ビタミンEが乾燥肌に効果的?

Pocket

d048c5c5c41898c0641d2b61c4435fe0_s

ビタミンは身体にとって欠かせない栄養素ですが、中でもビタミンEは乾燥肌を改善する効果があるといわれています。

ビタミンEはどのようなはたらきを持っているのか、またどのように摂ればよいのかをこちらにご紹介してみたいと思います。


ビタミンEのはたらきと肌への効果とは?


ビタミンEといえば、アンチエイジングに効果があることで知られていますね。

それは、ビタミンEの持つ強い抗酸化作用と、末梢血管を広げ血行を良くする作用によるものです。

ビタミンEは、細胞を活性酸素から守るとともに、新陳代謝を活発にしてくれるはたらきがあります。

また、角質をやわらかくし、バリア機能を高めて保湿効果や抗炎症作用をもたらしてくれるので、乾燥肌には必須の栄養素といえるのです。

その抗酸化作用で紫外線の影響から肌を守り、老化の原因になる過酸化脂質を排除してシミやシワを予防する効果も。

また血行を促してくれるので、冷え症やしもやけ、肩こりや頭痛の改善にも効果があり、ホルモン分泌を促して女性特有の症状や更年期障害を和らげる作用もあります。

また、自律神経のバランスを整えてくれるので、ストレスが多い時にも役立ってくれます。

特にアトピー・敏感肌をお持ちの方は、ビタミンEを補うことが大切といえますね。


d0e86f14a6494ced7d311d8736d33a23_s

ビタミンEの上手な摂り方


ビタミンEは、身体の内側と外側の両方から摂ることができます。

身体の内側から摂るには、食べ物に含まれる栄養素を補うと良いでしょう。

ビタミンEを多く含む食材は、こちらになります。


<ビタミンEを多く含む食品>

アーモンド、ごま、くるみ、ナッツ類、大豆、アボカド、モロヘイヤ、大根、かぼちゃ、赤ピーマン、しそ、いくら、キングサーモン、ウナギ、イワシ、卵黄、ひまわり油など


ビタミンEを摂る際には、たんぱく質や他のビタミン類、ミネラルと同時に摂取することで全身にくまなく運ばれ、効果を発揮することができます。

ですので、毎日の食事からバランス良く摂ることが大切ですね。

また、ファストフードやインスタント食品、スナック菓子や清涼飲料水、砂糖などはビタミンEの吸収を妨げる要因になりますので、控える方が良いでしょう。


ビタミンEは脂溶性で肌への浸透力が良い性質を持つので、皮膚の上から直接つけても効果的に吸収され、乾燥肌の改善に役立ちます。

特に乾燥が気になる時は、ビタミンE配合のクリームや美容液を使用してスキンケアを行うと、肌のバリア機能を高めて角質の奥まで保湿し、乾燥肌を防いでくれますよ。

また、ビタミンCと一緒に肌に塗ることで、美白効果などの相乗効果も得られます。


いきいきとした肌に欠かせないビタミンEを、食べ物やスキンケア化粧品から上手に補って、乾燥に負けない肌に育てていきましょう。


banner



スポンサーリンク