花粉症皮膚炎の原因と対策について

Pocket

毎年花粉が飛ぶ季節になると目や顔がかゆくなる、くしゃみ、鼻水が止まらなくなり何度も鼻をかむせいで肌が乾燥して赤くなる、鼻の周りが粉を吹いたり皮がむける・・・、などという症状に悩む方が多いのではないでしょうか。

特にアトピーや敏感肌を持つ場合は全身の免疫力が低下し、アレルギー体質になっていることが多いため、花粉には敏感に反応してしまうもの。

このような時はどんな対策をすれば良いのでしょうか。

こちらの記事では、そんな花粉症皮膚炎の原因と対策についてご紹介していきたいと思います。


目次





花粉症皮膚炎の原因とは?





花粉が飛散する2月~4月頃は、冬から春への季節の変わり目に当たり、体も解毒を行いながら変化をする敏感な時期になります。

また、この時期は紫外線の量も増えてくるため、肌への刺激や負担が重なりやすい時。

そのため皮膚のバリア機能が低下し、花粉やホコリなどの外部刺激にも反応するため、肌がムズムズとしたかゆみや炎症を起こしやすくなります。

そのかゆみや不快感のために目をこすったり肌を掻いたりすると、ただでさえバリア機能が弱った皮膚表面の角質がはがれやすくなり、結果粉を吹く、皮がむけるという状態に陥りやすくなります。

またひどくなるとマスクが接触する部分の皮膚が赤くなる、かぶれるなど、皮膚炎の症状が悪化することも。

花粉症皮膚炎を悪化させないために、早めの対策をとりしっかりと肌を守ることが大切です。



花粉症皮膚炎の対策・外部環境を整える


花粉症の原因はスギやヒノキなどの花粉、また花粉とともに空気中に飛散するホコリやハウスダスト、排気ガスやPM2.5などの目に見えないアレルゲンによる刺激に体の免疫系が過剰反応することです。

これらの影響を最小限に抑えるため、次のようなことに気をつけると良いでしょう。

・マスクやメガネ、ゴーグルなどで花粉などの侵入を防ぐ
・花粉の付着しにくい衣類を身に着ける
・外出から帰ったらすぐに衣類から花粉を除去する
・外出から帰ったらなるべくすぐに洗顔や入浴をする
・室内に空気清浄機を設置する
・室内を適度に加湿する


また、この時期は保湿されたティッシュを常備して使用すると、皮膚への刺激を抑える手助けになります。

通常のティッシュで鼻をかむとすぐに肌荒れを起こしてヒリヒリとしますが、近頃はコンビニやスーパー、ドラッグストアなどで保湿ティッシュが手に入るので、こちらを使うだけでも肌への負担を格段に減らすことができるでしょう。






花粉症皮膚炎の対策・医師や薬剤師に相談する


花粉症の症状が出ている時は、日常生活が困難になりがちです。

常にくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどに悩まされているせいで、頭がぼーっとして集中力が妨げられてしまいます。

また、鼻づまりで睡眠不足になると余計に免疫が低下して症状がひどくなり、悪循環に陥ってしまうことも。

このような場合は早めにお医者さんに相談するか、薬局で薬剤師さんに相談し、適切な治療や投薬、アドバイスを受けることも必要です。

抗ヒスタミン剤や漢方が配合された薬など、症状に合わせて処方やアドバイスをしてもらい、少しでも快適に日常を過ごし、睡眠を確保するようにしましょう。



花粉症皮膚炎の対策・スキンケアを見直す


花粉症で皮膚炎が起こっている時は、いつものスキンケアを見直すことも大切です。

刺激の強いクレンジングや洗顔剤は避け、低刺激・無添加のものに替えるようにしましょう。

洗浄力の高いクレンジング剤や洗顔料には界面活性剤や合成保存料などの添加物が含まれている場合が多く、肌の表面の水分を保持する角質層に過剰な刺激を与えてしまいます。

すると角質層でうるおいを貯める役割を果たしているセラミドを取り過ぎてしまい、結果的に肌のバリア機能が低下し、乾燥を招いてしまいます。


皮膚炎が起こっている時には、クリームタイプのやさしいクレンジング剤でメイクを落とし、無添加タイプの洗顔料をよく泡立てて包み込むようにやさしく洗うか、ぬるま湯のみで洗い流すようにすると良いでしょう。

また、洗顔後は乾燥しないように素早く保湿をすることが大切です。

セラミドが配合された敏感肌用の化粧水で角質層に水分を浸透させ、クリームやバームなどの保湿剤で水分が逃げないようにフタをするのが一般的なケアです。


花粉症皮膚炎が起こっている時には、ノブⅢ スキンケアシリーズなどが心強いサポートになってくれるでしょう。

ノブⅢ

ノブⅢ フェイスローションは臨床医学に基づいて作られたスキンケア化粧水で、皮膚科でも処方されています。

医薬部外品なのでアトピーや敏感肌をはじめ、花粉症皮膚炎の肌荒れや湿疹、ニキビなど、トラブルを起こしている肌にもやさしく安心して使えるのが特徴です。

また、粉を吹いたり皮がむけるほど乾燥した肌も効果的に保湿できるよう、セラミド液晶化技術により角質にまでしっかりと潤いを浸透させてくれます。

さらにグリチルリチン酸ジカリウムを配合しているので、赤みやかゆみ、ピリピリ、ヒリヒリとした刺激や炎症を鎮めてくれます。


グリチルリチン酸ジカリウムについては、こちらの記事もご参考になさってください。

→ グリチルリチン酸ジカリウムのアトピー・敏感肌への効果とは


皮膚炎の症状が重い場合は、ぬるま湯でやさしく洗顔した後に化粧水をつけずに敏感肌用のクリームやワセリンシアバターなどを塗るだけに留めると良いでしょう。

ノブⅢシリーズの敏感肌用クリームを使用し、花粉症皮膚炎が良くなったという口コミも寄せられています。


■ ノブⅢシリーズに寄せられた口コミ(アットコスメより)

【ありがとう( ;∀;)<花粉症皮膚炎の救世主!!】

「藁にもすがる思いでこちらを購入しました。本当に買ってよかった…。

花粉症皮膚炎で顔中粉吹きと皮むけ、刺激を加えれば赤く腫れて湿疹。
顔がボコボコで痛くて痒くて、ファンデーションつけられない状態でした。

毎日のケアは素洗い、ビーソフテン、ヒルロイド乳液、プロペト。
痛くて辛い時はステロイドでした。
花粉症のお薬は朝晩二種類処方されています。

いろんな皮膚科で相談してもこれ以上よくならず、ラロッシュポゼなど試してもダメで、本当に諦めていたのですが、ネットでセラミドがよいとの話を聞きつけました。

去年、ノブのクリームのサンプルを試したときにとてもよかったのを思い出し、こちらを購入。
その日、帰ってすぐに塗りました。

化粧水はまったくしみない。ビーソフテンすら若干しみてたのに。
乳液も大丈夫。美容液はじゃっかんヒリヒリしました。

そして驚いたのはクリーム。
クリームをぬってしばらくしたら痛くてヒリヒリしていたのが収まってきました。
本当に嬉しくて…何で?と思いました。

それから、仕事場にもクリームを持っていって、ヒリヒリしてきたら塗っていました。
そして三日目の夜。ようやく肌の違和感がなくなりました。

ありがとうNOV( ;∀;)本当にありがとう( ;∀;)」
(Iさん/32歳/混合肌)


ノブⅢシリーズは初回はトライアルセットで全てのサンプルが試せるので、化粧水、乳液、美容液、クリームとライン使いで使用感や効果を実感できるところがポイントです。

とにかく刺激のないスキンケア化粧品を使いたいという場合は、ノブⅢシリーズが助けになるでしょう。

→ ノブⅢシリーズのトライアルセットについてはこちら


また、当サイトの管理人がノブⅢ スキンケアシリーズを実際に試した口コミ体験談も掲載していますので、よかったらこちらもご参考になさってください。

→ ノブⅢ シリーズを実際に試した体験談と口コミ感想は?



花粉症皮膚炎の対策・食事を見直す


花粉症などアレルギーを起こしやすい時は、毎日の食事を見直すことも重要です。

花粉症皮膚炎の場合は、こちらの栄養素をとるよう心がけると良いでしょう。

・ビタミンA
うなぎ、まぐろ、かつお節、チーズ、バター、卵、レバー、人参、ほうれん草、モロヘイヤ、しそ、かぼちゃ、焼きのりなど

・ビタミンC
パプリカ、ブロッコリー、パセリ、芽キャベツ、ししとう、ピーマン、小松菜、ほうれん草、サヤエンドウ、ニラ、春菊、トマト、じゃがいも、さつまいも、イチゴ、キウイ、柿、アセロラ、レモン、かんきつ類など

・ビタミンB群
玄米、卵、納豆、バナナ、牛乳、豚肉、レバー、うなぎ、たらこ、カキ、あさり、ナッツ類など

・ナイアシン
マグロ、たらこ、かつお、レバー、落花生など

・葉酸
ブロッコリー、小松菜、菜の花、枝豆、ほうれん草、レバーなど

・ビオチン
いわし、卵、レバー、落花生など


これらの栄養バランスの良い食事をとることはもちろん、アレルギーを起こしやすくさせる食品や添加物を避けることも大切です。

特にカフェインやアルコール、ジャンクフードやインスタント食品、ファストフード、菓子類などは避けるようにしましょう。

また、植物油のとり過ぎによりアレルギーが引き起こされる場合もありますので、こちらも知っておくと良いでしょう。

→ 植物油がアトピー・アレルギーの原因に?



花粉症皮膚炎の対策・免疫力を高める


花粉症をはじめとするアレルギー症状や、肌荒れやニキビ、湿疹などを起こしやすい敏感肌の場合は、全身の免疫力が低下していることが根本的な原因として考えられます。

この場合は表面的な対策をしても一時しのぎに過ぎないため、また同じ症状をくり返すことになってしまいます。

免疫力を高めるには、食事・睡眠・運動のバランスの良い生活習慣を心がけると共に、ストレスを避けることも大切です。

仕事やプライベートで心身に負担を抱えているなら、早めにストレスを取り除くよう対策を立てましょう。


とはいえ、ストレスを除くことはなかなか難しい、という場合が多いことも事実でしょう。

そのような場合は、全身の免疫力を高めて維持できるようサプリメントなどの力も借りながら、じっくりと生活の質を高めていくこともひとつです。

体の免疫力・抵抗力を底上げすることで、メンタルも強くなり、ストレスを乗り越える力が湧いてくることもあります。


免疫力とは何か、免疫力を高める方法について、また免疫力を高めるサプリメントについての情報についてはこちらの記事でご紹介していますので、よかったらご参考になさってください。

→ 免疫力を高める方法とサプリメントでアトピー・敏感肌を改善できる?



花粉症皮膚炎の原因と対策について、ご紹介してきました。

辛い花粉症と皮膚炎の症状から早く回復できるよう、生活習慣を見直しながらできる対策をとり、快適な春を送れるよう健康的な毎日をめざしていきたいものですね。





スポンサーリンク