敏感肌におすすめの温泉と泉質は?

Pocket

63e49a67bb02c76ece5e417310304671_s

敏感肌に効果的な温泉は?


アトピー性皮膚炎には温泉の泉質別適応症(効能)として、硫黄泉酸性泉が良いことをご紹介しました。

→ アトピー性皮膚炎に効果的な温泉の泉質


では、敏感肌にはどんな温泉の泉質が効果的なのでしょうか?

アトピーの皮膚は、角質層を満たす成分セラミドを作りにくい状態なのに比べ、敏感肌は肌表面が薄くなり、バリア機能が充分でない状態です。


強アルカリ性泉を避けた方がよい理由


温泉は、酸性泉・弱酸性泉・中性泉・弱アルカリ性泉・アルカリ性泉と、pH値により性質が異なります。

敏感肌には、アルカリ性の強い温泉は肌トラブルを引き起こす場合があるので、避けた方が無難です。

アルカリ性泉は、単純温泉炭酸水素塩泉に多く、一般に「美肌の湯」「美人の湯」と謳われる温泉が多くあります。

それは、アルカリ性泉が肌表面の角質をやわらかくして落とすピーリング効果があるので、肌がすべすべになるためなのですが、敏感肌の場合はもともと角質が薄く刺激を受けやすいため、かえって潤いが奪われ、肌がヒリヒリしたり、乾燥して肌荒れの原因となってしまうのです。

敏感肌で美肌の湯に浸かりたいという場合は、弱アルカリ性の温泉を選ぶと良いでしょう。
弱アルカリ性の温泉なら、角質へのピーリング効果も優しく、肌の汚れを浮かせて取り除いてくれます。


e06cac5bb179411b4cdd9f155fe1b5e0_s

強酸性泉も避けた方が無難?


また、アトピーやニキビなどに効果的な酸性泉の温泉は、敏感肌の場合は弱酸性の温泉水を選ぶと良いでしょう。

肌は弱酸性なので、敏感肌にも安心して用いることができます。

逆に、強酸性泉は肌表面への殺菌作用があるため、敏感肌には刺激になる場合があります。

敏感肌の温泉入浴は、弱アルカリ性~弱酸性泉を選ぶのが良いということになります。

ただし、敏感肌といっても、その原因や症状は人によってさまざまです。
実際に温泉水を肌につけてみて、刺激がないかどうか、また入浴する時間や温度にも気をつけるなど、肌をいたわりながら、心地よく感じられる範囲に留めるようにしましょう。

また、心配な場合はかかりつけのお医者さんに相談するなど、自分に合った温泉入浴法を探してみることも大切です。


温泉から上がった後のスキンケア


敏感肌の場合も、温泉から上がる際にはシャワーで全身を流し、すぐに保湿をすることが大切です。

そして、保湿ローション、クリームなどで肌表面を保護し、水分の蒸発を防いで乾燥をケアをしましょう。


banner


スポンサーリンク