ハンドクリームはアトピーや敏感肌にも使える?



冬になると空気が乾燥するので、保湿スキンケアが欠かせなくなりますね。

アトピーや敏感肌をお持ちの方はもちろん、仕事や家事などの影響で乾燥肌や手荒れを起こしやすい季節でもあります。

そんな時に役立つのがハンドクリームです。

化粧品よりも気軽に使えるハンドクリームですが、メーカーや種類によって配合されている成分もさまざま。

一日に何度も使用することもありますので、内容を確かめてみることも大切ですね。

家に眠っていたハンドクリームが、じつは上質の美容アイテムだったり、スーパーや薬局で自分に合ったものがみつかるかもしれません。

身近なハンドクリームを見直して、上手にスキンケアに活用していきたいものです。

→ アトピー・敏感肌にも使えるハンドクリームをお探しの方はこちら


ハンドクリームを見直してみる


ハンドクリームは、スーパーや薬局をはじめ、雑貨店やコンビニなどで気軽に手に入れることができます。

プレゼントとしても重宝するので、気がついたら使っていないハンドクリームが家に2~3個あった・・・、などということもあるのではないでしょうか。

じつは、管理人もその一人。

改めて調べてみると、ハンドクリームがいくつか引き出しに眠っていました。


1つは、アテニア ハンドトリートメントホワイトというハンドクリーム。

もう1つは、ロクシタンシアハンドクリーム・ヴァーベナ アイスハンドクリーム・シアバターの3種類が入ったセット。

そして、アヴェダ ハンドリリーフというハンドクリーム。


どれも有名メーカーのものばかりですね。

今回はこちらの3つについて、アトピーや敏感肌にも使えるのかどうかなど、改めて調べてみたいと思います。


アテニア ハンドトリートメントホワイトの成分と使用感は?





アテニア ハンドトリートメントホワイトは、以前にアテニアの化粧品を購入した際にプレゼントとして付いてきたものです。

使ってみると、うるおいのあるテクスチャーで、とても伸びがよく、少量でもまんべんなく手肌に行き届きます。

「クリームを塗った」という感覚も少なく、自然な使い心地です。


さらに成分を調べてみると、こちらのような内容になっていました。


◆みずみずしいクリーム

弱酸性、無着色、合成香料不使用、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリー
※香りは天然の成分によるものです。

アレルギーテスト済み
※すべての方にアレルギーが起きないわけではありません。

【配合成分】
水、エチルヘキサン酸セチル、グリセリン、ステアリン酸、BG、ジメチコン、トリ(カプリル酸/カプリン酸/ミリスチン酸/ステアリン酸)グリセリル、ベヘニルアルコール、ポリソルベート60、テトラ(ヒドロキシステアリン酸/イソステアリン酸)ジペンタエリスリチル、アルブチン、ローズヒップ油、ヒアルロン酸Na、ツボクサエキス、メドウフォーム油、グリチルリチン酸2K、マカデミアナッツ油、ノバラ油、ステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸グリセリル、エチルヘキシルグリセリン、カルボマーK、キサンタンガム、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール


こちらは、アレルギーテスト済みで自然成分にこだわったハンドクリームのようです。

たしかに刺激が少ないので、敏感な肌にも良さそうな印象があります。

成分中にアルコールやエタノールの表記がありますが、アルコールフリーを謳っていますので、成分の抽出時などに使用されたものと考えられます。

パラベンも含まれていないので、添加物が気になる方には安心して使用ができそうです。

ただし、植物成分やオイル、美容成分などが多く含まれているので、場合によってはアレルギーが起こる可能性があります。

また、植物オイルは皮膚に浸透しやすいので、トラブルを起こしている皮膚には使用を避けた方が無難でしょう。

トラブルがない部分の肌の保湿クリームとして使用する程度なら、問題ないのではないでしょうか。


ロクシタン シアハンドクリーム






ロクシタンは南仏プロヴァンスのスキンケアブランドで、日本でも数多くショップ展開されています。

ロクシタンのシアハンドクリームは、世界中で3秒に1つ購入されているというベストセラーとのこと。

使ってみると確かにしっかりとしたテクスチャーで伸びも良く、つけると肌がすべすべになります。

天然の保湿成分シアバターを20%配合しているとのことで、見た目にもうるおって肌がきれいになるので、人気なのも頷けます。

「手肌にリッチなうるおいを与える」と謳われているように、使うとかなり気分が上がります。


こちらに、シアハンドクリームの成分を調べてみました。

【配合成分】
水、シア脂、グリセリン、ジメチコン、セテアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル、アマ種子エキス、ハチミツエキス、アーモンド果実エキス、アルテア根エキス、ヤシ油、アブラナ種子ステロール、ローズマリー葉エキス、ヒマワリ種子油、キサンタンガム、香料、ポリアクリルアミド、ステアリン酸PEG-100、PG、(C13、14)イソパラフィン、セテアレス-33、変性アルコール、ラウレス-7、安息香酸、デヒドロ酢酸、フェノキシエタノール、ベンジルアルコール、安息香酸ベンジル、ヒドロキシイソヘキシル-3-シクロヘキセンカルボキシアルデヒド、リナロール、シトロネロール、ブチルフェニルメチルプロピオナール、クマリン、α-イソメチルイオノン、ヘキシルシンナマル、リモネン、ゲラニオール


成分を見ると、植物性の油分が数種類と、ハーブやアロマの成分などが見られます。


ロクシタン ヴァーベナ アイスハンドクリーム






ヴァーベナ アイスハンドクリームは柑橘系の香りが素晴らしく、こちらはヴァーベナというハーブの香りだそうです。

ジェルというだけあって、うるおいのある軽いテクスチャー。少量でも手肌にまんべんなく伸びます。

個人的にはかなりお気に入りで、あまりの香りの良さに酔い知れてしまいます。


「ひんやりアイシー、そしてサラサラ。透明感あふれる清らかな手肌に仕上げるハンドクリーム」と謳われている通り、冬の乾燥しやすい手肌だけでなく、一年中使えるジェルクリームとして重宝しそうです。

シアハンドクリームほどのしっとり感ではありませんが、さらっとした使い心地ながら保湿もしてくれます。


こちらが、ヴァーベナ アイスハンドクリームの成分になっています。

【配合成分】
水、エタノール、シクロメチコン、タピオカデンプン、グリセリン、PPG-26ブテス-26、ボウシュウボク花エキス、クチナシ果実エキス、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、PEG-40水添ヒマシ油、乳酸メンチル、ポリメタクリル酸グリセリル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、サリチル酸オクチル、フェノキシエタノール、安息香酸Na、PG、t-ブタノール、マルトデキストリン、アスコルビン酸、香料、リモネン、シトラール、ゲラニオール、ヘキシルシンナマル、シトロネロール、安息香酸ベンジル、ベンジルアルコール、リナロール(30)


さらっとしたジェルのテクスチャーは、タピオカデンプンの成分によるもののようですね。

ただし、ロクシタンのハンドクリームには、アルコールや保存料も含まれています。

アトピー・敏感肌の方は、これらの成分が刺激になる場合がありますので、使用を避けられるか、パッチテストを行ってから少量ずつ試されるのが良さそうです。

また、次にご紹介するシアバターなら、アトピー・敏感肌でも安心して使えそうです。


ロクシタン シアバター






シアバターは、西アフリカに生育するシアの木の実から取れる天然の保湿成分。

ハンドクリームとして用いるほか、顔やボディ、唇の集中保湿ケアや、髪の毛先や爪にも使える万能な保湿バームです。


成分や注意書きは、こちらのようになっています。

【配合成分】
シア脂

※生後4週以降のすべての赤ちゃんからご使用いただけます。
※無香料、無着色、防腐剤不使用 開封後はお早めに使い切ってください。


天然の保湿成分のみからできており、無添加で赤ちゃんにも使えるシアバターは、アトピーや敏感肌、乾燥肌にもやさしい保湿剤といえそうですね。

ワセリンの代用として、洗顔・入浴後の化粧水の後に使用するのも良さそうです。

ただし、天然成分だけあって、独特の脂(ヤニ)の香りがあります。

天然のはちみつやプロポリスにも似た香りですが、このあたりは好みが分かれそうですね。


シアバターについては、こちらの記事にまとめています。

→ シアバターの保湿効果とアトピー・敏感肌への使い方


ワセリンについては、こちらの記事でもご紹介していますので、ご参考になさってください。

→ ワセリンは敏感肌や皮膚トラブルに万能な保湿剤


アヴェダ ハンドリリーフ





アヴェダは、アーユルヴェーダをベースにしたヘアケア・ボディケアアイテムを展開しているブランドです。

管理人は以前、アヴェダのヘアサロンに通っており、ヘアケア製品がお気に入りでした。(高価なので続けられませんでしたが・・・)


こちらのハンドリリーフは、植物由来のエモリエント配合のハンドクリーム。乾燥して荒れた手をなめらかに保湿する効果があるようです。

テクスチャーは、ロクシタンのシアハンドクリームとヴァーベナ アイスハンドクリームの中間くらい?で、重くもなく、そして軽くもないちょうど良い感触です。

香りは、オリエンタルなアジアン系のボタニカルな香り、と表現すると近い感じでしょうか。

つけた時は少しべたつく感じがありますが、伸びがよくだんだんさらっとしてきます。

アロエも含まれているので、肌にはやさしい印象がありますね。

また、アルコールやエタノール、パラベンの成分表記がないので、刺激は少ないといえるでしょう。

アットコスメでも大変口コミ人気が高いので、愛用者が多い高品質のハンドクリームです。

ただし、こちらもピーナツ油、大豆油などの植物オイルが使われており、植物成分がアレルギーを起こす可能性があります。

使用の際は、トラブルのない肌に少量つけて、パッチテストをおこなってからにするとよいでしょう。


敏感肌・乾燥肌に効果的なハンドクリームとは?


こちらに、管理人の使用体験によるハンドクリームの例をご紹介しました。

敏感肌や乾燥肌をケアするハンドクリーム選びには、成分に着目することと、肌のバリア機能を守ってくれる機能があることが第一。

なるべく無添加で、効果の高いハンドクリームを選びたいものです。


スーパーやドラッグストアで探す際は、ワセリン・グリセリン・セラミド・ヒアルロン酸などの保湿成分が含まれたものがおすすめです。

また、尿素が含まれたものは肌をすべすべにしてくれますが、同時に肌の角質層に刺激を与えてしまいます。

アトピー・敏感肌をお持ちの方は、尿素入りのハンドクリームを避けた方がよいでしょう。


また、アトピー・敏感肌の乾燥による手荒れを保護してくれる機能的なスキンプロテクトクリームも、長年の愛用者の多い効果的なハンドクリームです。

→ スキンプロテクトクリームについてはこちら


身近なハンドクリームを見直してさらに手がすべすべになると、気分もアップしますね。

あなたも、お気に入りのハンドクリームをみつけてみてはいかがでしょうか?


→ アトピー・敏感肌に効果的な保湿化粧水をご紹介しています




ワセリンは敏感肌や皮膚トラブルに万能な保湿剤

d5322a0b6dd41583df93f560d9da8f79_s

アトピー性皮膚炎に効果的な保湿剤として用いられているワセリンですが、敏感肌にももちろん使用できます。

ワセリンはアレルギー反応や副作用もほとんど心配なく、安全性が高い上、薬局でも安価で手に入れることができます。

肌を乾燥から守る効果があるため、肌表面のバリア機能が脆くなっている敏感肌にも心強い味方になってくれます。

特に、化粧水ですら染みてしまうほどの超敏感肌や乾燥肌の状態は、洗顔後にワセリンをうすく塗るだけの応急処置が効果的です。

また、ワセリンはとても汎用性が広く、急な皮膚トラブルにも対応してくれます。
一家に1つ置いておくと、あらゆる場面に使えて重宝することでしょう。


ワセリンの効果と種類


ワセリンは原油を精製して作られた鉱物油で、油性軟膏のベースとして使われています。

原油が原料とはいっても、精製されているので肌には安全で、皮膚科でも処方されますし、赤ちゃんにも使用することができます。

市販されているものは、次の名称の順に精製度が高く、不純物が取り除かれています。

黄色ワセリン → 白色ワセリン → プロペト → サンホワイト


アトピーや敏感肌は、乾燥による皮膚トラブルが起こりやすくなっています。
そこにワセリンを塗ることで保護膜を作り、外部刺激(ホコリ・花粉・紫外線など)の侵入を防いでくれるのです。
ちょうど、床の表面にワックスを塗って保護するようなイメージといえますね。


ワセリンは万能保湿剤?


ワセリンは肌表面に留まって内部には浸透しない作用を持つことから、様々な皮膚トラブルに役立ちます。

日常のこのような場面にも、安全な軟膏として使えます。

・軽度の擦り傷
・指のささくれ
・靴ずれ
・皮膚の摩擦防止
・日焼け跡のスキンケア
・やけど
・あせも予防
・花粉からの肌の保護
・赤ちゃんの乾燥肌ケア


また、保湿効果があるので、このような美容の場面にも役立てられます。

・入浴後のボディクリームとして
・リップクリームの代用として
・目元、口元のシワ対策クリームとして
・敏感肌、乾燥肌のメイク下地として
・ヘアケア、頭皮ケアにワックスの代用として
・まつ毛美容液の代用として


e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s

ワセリンの塗り方


ワセリンを塗る際は、米粒くらいの大きさを取り、手のひらで温めながらよく伸ばすようにします。

そして、肌に押し付けるようにしながら(ハンドプレス)、うすく均一につけていきます。
この時、くれぐれも肌をこすらないようにしましょう。

物足りないかな?と思う程度に留め、上からティッシュで抑えて余分な油分を取り除きます。

ワセリンを厚く塗ったり、何度も重ね塗りをしてしまうと、肌の新陳代謝を妨げてしまうのと同時に、落とし切れなくなる原因にもなります。
ぬるま湯で洗い流せるくらいの薄塗りにするのが基本です。

また、油性なので、冷たい水では洗い流せないので注意しましょう。
肌に残る場合は、ぬるま湯で何度もすすいだり、刺激の少ないクレンジングを使用するなどして、きれいに落とし切るようにしましょう。


敏感肌・乾燥肌のスキンケアには


敏感肌・乾燥肌の保湿にワセリンをプラスしたい、という場合は、洗顔や入浴後にセラミドヒアルロン酸などの保湿成分が配合された化粧水を使った上で、目元や口元、ひじ裏やひざ裏といった乾燥しやすい部分にのみ用いると良いでしょう。

その際に使用する保湿化粧水は、敏感肌・乾燥肌専用に作られた専用のものがおすすめです。

→ アトピー・敏感肌に効果的な保湿化粧水はこちら


ワセリンを使用する際の注意点


ワセリンは肌表面に油分でフタをするような役目を果たすので、皮脂分泌や老廃物の排出がさかんなニキビや湿疹には塗り過ぎない、または避ける方が無難です。

ニキビや湿疹の患部を油分で覆ってしまうと、新陳代謝が妨げられてしまい、余計に悪化してしまう可能性があります。

まれに、鉱物油が合わなかったり、ワセリンが空気中のホコリや化学物質などを吸着して刺激を起こしてしまい、赤みや痒みが出る場合があります。

また、ワセリンを塗り過ぎると、水分が肌内部にこもり、体温調節を妨げて熱による痒みを引き起こすケースもあります。

使用方法や頻度に気をつけて、適切に使うようにしましょう。






スポンサーリンク




アトピー用保湿剤/ワセリンの効果とは

f0715815f267e8d227209dff014e04c6_s

アトピー性皮膚炎に効果的な保湿剤として代表的なのが、ワセリンです。

ワセリンはアレルギー反応や副作用もほとんど心配なく、安全性が高いため、皮膚科のお医者さんが処方することも多く、薬局でも手に入れることができます。

ワセリンはステロイドなどの薬とは違い、アトピーの症状そのものに作用するものではありませんが、肌に塗ることによって乾燥から守る効果があります。

上手に取り入れて、辛い炎症や痒みを防ぎ、少しでも快適に過ごすためのサポートにすると良いでしょう。


ワセリンとは


ワセリンは、石油を精製して作られた鉱物油で、油性軟膏の基材になるものです。

精製度が高いほど白色や透明度が高くなり、市販されているものの多くは白色ワセリンになります。
鉱物油とはいっても、精製されているので肌に安全で、赤ちゃんにも使用することができます。

アトピーの皮膚表面は皮脂の分泌がうまくできないことが多いため、ワセリンが皮脂の代わりに肌に保護膜を作ってくれます。
保護膜ができることで肌のバリアー機能が改善され、角質層から水分の蒸散を防ぎ、外部刺激からも守ってくれるのです。

また、肌内部には浸透しないため、炎症や痒みのある部分に直接塗ることができます。

中にはチューブタイプやベビー用のワセリンも販売されているので、用途によって使い分けると良いでしょう。


ワセリンの塗り方


ワセリンを塗る時は、入浴後のまだ水分が残っている状態の肌に塗るようにしましょう。
その目安は、お風呂から上がってタオルで軽く水分を拭き取った後、5分以内といわれています。

また、アトピー・敏感肌用の化粧水や美容液で保湿をした上に塗ることで、肌のうるおいを逃さず表面からフタをする効果が得られます。

また、塗る際には清潔な手にワセリンを充分に取り、薄く均一に伸ばすようにしましょう。
この時、肌表面をこすらないようにやさしく塗ることが大切です。


c85176d39340d1ae958eff6fe9093581_s

ワセリンを塗る前のスキンケア


お風呂上りにワセリンを塗る前には、しっかりと保湿スキンケアをおこなうことが大切です。

アトピーの場合、角質層のセラミドを作り出しにくくなっている状態のため、このセラミドを補うスキンケアを中心に、しっかりと保湿をするスキンケアがおすすめです。


ワセリンを使用する際の注意点


薬局で売られている一般の白色ワセリンは、完全に不純物が取り除かれたものではないため、過信は禁物です。

特に外出前に、紫外線やホコリ、化学物質など外部からの刺激を受けやすい顔などの部分に塗るのは、避けた方が無難でしょう。

また、ワセリンはあくまでも一時的な保湿効果をもたらすものです。
2~3時間経つとワセリン自体が乾燥してくるため、重ね塗りが必要になります。

何度も重ね塗りをすると、肌の新陳代謝が遅れ、自力で保湿する力が弱まってしまうおそれがあります。

ワセリン保湿に頼り過ぎず、お風呂上りの保湿が行き届いた肌に薄く塗る程度に留めるのが良いでしょう。




スポンサーリンク