アトピー・敏感肌へのラベンダーオイルの効果と使い方

Pocket

e4246c567d058f0a1cbfa8fb9d462bb9_s

前回ご紹介したティーツリーと並んで、よく用いられるのがラベンダーのアロマオイルです。

ラベンダーはティーツリーと同様、肌に直接つけることのできる精油(エッセンシャルオイル)です。

汎用性が高いことでも知られるラベンダーオイルですが、アトピー・敏感肌には、どのように使用するのが効果的なのでしょうか。

こちらにご紹介したいと思います。


ラベンダーの効果とは?


ラベンダーのいちばんの特徴は、なんといってもあの爽やかでフローラルな香りではないでしょうか。

ラベンダーの香りに包まれると、心地よいリラックス感を覚えます。

ラベンダーの精油は、この鎮静作用で神経のバランスを整えてくれるので、アトピー・敏感肌の原因となるストレスやかゆみから起こるイライラなど、自律神経の乱れに効果的です。

安眠効果も高く、就寝時に用いると自然な眠りへと導いてくれます。

また、抗菌作用や抗炎症作用、癒傷作用、鎮痛作用などがあり、やけどの応急処置に用いると効果的なことでも知られています。

さらに、皮脂のバランスを整え、皮膚の細胞成長促進作用があり、ニキビにも効果的にはたらきかけてくれます。

肌トラブルに役立つのはもちろん、他の精油ともブレンドがしやすいので、1つ常備しておくととても便利です。


ラベンダーオイルの種類


ラベンダーの精油には、多くの種類があります。

・Lavandula augustifolia
・Lavandula officinalis
・Lavandula vera
・真正ラベンダー
・イングリッシュ・ラベンダー

この中で、スキンケアに用いることができるのは、真正ラベンダーになります。

真正ラベンダーは他のラベンダーとは区別されるという意味で、抗菌作用や鎮静作用、神経のバランスを整える作用に優れます。

他のラベンダーよりも薬効が高いと捉えるとよいでしょう。

スキンケア用にラベンダーオイルを選ぶ際には、この真正ラベンダーを選ぶようにしましょう。


90c394a823cc12f358816d547366ae28_s

ラベンダーオイルの使い方


ラベンダーオイルは、原液のまま使用することも、また薄めて使うこともできます。

また、人によってはかぶれやアレルギーを起こす場合がありますので、パッチテストを行い、アトピー・敏感肌のスキンケアとして使う際には希釈して用いるようにしましょう。


<肌に直接塗布する>

ラベンダーオイルを原液のまま直接肌につける場合は、綿棒に1滴を染み込ませ、患部に塗布する方法があります。

また、コットンなどに1~2滴染み込ませても良いでしょう。

この時、量が多すぎるとかえって肌に刺激になりますので、少量を軽く肌表面につける程度に留めましょう。


<キャリアオイルで希釈する>

ラベンダーオイルをキャリアオイルで薄めると、肌の広い範囲に塗布することができます。

キャリアオイルには、ホホバオイルをはじめアーモンドオイル、ローズヒップオイル、オリーブオイルなどがありますので、自分の肌に合ったオイルを選ぶようにしましょう。

肌に用いる場合は、ラベンダーオイルを0.5~1%濃度に希釈するのが適量です。

例として、10mlのキャリアオイルに対し、ラベンダーオイル1~2滴を加える程度になります。

特に、顔に用いる場合は、刺激を避けるために希釈して使うようにしましょう。


<手作り化粧水に用いる>

ラベンダーオイルを水などで薄めて、ラベンダーの手作り化粧水を作ることもできます。

こちらに、その作り方をご紹介します。

【材料】
・スプレーボトル(100ml/遮光ガラス)
・植物性グリセリン(薬局で販売されているもの)
・精製水 or ミネラルウォーター(フローラルウォーター)
・ラベンダーオイル(精油)
・マドラーや竹串など

【作り方】
1. スプレーボトルにグリセリンを10~30ml程入れます

グリセリンが少なめならさっぱりと、多めにするとしっとりとした化粧水になります
肌の調子や好みに合わせて調節するようにしましょう

2. ラベンダーのエッセンシャルオイルを2~3滴垂らし、マドラーなどでよく混ぜます

3. 精製水を100mlの量まで入れます

4. ボトルをよく振った後、数時間置いてなじませます

※ 精製水とオイルは混じりにくいので、混ぜる順番を守るようにしましょう


<ラベンダーウォーターを使用する>

ラベンダーの精油を生成する際に副産物としてできるのが、ラベンダーウォーターです。

別名をフローラルウォーター・ハーブウォーター・芳香蒸留水とも言われます。

このラベンダーウォーターは、アロマ専門店やハーブショップ、またネットなどで手に入りますので、こちらを使用するのも便利でしょう。

植物の成分が希釈されているため、そのままたっぷりと肌につけることができますし、入浴剤として使うのもおすすめです。

香りも良く、化粧水を作る際の水の代わりにも使用できるので、1つあると幅広い使い道が楽しめます。


ラベンダーの注意点


ラベンダーオイルは汎用性の高いオイルですが、人によって合わない場合もあります。

必ずパッチテストをおこなってから使うようにし、肌に合わない場合は使用を中止しましょう。


ラベンダーオイルは、香りを漂わせるだけでも揮発性の成分が鼻から脳へ作用し、心地よさをもたらします。

就寝前に部屋にアロマディフューザーで香らせる、ティッシュやコットンに1滴垂らして枕元に置くだけでも、穏やかな眠りを助けてくれることでしょう。

また、ストレス時の対策にラベンダーオイルを持ち歩くのもおすすめです。

使用方法を守り、日常に上手に取り入れるようにしましょう。


banner