アトピー・敏感肌用化粧水のテクスチャーの違いは?

Pocket

80d3320a680ce1e81879c04319034a65_s

化粧水を選ぶ際には、使用感も大事なポイントです。

さっぱりとしたタイプが好みの方もいれば、とろみのあるタイプが好きな方もいらっしゃるでしょう。

当サイトでご紹介している5つのアトピー・敏感肌用化粧水は、それぞれどんな使用感が得られるのか、テクスチャーの違いをこちらにご紹介したいと思います。


<アトピー・敏感肌用化粧水のテクスチャー>

ノブIII フェイスローション R

テクスチャー/ さっぱりとしたタイプ

液晶化されたセラミド3を配合し、さっぱりとした無色透明のテクスチャーです。
肌につけると素早く浸透し、重ねづけをするともっちりとした高い保湿力が持続します。


ディセンシア つつむローションセラム

テクスチャー/ こくのあるタイプ

ヒト型ナノセラミドがたっぷり配合されているので、こくのあるテクスチャーになっています。
肌につけると、みずみずしく浸透していくのが特徴です。


潤静(うるしず)

テクスチャー/ とろみのあるタイプ

とろみのある濃厚なテクスチャーながら、肌に塗るとすぐにサラサラに。
べたつくことなく長時間潤いをキープします。


アルファピニ28エッセンスローション

テクスチャー/ ミストタイプ

さらっとした霧状のミストが肌にまんべんなく広がり、しっかり浸透していきます。
べたつき感はなく、しっとりとうるおいます。


Larネオナチュラル ヒーリングローション

テクスチャー/ さっぱりしたタイプ

サラサラとした水のような感触で、軽いつけ心地です。
浸透力があり、肌にべたつかないのも特徴です。



配合されている成分により、使用感もそれぞれ異なるようですね。

さっぱりタイプが好きか、とろみのあるタイプが好みか、テクスチャーから選んでみるのもひとつです。

よかったら、アトピー・敏感肌用化粧水を選ぶ際のご参考になさってください。


banner