頬に赤みが現れる時の原因と対策

Pocket

8029e0acc6f798e11e5518d1b69fd929_s

鏡を見る度に頬の赤みが気になる・・・、それは肌から送られるSOSのサインかもしれません。

頬など顔の一部に赤みが現れるのは、いくつか原因がありますが、それぞれに対処が必要です。

顔に赤みがあると、見た目に影響するだけでなく、かゆみや炎症などが悪化しやすくなるためです。

そうならないうちに肌をしっかりとケアして、明るい顔色の健康的な肌へと改善していきましょう。


頬に赤みが現れる原因は?


頬に赤みが出る時は、次のようなことが原因として挙げられます。

・皮膚が薄い
・炎症が起こっている
・アトピー性皮膚炎によるもの
・脂漏性皮膚炎によるもの
・紫外線や乾燥による色素沈着
・酒さ(しゅさ)


皮膚が薄い原因には、先天的なものと後天的なものがあります。

生まれつき皮膚が薄い場合もありますし、洗顔やマッサージ、ピーリングのし過ぎが原因となることもあり、肌に良いと思って行っている習慣が、かえって肌を薄くする刺激を起こしている場合もあります。


皮膚が薄くなると、肌内部の角質層にもダメージが起こり、水分が不足して乾燥肌になりやすくなります。

肌が乾燥すると肌本来のバリア機能が低下しますので、外部からのちょっとした刺激にも敏感に反応してしまいます。

そのため、肌荒れやニキビなどの炎症が起こりやすくなり、肌表面が赤く見えるようになってしまいます。

これには、サイトカイン(生理活性物質)という炎症を引き起こす物質が関わっており、肌の刺激によって皮膚表面に増える炎症増悪たんぱく質や皮膚の常在菌に反応し、炎症を悪化させてしまうためです。



アトピー性皮膚炎の場合も、顔に赤みが現れて、強いかゆみを伴うことがあります。

炎症が起こっている肌をくり返し掻いてしまうと、さらに肌を傷つけ、悪化させてしまうという悪循環になりがちです。



脂漏性皮膚炎の場合は、皮脂の分泌が過剰になっている状態で、頭皮や鼻の周りなどに起こりやすい症状です。

皮脂が肌の表面に溜まると空気に触れて酸化し、これが肌の常在菌と反応して炎症が起こりやすくなります。

脂漏性皮膚炎も赤みやかゆみが起こりやすく、皮膚がポロポロと剥がれ落ちてくる、などということもあります。



紫外線や乾燥によっても、肌の炎症が起こりやすくなります。

紫外線による刺激を受けると、肌の奥までダメージを受けてしまい、真皮の毛細血管が破壊されてしまいます。

その出血によって真皮や皮下組織まで血液の色素が沈着し、赤みやくすみが起こってしまうのです。



酒さ(しゅさ)の場合は、体質的な病気が原因とされており、頬や額、鼻などに紅斑が現れる症状です。

気温の変化やストレスなどによっても悪化しやすく、熱やほてりを持つのも特徴です。



頬に赤みが現れた時のスキンケア対策は?


頬の赤みを改善するには、皮膚が薄くなっている原因を見直すことが大切です。

炎症を抑えたりメイクで隠す対策よりも、敏感肌自体を健康にするような習慣を取り入れるようにしましょう。


そのためには、洗顔を見直すことが最初のステップです。

洗浄力の強いクレンジングや洗顔料でごしごしと擦って洗顔をするのは、炎症を起こしている敏感な肌にとってはさらに強い刺激になってしまいます。

肌のバリア機能を回復させるためには、洗顔料を使用せずぬるま湯のみで洗顔をするか、または低刺激の洗顔料でやさしく洗い流す程度に留めましょう。


次のステップとして、角質層まで水分を充分に補うことが必要です。

これまでのスキンケアでは肌のうるおいが足りていないと感じられたら、早目に保湿スキンケアを見直すようにしましょう。


肌が炎症を起こしている場合は、化粧品自体が刺激になっていたり、肌に合っていないことがあります。

特に、アルコールやエタノールが含まれたもの、界面活性剤や添加物が使われているものは、赤みや炎症を悪化させやすくなってしまいますので、一度それらの使用を中止し、低刺激の敏感肌用スキンケア化粧品に替えてみるのもひとつです。

角質層まで水分が行き渡るようになると、自然に肌のバリア機能が回復していきます。

この時、肌の保湿に大切なのは、肌内部の細胞間脂質を埋めるセラミドを補うことです。

当サイトでは、セラミド保湿をはじめとする敏感肌用化粧水をご紹介していますので、よかったらこちらもご参考になさってみてください。

→ アトピー・敏感肌用化粧水についてもっと詳しく見てみる


また、グリチルリチン酸ジカリウムが成分に配合されている化粧水を使用すると、皮膚の炎症を鎮めて肌荒れを整える効果が期待できます。

→ グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているアトピー・敏感肌用化粧水はこちら


さらに、洗顔後に化粧水をつけたら、その後はクリームやジェル、ワセリンシアバターなどを薄く塗り、水分が蒸発するのを防ぎましょう。



頬の赤みを改善させる生活習慣


スキンケアと併せて生活習慣を見直すことも、頬の赤みを改善させるには大切なことです。

睡眠が足りていないと感じたら、適度な運動や休息を入れるなどオンオフの切り替えを心がけ、質の良い睡眠を取ることで肌の回復を促しましょう。

また、適度に汗をかいたり、水分をこまめに補給し、体内の水分を循環させることも大切です。

そして、冬は身体を温め、夏は暑さや冷房対策をするなど、体温調整に気を付けることも肌に影響します。

さらに、紫外線を避ける工夫も必要です。


肌は血液から栄養や酸素が運ばれますので、毎日の食事を見直すことも大切です。

コーヒーなどのカフェインやお酒、タバコなどの嗜好品も肌荒れを起こす原因になりますので、頬の赤みを改善する時はこれらを避けることも必要でしょう。

そして、良質のたんぱく質やビタミンCを多めに摂ることが、症状の改善につながります。

豚肉や魚介、大豆製品、緑黄色野菜、フルーツなどを積極的に摂り入れるようにしましょう。


皮膚科のお医者さんに相談する


頬の赤みや炎症がつづく時は、皮膚科のお医者さんに相談するようにしましょう。

自分では気づかない原因が潜んでいる場合もありますので、専門医による正しい診断と治療が必要なケースもあります。


また、肌トラブルは、免疫力の低下から起こりやすいとされています。

今はLPS(リポポリサッカライド)という物質が、身体の免疫細胞マクロファージを活性化してくれるということで注目されています。

体質を根本的に見直したい、という場合は、LPSを効果的に活用することもひとつといえるでしょう。

LPSについてはこちらの記事でご紹介していますので、ご参考になさってください。

→ 免疫力を高める方法とサプリメントでアトピー・敏感肌を改善できる?


気になる頬の赤みや炎症は放っておかずに早目の対策を取り、体の内と外から適切なケアを施すようにしましょう。


banner



スポンサーリンク