アトピー・敏感肌は梅雨時に悪化する?その対策とは





0ecdc3f9fbebe9d8f073cf72421da05b_s

雨が続いてじめじめとした梅雨の季節は、アトピー・敏感肌を持つ方には、特にデリケートになりやすい時ですね。

雨の多い高温・多湿の時は、不快指数が上がります。

蒸し暑さのため汗をかきやすく、家の中にダニやカビが繁殖しやすい時期でもあります。
また、低気圧が続くため、精神的にもストレスが溜まりやすくなります。

梅雨は、このようにアトピー・敏感肌を悪化させる要因が増えてしまいますので、上手に乗り切っていきたいものです。

次に、梅雨時期にできるアトピー・敏感肌対策についてご紹介してみましょう。


ダニ対策


家の中にいるダニを全滅させるのは不可能ですが、できるかぎり駆除して増えないように予防することが大切です。


・掃除をこまめにする

カーペット、マット、畳、押し入れ、クローゼット、寝具、布製のソファ、ペット、ぬいぐるみなど、ダニが繁殖しやすい場所を重点的にきれいに保つようにしましょう。

ホコリや食べ物のカスなどはダニの住処になるので、こまめに掃除するようにし、なるべくダニを増やさないよう、防ダニ効果のある寝具やカバーなども積極的に取り入れると良いでしょう。


・除湿をする

ダニ(特にチリダニ)は湿度60%以下では繁殖できない性質があるため、除湿・乾燥に努めるのが効果的です。

エアコンの除湿機能、除湿機、空気清浄機、布団乾燥機などを使用し、天日干しなどをおこないましょう。

この時、エアコンや除湿機のフィルターにもホコリが溜まりやすいので、使用前には掃除をしておくことも大切です。


・ダニを駆除する

殺ダニ剤やダニ捕りグッズなどを使用し、ダニを徹底的に駆除します。

殺ダニ剤を使用する場合は使用上の注意を守り、適切に使用するようにしましょう。

体ににやさしい天然成分の防虫スプレーなども見つかりますので、なるべくアトピー・敏感肌に安全なものを使用すると良いでしょう。


733ac55b6e27988b2bfcf36f3059668b_s


カビ対策


・掃除をこまめにする

お風呂や洗面所、台所などカビが増えやすい所は、漂白剤やカビ取り剤などを使用してこまめに掃除をしましょう。

また、換気扇を回すなどして湿気をこもらせないよう、除湿や乾燥を心がけましょう。

洗濯槽の裏側にもカビが増えやすいので、洗濯槽クリーナーを使用したり、汚れた衣服を入れっぱなしにしないなど、清潔を心がけましょう。


・除湿をする

カビは気温20-25℃、湿度65%以上の環境を好むため、梅雨時は特に繁殖しやすくなります。

カビ対策には、部屋の湿度を50%前後に保つよう心がけると良いでしょう。

特に、トイレや洗面所、押し入れやクローゼット、収納スペースや部屋の隅などに湿気がこもりやすいので、通気性をよくするためにスノコや除湿剤を使うのがおすすめです。
除湿剤も効果がなくなる前に、こまめに取り替えるようにしましょう。


汗対策


汗をかくと、皮膚に細菌が繁殖しやすくなります。
そのため、ダニやカビが好む環境になってしまいます。

汗をかいたらこまめに水かぬるま湯で洗い流すなどして、皮膚を清潔に保つことが大切です。

タオルで拭くだけでは、汗によって細菌が繁殖し、炎症を起こす場合もありますので、早目にシャワーを浴びる、顔や腕なら水道でさっと洗い流すなど、こまめに対策を取るようにしましょう。


ストレス対策


雨の日が続くと、外出や外での活動が減ってしまい、ストレスが溜まりやすくなります。

また、低気圧が続くと、気分的にもイライラしやすいものです。

室内でも集中できる趣味を見つけたり、簡単なエクササイズを取り入れるなど、積極的にストレス発散の機会を持つようにしましょう。


スキンケア


湿気の多い梅雨の季節こそ、洗顔後やお風呂上がりには保湿スキンケアが大切です。

肌を汗やホコリから守り、角質層をしっかり保湿することで、外的要因から保護するようにします。


なるべくこれらの対策を心がけ、気分転換をしながら、梅雨時期を少しでも快適に乗り切っていきたいものです。










アロエはアトピー・敏感肌に効くの?





7da29cc1f3bd2e7f80acce3a66e8745c_s

アロエは昔から火傷・傷・虫さされなどの皮膚症状をはじめ、美容や健康に良いとされてきました。

クレオパトラが昔、全身にアロエのエキスを塗って美肌を保っていた、という逸話も残されているほどです。

アトピー・敏感肌の場合も、アロエを有効活用できるケースが多いようです。

どのように日常に取り入れるのが効果的なのか、こちらにまとめてみましょう。


アロエの効果とは?


日本ではアロエの中でも「キダチアロエ」と呼ばれるものが多く見られ、薬用として用いられているのは「アロエベラ」といわれる種類です。

アロエには皮脂の過剰な分泌を抑える作用や抗酸化作用、解毒作用があるため、アトピー性皮膚炎の要因である黄色ブドウ球菌やマラセチア菌などへの殺菌効果が期待できます。

また、かゆみを起こすヒスタミンに対抗し、肌のターンオーバーを助けてくれるので、塗り薬やスキンケア化粧品の代わりとして用いることができます。

さらに、アロエの成分は角質の奥まで浸透しやすく、アトピー・敏感肌を乾燥から防いでくれる効果もあるのです。

アトピーは肌が乾燥してかゆみが起こりやすいので、アロエの保湿効果でかゆみが軽減されると、症状の悪化を防ぐ手助けになります。

また、アトピーなどの肌トラブルには活性酸素も関わりがあるとされていますが、アロエにはこの活性酸素を除去する成分も含まれています。

活性酸素は皮膚に多少は必要なのですが、多すぎると身体を酸化させトラブルを招いてしまいます。

余分な活性酸素を取り除くにはSOD(スーパーオキシド分解酵素)が必要なのですが、アトピーはこのSOD生成力が弱いといわれています。
アロエベラには、この活性酸素を除去するSOD生成を促すはたらきがあるといわれているのです。


daf3c2d6f2988226e5dc9a74133d6dbd_s

アロエを効果的に用いる


アロエは肌に塗るのはもちろん、食べものやジュースとして摂ることもできます。

アロエが入ったジュースやヨーグルトは、近所のスーパーマーケットでもよく見かけるもので、手軽に手に入れられます。

また、アロエの軟膏やジェルも薬局などで市販されているので、安全に使用しやすいのも特徴。
体の内と外からアロエの成分を用いることで、相乗効果が期待できるでしょう。


アロエを使用する際の注意点


アロエ軟膏は炎症を起こしている部位や傷のある部位に対し、保湿や冷却効果、また血行を抑制する効果があります。

そのため、かゆくても「熱を持たないじゅくじゅくした所」「黒ずんで熱く感じない所」には使用しないようにしましょう。

アロエを使用する前にはかならずパッチテストをおこない、自分の肌に合うか試してから使うようにしましょう。

また、アロエはステロイドのような薬とは違い、即効性があるわけではないので、あくまでも症状の改善を助ける補助剤として利用するのがおすすめです。

さらに、食用の場合はアロエの成分であるアロインの成分によって下痢になることがあるため、少量から摂取していくようにしましょう。

→ アトピー・敏感肌に効果的な保湿化粧水を選りすぐりでご紹介しています


banner



アトピー・アレルギーに効くハーブティー

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s

アトピー・敏感肌の症状がある時はアレルギー反応が起こりやすいため、食べ物や飲み物にも気を遣うことが多いのではないでしょうか。

特に、普段何気なく口にするお茶は、意外にも様々な効能があるので、なるべく体に刺激がなく健康に良いものを飲みたいものです。

私たちにとって体に良い飲み物といえば、ハーブティーが思い浮かびます。

こちらには、アトピー・敏感肌にも効果的なハーブティーについてご紹介してみましょう。


ハーブティーの基礎知識


ハーブは、「薬草」や「香草」と訳され、私たちの生活に役立つ植物のことをいいます。
このハーブは、古来からその効果効能が様々な体の症状に用いられ、現代も自然療法のひとつとして活用されています。

スキンケア化粧品にもハーブがよく使われていますが、それもハーブの持つ美容効果を応用したものです。

ハーブティーは体に穏やかに作用するため、実際の効果が現れるまでに3カ月ほどかかるといわれています。
毎日飲み続けることで、ゆっくりと体質改善をおこなっていくのです。

また、ハーブにはドライハーブ(乾燥させたもの)とフレッシュハーブ(摘んだばかりのもの)の2種類があり、ドライハーブの効果・効能はフレッシュハーブの3倍といわれています。

ハーブティーは、1つの種類を単独で用いるものと、数種類をブレンドするものがありますが、ブレンドしたハーブティーは飲みやすく、それぞれのハーブの効能が相乗効果で高まることもわかっています。

ハーブを体に取り入れることで、体が本来持つ自然治癒力を高め、症状の根本原因を取り除いてくれる効果が期待できるのです。

また、ハーブティーはノンカフェインなので、子どもからお年寄りまで安心して飲むことができます。
なるべく、おいしく長く続けられるハーブティーを選びたいものですね。


e90dcaea31a56f39cad38ce25a7f75b0_s

アトピー・アレルギーに効くハーブティー


アトピー・敏感肌などアレルギーが起こりやすい時は、体の免疫力をアップし、アレルギー症状を軽減してくれるハーブがおすすめです。

こちらが、アトピー・アレルギーに効果的なハーブです。


<アトピー・アレルギーに効果的なハーブ>

・レモングラス
・ユーカリ
・カモミール
・ティーツリー
・ネトル
・リコリス


これらのハーブは、抗アレルギー作用消炎作用があるとされています。

お好みにより、これらをブレンドしたり、またハーブショップなどでアトピー・アレルギー用として調合されたものを選ぶと良いでしょう。

レモングラスはレモンによく似た香りで、他のハーブとブレンドすることで飲みやすくなります。

また、リコリスやステビアといったハーブには甘味があるため、砂糖の代用として加えるのもおすすめです。


アトピーやアレルギーが起こりやすい時は気分も沈んでしまいがちです。
そんな時はハーブのやさしい香りに包まれて、リラックス&リフレッシュする時間を持ちながら、症状の改善をめざすのもひとつではないでしょうか。



アトピー・アレルギーに根本的にアプローチするには?


アトピーやアレルギー体質は、免疫力の低下から起こるとされています。

ハーブティーや漢方には免疫力を高める成分が含まれているので、長く続けることで体質を改善するサポートになるでしょう。

また、今はLPS(リポポリサッカライド)という物質が、身体の免疫細胞マクロファージを活性化してくれるということが注目されています。

LPSについてはこちらの記事でご紹介していますので、ご参考になさってください。

→ 免疫力を高める方法とサプリメントでアトピー・敏感肌を改善できる?


アトピー・敏感肌に効果的な保湿化粧水については、こちらからご参考になさってください。

→ アトピー・敏感肌に効果的な保湿化粧水を選りすぐりでご紹介しています



banner



アトピー・敏感肌に爪もみが効果的?

c7777aef7eca499d3463c7d29eca99ec_s

「爪もみ療法」というのをご存知ですか・・・?

爪もみ療法とは、あらゆる症状に効果的な、簡単セルフエクササイズです。

アトピー性皮膚炎にも効果があるといわれていますので、改善のためのひとつのサポートとして、こちらにご紹介したいと思いますのでご参考になさってください。

爪もみには、交感神経副交感神経のバランスを取り、自律神経を整えて免疫力を高めるはたらきがあるといいます。

自律神経が乱れると、アトピーをはじめとする様々な症状や疾患にかかりやすくなります。
そのため、爪もみが手軽に症状の根本原因に作用してくれることから、注目を集めるようになりました。

この爪もみ療法を考案したのは、日本自律神経免疫治療研究会の理事長をされている、福田稔医師です。

福田医師は、手足の爪の生え際や、全身の治療点を注射針やレーザーで刺激する「自律神経免疫療法」を行っています。

爪もみはその家庭版といえるもので、著書にも記されています。
また、爪もみを行うだけで病気や症状が改善した例も、数多く報告されています。

爪もみのやり方は、とても簡単です。


爪もみの方法


指の爪の生え際を、反対側の手の親指と人さし指で両側からつまみ、押しもみします。

この時、1本の指につき、10秒ずつ押していきます。

もみ方は、ギュッギュッと押しもみしても、ギューッと押し続けてもOKです。
「痛気持ちいい」程度の刺激が感じられるように、圧をかけると良いでしょう。

1日1~2回、毎日続けるのが効果的です。

下半身の症状を改善したい場合は、足の指も同じように爪もみをすると効果があります。

また、深呼吸をしながらゆったりと爪もみエクササイズをすると、心地よいリラックス感が得られ、ストレス解消にも効果的です。

子どもからお年寄りまで安全で手軽にできる方法なので、お風呂上りや寝る前などに取り入れるのがおすすめです。


0c0a8fee9d5f848a4197c4064a155ea4_s


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9317067722031064"
data-ad-slot="5318901794"
data-ad-format="rectangle">



爪もみの注意点


薬指だけは、交感神経を刺激する指なので、単独で刺激するのは避けましょう。
他の4本の指と一緒に刺激することで、全体に免疫力が高まることがわかっています。

また、爪もみをすると、一時的に痛みや症状の悪化が見られるケースがあります。
これは症状が改善するための反応ですので、心配せずに続けましょう。

爪もみはあくまでも健康のためのセルフエクササイズですので、食事や睡眠、運動などの生活習慣を整えることを心がけた上で行うことが大切です。


爪もみで白血球が増える?


福田医師が実際に行った研究では、爪もみをする前後では、白血球の数に特に大幅なちがいが見られました。

これは、両手すべての指に爪もみを行うことで、実際に免疫が高まった証拠といえます。


それぞれの指の効果


爪もみを行う指によって、次の効果があるといわれています。

● 親指

アトピー性皮膚炎、ぜんそく、咳、円形脱毛症、リウマチ、ガン、脳卒中など

● 人差し指

吐き気、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ストレス、眼精疲労など

● 中指

難聴、耳鳴り、不眠症など

● 薬指

アレルギー、アトピー性皮膚炎、うつ病、頭痛、耳鳴り、高血圧、肌荒れなど

● 小指

更年期障害、生理痛、不安神経症、うつ病、顔面神経麻痺、メニエール病、
耳鳴り、不眠、脳梗塞、パーキンソン病、高血圧、糖尿病、腰痛、肩こり、
肝炎、頻尿、手足のしびれなど


時間も場所も問わず、道具も使わずに一人でできるセルフエクササイズなので、アトピー・敏感肌の改善はもちろん、毎日の健康維持のためにぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。


banner


アトピー・敏感肌は爪もデリケート?

920460f42f0aec67824fd9a4d40e8b03_s

爪は健康のバロメーターといわれます。皮膚の健康状態は、爪の状態にも表れるためです。

健康的な爪は、表面がなめらかで透明感があり、自然なピンク色をしているもの。

爪は、皮膚が変化したもので、ケラチンというたんぱく質でできています。
アトピー・敏感肌の人は、そのため爪もデリケートな場合が多いのですね。

特にアトピー性皮膚炎はかゆみを伴う症状のため、無意識に爪を立てて皮膚を掻いて傷つけてしまい、そこから出血したり炎症を起こしたりと、症状の悪化につながることがあります。

このため、爪のケアも欠かせません。

この爪自体をケアする方法、患部を悪化させないための爪ケアの方法、どちらも大切になるといえるでしょう。


アトピー・敏感肌で爪がデコボコに?


アトピーの症状が表れている時、爪がデコボコになっていることがありませんか?

その原因には、次のようなことが挙げられるようです。

・甘皮がなくなる

手や指にアトピーが及ぶと、爪の生え際にある「甘皮」(あまかわ)にも影響します。
甘皮は爪が正常に伸びるために必要な部分ですので、結果として爪がデコボコした状態に生えてしまいます。

・爪が乾燥する

アトピーや乾燥性敏感肌の場合、爪も乾燥しやすくなります。
爪に水分が足りないため、デコボコや縦に筋ができやすくなるのです。

・ステロイドによる影響

アトピーの治療に用いられるステロイド(副腎皮質ホルモン剤)は、使い方によっては副作用が起こる場合があります。

その1つとして、皮膚に影響して甘皮を無くし、爪がデコボコしてしまうことがあります。


デリケートな爪をケアする方法


アトピーや乾燥肌によってデリケートな状態になった爪を健康に戻すには、水分や栄養を補い、新陳代謝を促すことが大切です。

手や指先の血行改善のため、積極的に温めたりマッサージをするのも効果的です。

また、刺激の少ない保湿ローションやハンドクリームなどで、指や爪の表面を保護するようにしましょう。

爪は皮膚と同じたんぱく質でできているので、爪を育てる栄養素を摂ることも必要です。
特に、アミノ酸の量によって爪の固さが決まるといわれています。

次に爪に良いとされる栄養素と食べ物をご紹介しますので、アトピーで食事制限をおこなっている場合は、できる範囲でこれらの食事を心がけると良いでしょう。


026

<爪によい栄養素と食べ物>

・ビタミンE
たらこ、うなぎ、かぼちゃ、ナッツ類、アボカドなど

・ビタミンB群
レバー、豚肉、大豆製品、うなぎなど

・カルシウム
乳製品、大豆製品、緑黄色野菜、海藻など

・ビタミンD
鮭、しらす、卵、きのこ類など

・亜鉛
牡蠣、うなぎ、ホタテ、肉類、卵など

・鉄分
レバー、魚介類、大豆製品、緑黄色野菜、海藻など


爪の切り方


アトピー・敏感肌でつい皮膚を掻いてしまい、症状の悪化を招く場合は、爪の切り方にも充分気をつける必要があります。

爪切りで短く切りそろえた後、爪磨き用のやすりを使い、爪の先端を磨いて整えます。
この時、深爪をしないように気をつけましょう。

爪が伸びていたり、切った後に角ができていると、皮膚を引っ掻いた時に余計に傷つけてしまい、出血や炎症の原因となります。

もちろん、爪と指の間を清潔にすることも大切です。
くれぐれも汚れた爪で患部に触れないよう、手をこまめに洗い、保湿ローションやハンドクリームで爪の先までケアするようにしましょう。






アトピー・敏感肌にジェルネイルをしても良い?

a235d981a44d791568bed0afea9a626b_s

アトピーや敏感肌の場合、症状の悪化やアレルギーが気になってしまい、お洒落に積極的になれない方も多いのではないでしょうか。

そんな中、意外にもアトピーの方に評判なのが、ジェルネイルです。

こちらに、そのメリットとデメリットをまとめてみましたので、よかったらご参考になさってください。


アトピー・敏感肌にジェルネイルが評判の理由


アトピー・敏感肌の症状があると、寝ている時などに無意識にかゆみのある部分の皮膚を掻きこわしてしまうことがあります。

すると、傷ついた皮膚が症状を悪化させ、さらに治癒に時間がかかる・・・、という悪循環を招いてしまいます。

こうして皮膚が傷つくことをくり返すと肌がボロボロになり、それを見ることで気分もダウンしがちです。

ところが調べてみると、アトピー・敏感肌の方が気分転換を兼ねてジェルネイルを試したところ、掻きこわしが減り症状が軽快した、というケースが意外にも多いことがわかりました。

こちらが、そのポイントです。


<ジェルネイルのメリット>

・ジェルネイルを厚く施すことで爪の先端が丸くなり、掻いても引っかかりがなく肌にやさしい
・掻きこわして皮膚を出血させることが減り、その結果気がついたら症状が軽くなっていた
・そもそもネイルを傷つけたくないために、掻かないよう気をつけるようになった
・美しい爪を眺めることがストレス解消になり、憂鬱な気分が軽くなる


アトピー・敏感肌は「掻いてはいけない」というプレッシャーを感じやすいものですが、「爪を大事にしよう」という気持ちが、自然と爪や肌を労ることにつながるようですね。

また、爪や肌が綺麗になると人前でも自信がつきやすくなるため、心身ともに状態がアップするという相乗効果になるようです。

男性でもクリアタイプ(透明)のジェルネイルなら、身だしなみの一環として好印象になるため、実際にネイルを楽しむ方もいらっしゃるようです。

爪と肌を保護する目的を兼ねて、ジェルネイルを試してみるのもひとつといえますね。

ただし、間違ったやり方でのセルフネイルや、過度に頼るのは症状が悪化する原因につながりますので、ほどほどに留めるのが良いでしょう。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9317067722031064"
data-ad-slot="3046439167"
data-ad-format="rectangle">



ジェルネイルのデメリットは?


ジェルネイルは含まれる成分により、人によってはアレルギー反応を起こしてしまう場合があります。

また、ジェルネイルは3~4週間はつけっぱなしの状態になるため、常に清潔にしておくことが大切です。

アトピー・敏感肌の方は特に皮膚や爪がデリケートな状態なので、なるべく負担をかけないこと、先端が剥がれた(リフトした)場合はすぐにネイルサロンへ行ってメンテナンスをするなど、管理をきちんとおこなうようにしましょう。


<ジェルネイルのデメリット>

・ネイルを塗る前に爪を薄く削るため、何度もくり返すと爪自体が脆くなりやすい
・ジェルをオフする際にきちんと工程を踏まないと、爪に負担がかかりやすい
・使用するネイルの成分にアレルギーを起こしてしまう
・水分や雑菌が侵入・繁殖した場合、爪にカビが生えて「グリーンネイル」になる可能性がある


b6dd790b44afd27fa4491780cc657e5b_s

ジェルネイルの注意点


男女年齢を問わず、爪を綺麗にすると気分が良くなり、周囲にも好印象を与えます。

時にはネイルサロンでプロの施術を受け、ネイルを楽しむのも良いでしょう。

ただし、アトピー・敏感肌のデリケートな肌や爪に負担をかけないよう、ネイルを施す際にはネイリストの方にしっかりと相談をし、安全なネイルを使用することが大切です。

また、ネイルをつけている間はくれぐれも衛生管理に注意をし、いつも清潔な状態を保つようにしましょう。

アトピー・敏感肌の症状が悪化している時や体調不良がつづいている時などは、ネイルを控えるようにしましょう。

また、正しい知識を持たずにセルフネイルをおこなうことはやめましょう。

万が一トラブルが起こった際は、すぐにネイルサロンに相談しましょう。


banner