アトピー・敏感肌に爪もみが効果的?

Pocket

c7777aef7eca499d3463c7d29eca99ec_s

「爪もみ療法」というのをご存知ですか・・・?

爪もみ療法とは、あらゆる症状に効果的な、簡単セルフエクササイズです。

アトピー性皮膚炎にも効果があるといわれていますので、改善のためのひとつのサポートとして、こちらにご紹介したいと思いますのでご参考になさってください。

爪もみには、交感神経副交感神経のバランスを取り、自律神経を整えて免疫力を高めるはたらきがあるといいます。

自律神経が乱れると、アトピーをはじめとする様々な症状や疾患にかかりやすくなります。
そのため、爪もみが手軽に症状の根本原因に作用してくれることから、注目を集めるようになりました。

この爪もみ療法を考案したのは、日本自律神経免疫治療研究会の理事長をされている、福田稔医師です。

福田医師は、手足の爪の生え際や、全身の治療点を注射針やレーザーで刺激する「自律神経免疫療法」を行っています。

爪もみはその家庭版といえるもので、著書にも記されています。
また、爪もみを行うだけで病気や症状が改善した例も、数多く報告されています。

爪もみのやり方は、とても簡単です。


爪もみの方法


指の爪の生え際を、反対側の手の親指と人さし指で両側からつまみ、押しもみします。

この時、1本の指につき、10秒ずつ押していきます。

もみ方は、ギュッギュッと押しもみしても、ギューッと押し続けてもOKです。
「痛気持ちいい」程度の刺激が感じられるように、圧をかけると良いでしょう。

1日1~2回、毎日続けるのが効果的です。

下半身の症状を改善したい場合は、足の指も同じように爪もみをすると効果があります。

また、深呼吸をしながらゆったりと爪もみエクササイズをすると、心地よいリラックス感が得られ、ストレス解消にも効果的です。

子どもからお年寄りまで安全で手軽にできる方法なので、お風呂上りや寝る前などに取り入れるのがおすすめです。


0c0a8fee9d5f848a4197c4064a155ea4_s

爪もみの注意点


薬指だけは、交感神経を刺激する指なので、単独で刺激するのは避けましょう。
他の4本の指と一緒に刺激することで、全体に免疫力が高まることがわかっています。

また、爪もみをすると、一時的に痛みや症状の悪化が見られるケースがあります。
これは症状が改善するための反応ですので、心配せずに続けましょう。

爪もみはあくまでも健康のためのセルフエクササイズですので、食事や睡眠、運動などの生活習慣を整えることを心がけた上で行うことが大切です。


爪もみで白血球が増える?


福田医師が実際に行った研究では、爪もみをする前後では、白血球の数に特に大幅なちがいが見られました。

これは、両手すべての指に爪もみを行うことで、実際に免疫が高まった証拠といえます。


それぞれの指の効果


爪もみを行う指によって、次の効果があるといわれています。

● 親指

アトピー性皮膚炎、ぜんそく、咳、円形脱毛症、リウマチ、ガン、脳卒中など

● 人差し指

吐き気、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ストレス、眼精疲労など

● 中指

難聴、耳鳴り、不眠症など

● 薬指

アレルギー、アトピー性皮膚炎、うつ病、頭痛、耳鳴り、高血圧、肌荒れなど

● 小指

更年期障害、生理痛、不安神経症、うつ病、顔面神経麻痺、メニエール病、
耳鳴り、不眠、脳梗塞、パーキンソン病、高血圧、糖尿病、腰痛、肩こり、
肝炎、頻尿、手足のしびれなど


時間も場所も問わず、道具も使わずに一人でできるセルフエクササイズなので、アトピー・敏感肌の改善はもちろん、毎日の健康維持のためにぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。


banner



スポンサーリンク