ノブIII フェイスローションの成分と特徴について

2016-08-18_174915

ノブIII フェイスローションは、臨床皮膚医学に基づいて作られた、敏感肌用のスキンケア化粧水です。

皮膚科でも販売されていたり、お医者さんがアトピー関連書籍で紹介している例も多く、医学的にも理にかなった化粧水といえます。

ノブシリーズは1998年の発売以来、成分や処方のリニューアルを重ねながら、最新医学の知見や技術を取り入れています。
そして、ノブIIIは最新のシリーズとして敏感肌・乾燥肌の悩みに応えてくれます。


● 『セラミド液晶化技術』で浸透力アップ

ノブIIIシリーズの大きな特徴は、セラミド液晶化技術を採用していること。
肌のうるおい成分であるセラミド3を、皮膚内部と同じ構造にすることにより、浸透力がさらに高まりました。

また、スクワラン、アミノ酸といった美容成分が肌のバリア機能を高め、α-グルコシルグリセロール、グリセリン、ヒアルロン酸Naを保湿成分に加えました。

さらに、グリチルリチン酸ジカリウムを成分に配合しており、皮膚の炎症を鎮める効果も期待できます。

安全で効果的な成分なので、肌トラブルが現れている時にも毎日のケアで症状に穏やかに作用してくれます。

→ グリチルリチン酸ジカリウムのアトピー・敏感肌への効果とは


これらの相乗効果により、敏感肌・乾燥肌の角質層の奥まで水分を届け、しっかりと保護してうるおいを逃さないのです。

また、アルコールフリー・無香料・無着色の低刺激処方なので、アトピーや敏感肌にも安心して使えます。


乾燥や肌荒れが気になるという方は、ノブIII フェイスローションを一度試されてみてはいかがでしょうか。

初回はトライアルセットから試せるので、ご興味のある方は公式サイトの方をご覧になってみてください。


→ ノブIII フェイスローション(トライアルセット)公式サイトへ

ノブⅢ