湿布によるかぶれやかゆみの対処法

Pocket

肩こりや筋肉痛などで湿布を貼ったら、その跡がかぶれてしまった、という経験はありませんか?

もともとアトピーや敏感肌をお持ちの場合は、湿布や絆創膏などの粘着シートやテープなども刺激になってしまいますね。

かといって、痛みが辛い時には湿布を使いたいこともあるでしょう。

湿布でかぶれる原因や対処法を知り、適切に用いるようにしましょう。


目次




湿布で肌がかぶれる原因は?


かぶれは、皮膚に刺激を受けることにより、かゆみや痛み、炎症や水ぶくれなどのアレルギー反応が起こっている状態で、接触性皮膚炎ともいわれます。

湿布の粘着シート自体が肌に刺激を与えている場合や、湿布薬の成分になる薬剤や添加物が刺激を起こしている場合もあります。

また、もともと肌が敏感だったり、紫外線が原因となり薬剤性光線過敏症を引き起こしている場合もあります。


a695f1c29fc8ba83734e2d42344f84e6_s

湿布薬というと薬局で手軽に買える安全なものというイメージがありますが、効果効能の高いものは強い薬剤が使われているものです。


また、2週間以上の連続使用も避けた方が良いとされています。

湿布を貼る時には最大6時間程度が目安となりますが、それ以上貼ると汗が蒸れて薬剤と反応したり、粘着シートがかぶれを起こす原因となります。

長時間貼れば効果が高まるわけではありませんので、2~6時間の間にはがすようにし、就寝時には使用しないようにしましょう。


液体やジェル、スプレータイプの湿布剤も市販されていますが、こちらも同じような成分が配合されていますので、用いる際には注意が必要です。

湿布に配合されている成分と使用法を確認してから、必要に応じて用いることが第一です。


湿布でかぶれた時の対処法


湿布を貼ってかぶれてしまった場合は、すぐに使用を中止しましょう。

患部にかゆみがある場合は、掻くことで炎症が悪化するおそれがありますので、かゆみを抑えるよう早目に処置を行うことが大切です。

まずは湿布を貼った箇所をぬるま湯でやさしく洗い流し、清潔を保つようにします。


炎症や水ぶくれが起こっている時は、ステロイド軟膏を塗って症状を抑えるようにすると良いでしょう。

また、ステロイドを含まないかゆみ止めの軟膏もあります。

かゆみ・かぶれ用の軟膏についていくつかご紹介しますので、ご参考になさってください。

ちなみに、管理人である私が使用しているのは、新フジアローH というかゆみ止めクリームです。


■ 新フジアローH


こちらも同じ種類になります。


■ ムヒアルファEX



■ エンクロン 軟膏EX


これらのかゆみ止めクリーム(塗り薬)には、ステロイドが含まれています。

心配な方や、アトピーなどの慢性皮膚炎をお持ちの方は、薬剤師さんかお医者さんに相談すると良いでしょう。



また、ステロイドを含まない抗ヒスタミン剤配合のかゆみ止めも市販されているので、こちらを選ぶのもひとつです。

■ ラナケインS




■ ユースキンI




また、オロナイン軟膏はかぶれに対する効果はないとされていますが、ワセリンが配合されているので患部を保湿しながらかゆみを抑え、雑菌による感染を防いでくれます。


身体を温めるとかゆみや炎症が悪化しやすいので、長湯をしたり、高温多湿の環境で汗をかくことは避けるようにしましょう。

炎症が治まらない場合は、保冷剤をタオルで包んで患部に当てるなどして、冷やすと良いでしょう。

皮膚の炎症を放っておくと、色素沈着を起こすこともありますので、なるべく早目の対処が必要です。


自分で対処しきれない場合は、皮膚科を受診して治療を受けてください。

また、市販の湿布剤より、皮膚科で処方される湿布剤の方がかぶれにくく安全です。

お医者さんに相談し、自分に合った湿布薬を処方してもらうようにしましょう。


5f478957742641fc6c17b1d7f6147c38_s


湿布を適切に用いるには


手軽に使用できる湿布は、一時的な症状の緩和にはとても便利なものです。

湿布を用いる際には、次のような点に注意すると良いでしょう。

・湿布を貼る前には皮膚を清潔にする
・最大6時間を目安に使用する
・汗をかいたらすぐにはがし、洗い流す
・紫外線を避ける
・かゆみなどが起こる場合は、すぐに使用を中止する
・傷口や粘膜には使用しない
・入浴後すぐの使用を避ける
・低刺激の湿布に切り替える
・液体やジェル、スプレータイプの薬剤を使用する


また、皮膚がかぶれる時は、知らないうちに敏感肌になっている場合があります。

その場合は、睡眠不足やストレス、冷え、アルコールや刺激物の摂り過ぎを見直し、普段から保湿スキンケアを心がけることも大切です。

敏感肌のケアや改善方法についてはこちらにまとめてありますので、よかったらご参考になさってください。

→ 敏感肌・アトピーとインナードライ肌


便利な湿布剤ですが、用法用量を守り、他の治療法と併用するなど、あまり頼り過ぎないことが無難といえます。

心配な場合はすぐにお医者さんの診察を受け、自分に合った使い方をするようにしましょう。



肌トラブルに効果的な化粧水


また、皮膚がかぶれやすい敏感肌の方、なるべく薬を使いたくないという方は、炎症を鎮める成分の配合された化粧水を常備しておき、必要に応じて活用するのも良い方法といえます。

皮膚のかぶれやかゆみ、炎症を鎮めながら肌のバリア機能を回復し、かぶれにくくする作用が期待できます。

当サイトの管理人も、化粧水をつけることでかぶれやかゆみがすーっと引いていき、すぐに楽になる効果を実感しています。

皮膚のかぶれ跡や黒ずみも予防してくれるので、安心です。

→ かぶれやかゆみ・炎症を鎮めてくれる成分の含まれた化粧水はこちら



肌のかぶれやトラブルに万能な天然の保湿剤


天然の保湿剤として、シアバターも肌のかぶれやトラブルに効果的です。

植物オイルを主成分としたシアバターは、炎症を鎮めながら肌をすべすべに導いてくれるため、あらゆるスキンケアに用いることができます。

シアバターについては、こちらの記事で詳しくご紹介していますので、ご参考になさってください。

→ シアバターの保湿効果とアトピー・敏感肌への使い方



湿布かぶれのその他の対処法


また、湿布の代わりに用いることができて、スキンケアも同時に叶えられるボディケアジェルやクリームもあります。

こちらは、プロのトップアスリートや芸能人・モデルも多く愛用しているようです。

ご興味のある方は、こちらから詳細をご覧になってみてください。

→ 肩こり・筋肉痛改善のお役立ちボディケアジェル&クリームについてはこちら



banner



スポンサーリンク