添加にこだわっています。

銀イオンを配合することで防腐機能を高め、肌をいたわります。





アトピー・敏感肌でスキンケア化粧品は無添加にこだわりたい、添加物にはアレルギーがある、という場合は、購入する前に販売サイトに無添加の表記や説明があるかどうかを、しっかりとチェックすると良いでしょう。

上記も、アトピー・敏感肌用の無添加化粧水を選ぶ際のひとつのご参考になさってみてください。

アトピー・敏感肌用化粧水のテクスチャーの違いは?

80d3320a680ce1e81879c04319034a65_s

化粧水を選ぶ際には、使用感も大事なポイントです。

さっぱりとしたタイプが好みの方もいれば、とろみのあるタイプが好きな方もいらっしゃるでしょう。

当サイトでご紹介している5つのアトピー・敏感肌用化粧水は、それぞれどんな使用感が得られるのか、テクスチャーの違いをこちらにご紹介したいと思います。


<アトピー・敏感肌用化粧水のテクスチャー>

ノブIII フェイスローション R

テクスチャー/ さっぱりとしたタイプ

液晶化されたセラミド3を配合し、さっぱりとした無色透明のテクスチャーです。
肌につけると素早く浸透し、重ねづけをするともっちりとした高い保湿力が持続します。


ディセンシア つつむローションセラム

テクスチャー/ こくのあるタイプ

ヒト型ナノセラミドがたっぷり配合されているので、こくのあるテクスチャーになっています。
肌につけると、みずみずしく浸透していくのが特徴です。


アルファピニ28エッセンスローション

テクスチャー/ ミストタイプ

さらっとした霧状のミストが肌にまんべんなく広がり、しっかり浸透していきます。
べたつき感はなく、しっとりとうるおいます。


Larネオナチュラル ヒーリングローション

テクスチャー/ さっぱりしたタイプ

サラサラとした水のような感触で、軽いつけ心地です。
浸透力があり、肌にべたつかないのも特徴です。


オージュンヌ(EauJeune)

テクスチャー/ 若干ぬめりがあるタイプ

透明感があり、アロエのわずかにとろっとしたぬめりのある感触です。
肌につけるとべたつかずさっぱりとして、浸透しやすいのも特徴。


配合されている成分により、使用感もそれぞれ異なるようですね。

さっぱりタイプが好きか、とろみのあるタイプが好みか、テクスチャーから選んでみるのもひとつです。

よかったら、アトピー・敏感肌用化粧水を選ぶ際のご参考になさってください。


banner

アトピー・敏感肌用化粧水/定期購入のトータル価格がいちばん安いのはどれ?

f274f0968b1ebf8edc1fed46fb4fc744_s

当サイトでご紹介しているアトピー・敏感肌用化粧水は、定期購入ができるものもあります。

気に入った化粧水に出会えたら、定期購入を申込むと意外とお得になることも。

割引送料無料プレゼント特典などがあるので、購入の際はチェックしておきたいですね。

賢く定期購入を利用するために、こちらでは1年間継続した場合のトータル価格を比較してみたいと思います。

以下に、1年間のトータルが低価格の順にご紹介してみます。


<アトピー・敏感肌用化粧水の1年間定期購入した場合の価格順>


1. ディセンシア つつむローションセラム

・1年間定期購入のトータル価格/ 19,824円(税込)

(定期コース価格/ 3,304円 × 6回分)


2. オージュンヌ(EauJeune)

・1年間定期購入のトータル価格/ 21,960円(税込)

(定期コース価格/ 初回3990円×1回分 2回目以降5990円 ×3回分)


3. アルファピニ28エッセンスローション

・1年間定期購入のトータル価格/ 25,200円(税込)

(定期コース価格/ 4,200円 × 6回分)


4. ノブIII フェイスローション R

・1年間購入のトータル価格/ 25,920円(税込)

(定価購入価格/ 4,320円 × 6回分)


5. Larネオナチュラル ヒーリングローション

・1年間定期購入のトータル価格/ 33,624円(税込)

(定期コース価格/ 2,802円 × 12回分)


ディセンシア つつむローションセラムは、定期購入にするとずっと10%OFFという安定した価格帯で、最も続けやすいといえます。
また、1本が2ヶ月分なので、年間6本のお届けで良いのも便利ですね。

オージュンヌ(EauJeune)は、初回価格・定期購入価格共に割高な印象ですが、容量がたっぷりサイズなので1本で3カ月、年間4本のお届けで換算すると、意外とお得です。
全身にもたっぷり使いたいという場合は、こちらにプラスして比較すると良いでしょう。

アルファピニ28エッセンスローションも、年間トータルで購入するとぐっとお得になります。
1本2ヶ月分なので、年間6本のお届けで充分といえますね。
外出先などで頻繁に使用される方は、こちらにプラスしていただくと良いでしょう。

Larネオナチュラル ヒーリングローションは、定期購入価格は3,000円以内と低価格ですが、1本約30日分のため年間では12回のお届けとなり、少し割高になる印象ですね。

ノブIII フェイスローションは、定期購入はなく、定価での購入価格になります。


上記は公式サイトの情報に基づいた換算で、実際の使用量や頻度により個人差がございます。

アトピー・敏感肌用化粧水を定期購入する際の、ひとつのご参考になさってください。


banner

化粧水がしみる時の原因と対策は?

ba665c7feeae387d5ba8a3438e5d9802_s

アトピー・敏感肌の方の中には、これまで使い続けてきた化粧水がある時突然しみた、という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

化粧水は、洗顔後の素肌に直接付けるもの。肌につけるとヒリヒリ・ピリピリするなら、肌トラブルのサインかもしれません。

こちらに、化粧水がしみる原因や対策についてご紹介していきたいと思いますので、どうぞご参考になさってください。


化粧水がしみる原因は?


化粧水がしみる時は、肌のバリア機能が低下していることが大きな原因として挙げられます。

バリア機能の低下とは、空気の乾燥などによって肌内部にある角質層が粗くなり、隙間ができて水分が不足している状態。

バリア機能が低下すると肌の乾燥を招き、外部からの刺激(紫外線やホコリ、ハウスダストなど)によるダメージを受けやすくなってしまうのです。

また、季節の変わり目やアレルギー、冷え、生理前、ストレス、睡眠不足や栄養不足などの内的要因により、肌の代謝が乱れることが肌トラブルの原因になることも。

これらは、体の血行を悪くするため、肌代謝が低下する要因となるのです。

血行が悪くなるのは、寒さや冷房による影響のほか、ダイエットによるホルモンバランスの乱れや運動不足による影響も考えられるので、生活習慣全体の見直しが必要といえますね。


そして、洗顔やスキンケアのしすぎによっても、肌はダメージを受けやすくなってしまうことがあります。

肌は皮脂膜がバリア機能を担っていますが、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料、ピーリング効果のあるスキンケアなどを使用することにより、かえって肌の保護機能が奪われてしまうのです。

さらに、化粧水のつけ過ぎも、バリア機能を低下させる要因のひとつになります。

肌に水分を付け過ぎると、余分な水分は蒸発していくため、その際に必要な水分まで奪われてしまいます。


このように、様々な原因によって肌のバリア機能が低下すると、肌内部で炎症が起こり、それが化粧水を付けた時のヒリヒリ・ピリピリとした反応となって表れます。

肌がこのような過敏な状態になってしまったら、普段のスキンケアに加え、日常の習慣を見直すことが大切です。


化粧水がしみたら、どんな対策が効果的?


肌が敏感になっている時は、まず生活習慣を見直し、普段よりも丁寧な保湿ケアをすることが何よりの対策になります。


<体調を整える>

肌は、内臓の状態を映し出す鏡といえます。

肌トラブルが表れたら、たっぷりと睡眠を取り、体の機能を整えることが第一です。

質の良い睡眠が取るためには、適度な運動やリラクゼーションにより、自律神経のバランスを整えるようにしましょう。

有酸素運動や呼吸を整える方法として、ウォーキングやヨガなどの習慣を持つのもおすすめです。


また、バランスの良い食事を摂ることも基本になります。

特に、肌に良い効果をもたらすたんぱく質ビタミンA、B群、C、Eを多く摂るように心がけましょう。

うなぎや豚肉、緑黄色野菜や海藻などがおすすめです。


そして、肌の潤いを補うには、良質の水をたっぷりと摂ることも必要。

1日1.5リットル程度を目安に、こまめに水分を補給するようにしましょう。


気をつけたいのが、添加物や砂糖、古くなった油脂の含まれている食品や飲料です。

なるべくインスタントやコンビニ食、スナック菓子、缶コーヒーや清涼飲料水などを避け、身体に安全で品質の良いものを摂るようにしましょう。


f2c743fb5795fecca7a7ebe0676178d2_s

<保湿スキンケアを心がける>

バリア機能が衰えた敏感肌は、刺激のある化粧品を避けることが第一です。

そして、肌を保護しながら奪われた水分を補うよう、無添加・低刺激のスキンケアを様子を見ながら試すようにしましょう。

化粧水がしみるという場合は、そのまま使っていると肌荒れ・炎症が進んでしまうおそれがあります。

一度化粧水の使用を中止し、洗顔後にワセリンやシアバター、乳液、クリームを塗って保湿するようにしましょう。

また、別の記事でご紹介した、ホホバオイルなどのキャリアオイルを塗るのも良いでしょう。

肌の乾燥が強い時の応急処置として、この方法を2週間程度続けてみましょう。

→ アトピー・敏感肌に効くキャリアオイルの種類についてはこちら


ワセリンシアバターは、一度手のひらに取って少し温め、やわらかくしてから薄く伸ばして使うようにします。

また、メイクをする時もリキッドファンデーションは避け、肌の密着度の少ないパウダーファンデーションを薄くつける程度に留めると良いでしょう。

メイク下地やSPF値の高い日焼け止めなども刺激が強い場合があるので、なるべく低刺激のものを選ぶようにしましょう。

メイクを落とす時は、刺激の強いクレンジングは避けるようにし、敏感肌用の洗顔料でやさしく洗い流すのがおすすめです。

また、洗顔時は肌を強くこすったり、熱いお湯を使用するのも肌トラブルを悪化させる原因となります。

ぬるま湯を使用し、やさしく洗い流すようにしましょう。


また、スキンケア化粧品を使用する前は、必ずパッチテストをおこなってください。

できれば数時間から数日様子を見て、肌荒れやアレルギー反応が起こらないかを確かめて使用するのが無難です。


<低刺激の敏感肌用化粧水を使う>

もし、これまで使用していた化粧水が刺激を起こしている場合は、化粧水自体が肌に合っていない場合があります。

この場合は、上記のケアに加えて、スキンケア化粧水を見直すことも大切です。

2週間程度様子を見て、肌が回復してきたら、自分に合った敏感肌用化粧水で肌を内部から保湿するようにすると良いでしょう。


肌内部を構成する細胞間脂質に水分を蓄えているのが、セラミドです。

このセラミドをしっかりと補ってくれる、低刺激性の化粧水を選ぶことが大切です。

セラミドを補うことで肌の貯水機能がアップすると、皮脂の分泌が正常におこなわれるようになり、結果として肌のバリア機能が回復していくことにつながります。

→ セラミドを補う敏感肌用スキンケア化粧水はこちら


また、グリチルリチン酸ジカリウムという成分を配合した化粧水は、皮膚の炎症を鎮める効果も期待できます。

皮膚科でも処方されるほど安全で効果的な成分なので、肌トラブルが現れている時にも毎日のケアで症状に穏やかに作用してくれます。

→ グリチルリチン酸ジカリウムのアトピー・敏感肌への効果とは


化粧水がしみるほど肌が敏感になっている時は、肌トラブルの原因を見直すことと、肌の内側と外側からの両方のケアをすることが大切です。

日常の心がけと正しいケアを実践して、健康的な肌を回復させていきましょう。


banner