敏感肌のお風呂の入り方/入浴法

153ddc061888ee0c1797d2ff0848a9ef_s

敏感肌の入浴法


別の記事で、アトピーの入浴方法についてご紹介しました。
敏感肌の場合も、アトピーと同じ入浴法で良いのかどうか、迷うところですね。
そこで、敏感肌のお風呂の入り方/入浴法について、こちらにご紹介したいと思います。

アトピーは皮膚表面の角質層でセラミドを作り出しにくい状態であり、敏感肌は肌のバリアー機能が低下し、水分が奪われて乾燥し、刺激を受けやすくなっている状態をいいます。

肌が外側から刺激を受けると、神経線維が刺激され、皮膚の表面近くまで伸びてくるため、少しの刺激にも敏感に反応して赤みや痒み、湿疹などの肌トラブルを起こしやすくなるのです。

刺激を受けやすい肌は、つねに清潔に保つことが大切です。
敏感肌の場合も、アトピーと同様に刺激を避ける入浴法で、上手にスキンケアをおこないましょう。


敏感肌の入浴効果とは


敏感肌の場合、お風呂に入ることで血行や代謝を促し、肌のターンオーバーを助けること、皮膚に付いた皮脂や汚れを落とすことが大切です。

また、敏感肌の原因には、ストレスが隠れていることもあります。
心のストレスはもちろん、忙しさなどで睡眠や食事、運動のバランスが乱れ、免疫力が低下している場合もあるでしょう。

そんな時には、バスタイムを有効に過ごすことで、心身のリラックス効果を高めることが良いでしょう。

また、体を温めることは免疫力アップにつながりますので、毎日の入浴を見直すことで、敏感肌の改善につなげることもできますね。


お湯の温度と入浴時間


敏感肌の場合、お湯の温度は38~40度とややぬるめのお湯が良いでしょう。

熱めのお湯でないと温まった気がしない、という場合は、体の代謝が落ちている証拠かもしれません。
この場合は、運動不足を解消できるよう、生活習慣を見直すことも大切です。
代謝が高まると免疫もアップするため、思いがけず敏感肌も改善していた、などという効果が得られることも期待できます。

また、42度前後の高めのお湯になると、肌のバリアー機能である皮脂を取り過ぎてしまい、角質層の水分が蒸発し乾燥肌を促進してしまいます。

さらに、長い時間お湯に浸かることも、肌の保湿成分(セラミド)が流れ出す原因になりますので、5~10分程度の短めの入浴を心がけるようにしましょう。


敏感肌に効果的な洗い方


敏感肌もアトピー肌と同じように、肌に刺激や負担を与えないようやさしく丁寧に洗うことが大切です。

無添加で刺激のない石けんをよく泡立て、手にとってやさしく撫でるように洗うか、汗とほこり程度なら、ぬるま湯で洗い流すだけでも充分です。

また、タオルやスポンジなどでゴシゴシと肌をこすると、敏感な皮膚表面を傷つけてしまうので避けるようにしましょう。

敏感肌の場合は、背中だけは少しだけ皮膚が厚く、皮脂も多い部位ですので、タオルを使って洗うこともできます。
その場合も、なるべく綿や絹などの天然繊維で作られたボディタオルに石けんをよく泡立て、やさしく洗うようにしましょう。


ec93a3d348d0631e8cac97c1bf7a9637_s

入浴剤の選び方


敏感肌や乾燥肌の場合は、入浴剤を活用するのもおすすめです。

その際は、敏感肌・乾燥肌専用の入浴剤を選ぶと良いでしょう。
中でも、セラミドが配合された薬用入浴剤や、無添加のものが最適です。
オリーブ油や米ぬか油などの天然油も保湿成分を補ってくれる効果がありますので、好みによって選ぶと良いでしょう。

合成界面活性剤や合成香料などのケミカル成分は、肌への刺激となるため避けるのが無難です。
炭酸ガスは皮脂を取り除く作用があるため、こちらも避けるようにしましょう。

また、アロマの香りでリラックス効果を得たい場合は、洗面器にお湯を張ってお好きなエッセンシャルオイルを2~3滴入れ、浴室全体に香り成分を広げると良いでしょう。

湯船に直接オイルを入れると皮膚刺激になるだけでなく、湿疹や炎症を悪化させる場合もありますので、注意が必要です。


半身浴も効果的


敏感肌の改善には、半身浴をおこなうのも効果的です。

この場合は、ぬるめのお湯にみぞおちから下まで浸かり、20~30分程度かけてじっくりと汗を出すと良いでしょう。

体の芯から温まることで血行が良くなり、毛穴から老廃物が排出され、皮膚の代謝を促してくれます。

汗が出るとスッキリとしてリラックス・リフレッシュともに効果がありますので、ストレスや運動不足の解消にもぴったりです。

半身浴中は肩が冷えないようタオルをかけ、汗をかいた分の水分を補給することも大切です。


入浴後に気をつけること


お風呂から上がる前に、シャワーのお湯で全身を流すようにします。

最後に冷水シャワーをさっと浴びると、体の火照りを抑え、痒みを軽減する効果があります。

夏場は体が汗ばんでしまうので、扇風機やドライヤーの冷風を軽く当てて体温調節を心がけると良いでしょう。

そして、なるべくすぐに保湿剤やローションで潤いを補うようにし、肌表面から水分が蒸発するのを防ぐようにしましょう。


敏感肌用の保湿化粧水については、こちらに選りすぐった5点をご紹介していますので、よかったらご参考になさってください。

→ アトピー・敏感肌用の保湿化粧水/おすすめの選りすぐり5アイテムはこちら





スポンサーリンク