コラーゲンの美容効果は嘘?本当?

e271c274fc94d2ade7b920388b1f9a12_s

美肌成分といえばコラーゲンという言葉が浮かぶ方は、多いのではないでしょうか。

化粧品のコマーシャルなどでも、コラーゲンが肌に良いという宣伝文句を目や耳にすることが多いですね。

一方で、コラーゲンの肌への効果は嘘なのでは?という懐疑的な見方もあるようです。

私たちは、このコラーゲンについてどれ位知っているでしょうか?

また、どうすればその効果を最大限に実感できるのでしょうか?

コラーゲンの肌への効果や摂取の仕方などについて、こちらにまとめてみたいと思います。


コラーゲンとは?


コラーゲンは、肌の表皮の下にある真皮のおよそ70%を占めるたんぱく質です。

また、身体を構成する成分としても30%という高い割合で存在し、細胞と細胞を結ぶはたらきを持っています。

関節が滑らかに動き、筋肉が伸びたり内臓や血管が柔軟に収縮するのは、このコラーゲンのはたらきによるものです。

また、細胞分裂や骨の形成にも関わっている、人体にとって欠かせない成分なのです。

そして、肌の真皮の中では網目状の組織となり、コラーゲンとエラスチンが協力して肌の弾力を保ったり、表皮に栄養を送る役目を果たしています。

コラーゲンは人の身体や肌の細胞を形成し、維持するためには大切な成分ですが、20歳頃から加齢と共に質・量ともに低下していきます。

そのため、肌の弾力や若々しさが失われ、肌のターンオーバーも乱れやすくなり、結果的に肌荒れや乾燥肌、シワやシミ、たるみなどが現れるようになるのです。

さらに、加齢や紫外線などの影響により体内に活性酸素が増えるため、コラーゲンの生成が充分ではなくなり、肌の老化と同様、関節や血管にも不調が起こりやすくなります。

コラーゲンは、私たちの美容や健康にとって、あらゆる影響を及ぼしている重要な成分といえます。


コラーゲンの肌への効果


私たちの細胞にとってなくてはならないコラーゲンですが、このコラーゲンを補うことで肌にはどれ位の効果があるのでしょうか。

コラーゲンの研究は広くおこなわれており、その効果も数多く実証されています。

次は、コラーゲンを継続的に摂取した効果の一例です。

・肌のコラーゲン密度の増加
・肌のキメの数の増加
・肌のハリと弾力の増加
・皮脂の分泌とうるおいの増加
・シワの減少
・血液中のコラーゲンの増加

また、肌以外のところにも効果が現れています。

・髪にハリやコシが出る
・爪が丈夫になる
・疲労回復
・活力が増す

一方で、コラーゲンを摂取しても肌への効果がないのではないかという反論も見られます。

これは、コラーゲンには高分子と低分子の違いがあるためです。

通常の食べ物などからコラーゲンを摂ると、体内でアミノ酸に分解され、また別のたんぱく質へと再合成されます。

そのため、コラーゲンそのものを体内ではたらかせるには、分子量を小さくした低分子コラーゲンを摂取する必要があるのです。

コラーゲンの中でも、コラーゲンペプチド(プロリルヒドリキシプロリン)という成分は体内でもアミノ酸に分解されず、そのまま吸収されることがわかってきました。

このコラーゲンペプチドが血中で線維芽細胞を増やし、その結果としてコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の産生を促すという説です。


コラーゲンの上手な摂り方


では、身体にとっても肌にとっても大切なコラーゲンは、どのように摂取するのが効果的なのでしょうか。

それには、次のような方法があります。


<食べ物から摂る>

コラーゲンを多く含む食品やコラーゲンの産生を促す食事を摂ることが、もっとも基本的な方法といえます。

近年巷では、コラーゲンが多く摂れる食品として、もつ鍋などが流行しています。

また、手羽先や牛すじ、豚足、鶏皮、鮭の皮、マグロのカマなどは、私たちにも比較的摂りやすい食材です。

コラーゲンの摂取以外にも、これらは身体を作るために良い食材なので、心がけて摂ると良いでしょう。

フカヒレやすっぽんなども良いとされていますが、高級食材なので食べる機会は少ないといえます。

ただ、他の食材と同様、摂り過ぎは逆効果になりますので、1日5~10gを目安にコラーゲンを補うようにすると良いでしょう。


e5db989a41738c3e21ca7461eed8aaa1_s

<サプリメントで補う>

食事以外では、ドリンクや錠剤、カプセルなどのサプリメントでコラーゲンを摂るのもひとつです。

サプリメントからの摂取でも、体内のコラーゲン合成が活発になるという研究結果が出されています。

コラーゲン摂取は毎日続けることが大切なので、サプリメントを補うことで乾燥肌や年齢肌の改善が期待できるでしょう。

その場合は、低分子コラーゲンや高配合のものなど、より美肌に有効とされるものを選ぶようにしましょう。

この時、動物性のコラーゲンか、海洋性のマリンコラーゲンが良いのかという選択がありますが、鶏に含まれるトリペプチドや豚由来のコラーゲンが最も有効とされています。

また、体内でコラーゲンを合成するにはビタミンCや鉄、亜鉛などの栄養素も必要になりますので、これらを配合したサプリメントならより高い効果が得られます。


サプリメントで補う場合は、就寝前に飲むのがもっとも効果的といわれています。

これは、22~2時の間、睡眠中に成長ホルモンの分泌がさかんになり、肌の代謝も活発になるためです。

睡眠不足や生活習慣の乱れは肌の大敵ですので、早寝早起きを心がけるようにしましょう。

コラーゲンの効果を最大限に引き出すには、飲むタイミングにも気を配ることが大切といえますね。

さらに、コラーゲンは継続して摂ることが必要になりますので、なるべく毎日、半年~1年は続けるようにしましょう。


<コラーゲン注射をおこなう>

もっとも早くコラーゲンの効果を期待するなら、美容外科や美容皮膚科などのクリニックでコラーゲン注射をおこなう方法もあります。

個人差はありますが、効果は半年~1年程度持続するとされています。


<スキンケア>

コラーゲンは保湿性に優れた成分で、化粧品にも配合されています。

化粧品でコラーゲンを肌に塗る効果は、肌表面の角質層の保湿を促し、キメを整えたり小ジワの改善などを期待するというものです。

また、コラーゲンではなくアミノ酸として化粧品に配合することで、コラーゲンの合成を促す化粧品もあります。

コラーゲンの性質を考えると、アミノ酸として角質への作用をもたらすのが最も効果的な方法といえるのかもしれません。


コラーゲンを摂る際の注意点


コラーゲン自体はもともと身体に存在している成分なので副作用はありませんが、過剰摂取は逆効果になります。

体内で分解・合成しきれないアミノ酸が、脂肪やセルライトの原因となる場合もありますので、1日5~10gの摂取量を守るようにしましょう。

また、コラーゲンは体内が酸化するとうまく合成できなくなりますので、ビタミンやミネラル、ポリフェノールなどの栄養素をを積極的に摂るようにし、食品添加物や糖分の多い食事を避けることが大切です。

そして、紫外線も肌の酸化を促進してしまいますので、肌を紫外線から守るように心がけましょう。


肌にも身体にも大切なコラーゲンについて見直し、上手に取り入れてますます健康的な美肌へと改善していきましょう。





スポンサーリンク