アトピー・敏感肌に効果的な紫外線対策は?

Pocket

52eb780f84806e04d17de5665a1f124f_s

アトピー・敏感肌に紫外線・UV対策が重要というのは、多くの方がご存知ですね。

アトピー肌は、角質層のセラミドを作り出しにくいために肌が乾燥しやすく、敏感肌も皮膚表面が薄くなっているために肌のバリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすくなっています。

どちらも、肌を守る水分が不足しているため、通常より紫外線のダメージを受けやすくなっている状態といえます。

また、地球環境の変化による紫外線の影響は、年々増していると言われています。

昔は、外で日光を浴びるのが健康に良いとされてきましたが、今は、直射日光を浴びるには注意が必要になっています。

特に、紫外線が多くなる春先から夏は、しっかりとケアをしたいものです。


アトピー・敏感肌と紫外線


アトピー・敏感肌は皮膚のバリア機能が低下しており、そこに紫外線を浴びるとさらにバリア機能が破壊され、肌の乾燥やトラブルを招きやすくなります。

肌のバリア機能が低下すると、外部からの刺激を受けやすくなるため、ホコリやハウスダスト、ダニやカビ、細菌の侵入を許しやすくなってしまいます。

免疫力が低下している肌がそれらの刺激を受けると、感染症などにもかかりやすくなります。

また、アトピー・敏感肌は日焼けによる炎症を起こしやすく、さらに症状を悪化させて紫外線による色素沈着や、シワ・シミなどの原因を生み出すこともあります。

これらの紫外線からの影響をしっかりと防ぎ、肌を守る対策をしていきましょう。


アトピー・敏感肌に効果的な紫外線・UVクリームは?


アトピー・敏感肌にとって、紫外線・UV対策クリームや乳液は一年を通して強い味方になってくれます。

ただ、それらを選ぶ際には、いくつか注意点があるので、知っておくと良いでしょう。


アトピーや敏感肌には、刺激の少ない紫外線・UV対策クリームや乳液を選ぶことが重要です。

それには、紫外線吸収剤を使用した日焼け止めを避けるようにしたいものです。

紫外線吸収剤は、紫外線カット効果が高く、使用感の良さも特徴ですが、紫外線吸収時に化学反応を起こすため、これが皮膚に負担をかける原因となります。

一般の紫外線・UV対策クリームは、この紫外線吸収剤を使用しているものが殆どですので、選ぶ際には、「紫外線吸収剤不使用」「紫外線吸収剤フリー」と表記されているかどうかを、しっかりとチェックしましょう。


アトピー・敏感肌にも刺激が少ないのは、紫外線散乱剤(紫外線反射剤)を配合した日焼け止めです。

酸化チタンや酸化亜鉛といった成分が配合されており、これらが皮膚表面で紫外線をはね返すため、肌への負担は軽くなります。


最近は、紫外線吸収剤を使用しないノンケミカル処方でも、SPF25~30/PA++以上の紫外線・UV対策クリームや乳液が登場しています。

SPF50/PA++以上の日焼け止めも見かけますが、SPF25/PA++程度でも充分な紫外線カット効果があります。

また、日焼け止めは汗や皮脂により効き目が弱まっていくので、2~3時間おきに塗り直すなど、こまめなケアをすることが大切です。

この時、顔だけでなく首やデコルテ、耳の後ろなど、肌が露出している部分にまんべんなく伸ばすようにしましょう。

さらに、手のひらに多めの日焼け止め(クリームならパール2個分、乳液なら500円玉大)を取り、たっぷりの量を使用することもポイントです。


ただし、アトピー・敏感肌の症状が悪化している時には、かかりつけのお医者さんに相談してから、紫外線・UV対策クリームを使うようにしましょう。

また、使用前にはアレルギー反応を起こさないかどうか、必ずパッチテストを行ってから使用するようにしてください。


a9e201f115095340279921663f0568a1_s

アトピー・敏感肌に効果的な紫外線対策は?


地表に降り注ぐ紫外線は、午前10時~午後2時頃が最も多いと言われています。
この時間帯はなるべく外出を避け、直射日光を浴びないように気をつけることも大切です。

また、紫外線は窓ガラスを通して室内や車内にも影響を及ぼします。
日中でもカーテンやブラインドを閉めて紫外線の影響を防いだり、車内ではサングラスを着用するなど、常に注意を心がけると良いでしょう。

海や山など、赤道に近い所や標高の高い場所は、太陽と距離が近づくために特に紫外線量が多くなります。

また、ビーチや雪原は通常よりも地上からの照り返しが強くなり、日焼けを起こしやすくなることも知られています。


そして、太陽が出ていない時も紫外線は届いています。

曇りでは約60%、雨では約30%の紫外線が降り注いでいると言われていますので、日焼け止めや日傘、帽子、衣服やサングラス、メイクなどで紫外線を防ぐ対策を忘れないようにしましょう。

UVカット加工の日傘や衣類、肌着や小物なども手に入るので、日頃から紫外線対策を心がけたアイテムを選ぶようにすると良いでしょう。

帽子はなるべくつば広のものを選び、顔や首回りをしっかりと保護してくれるものを選ぶと安心です。

また、紫外線対策ののスカーフやグローブ(手袋)、カーディガンやアームカバーなどもあるので、外出の時にはこれらを身に付けたり、携帯するのもひとつです。


メイクは、パウダーファンデーションを使うのがおすすめです。
ファンデーションにもUVカット効果を持つものが多く、細かな粒子が肌の上で紫外線をブロックしてくれます。

また、最近ではUVカットスプレーなども手に入るので、衣服の上から吹き付けるのも効果的です。


紫外線を浴びてしまったら?


紫外線を浴びて日焼けを起こしてしまったら、すぐに患部を冷やし、炎症を抑えることが大切です。

続いて、ローションなどで保湿スキンケアをしましょう。

また、食事やサプリメントなどでビタミンやミネラルを多めに摂り、体の内側から免疫力を高めることも大切です。


アトピーや敏感肌をお持ちの方は、もともと身体の免疫力が低下して肌が敏感になっている場合が多いもの。

根本的に体質を見直すことも大切です。

免疫のしくみや免疫力を高める方法についてはこちらにご紹介していますので、よかったらご参考になさってください。

→ 免疫力を高める方法とサプリメントでアトピー・敏感肌を改善できる?


また、水ぶくれなどが出て症状が重い場合は、お医者さんの診察を受けることが必要です。

くれぐれも放っておかないように、早目に対処するようにしましょう。


アトピー・敏感肌の保湿スキンケア


アトピー・敏感肌の紫外線・UV対策には、普段から適切な保湿スキンケアをすることが大切です。

特に、角質層のセラミドをしっかりと補うことで、肌の回復力やバリア機能を高めることができます。

このセラミドを効果的に補う保湿スキンケアを、より一層心がけるようにしましょう。

→ セラミド保湿のスキンケア化粧水(フェイスケア)はこちら

→ セラミド保湿のスキンケア化粧水(フェイスケア・ボディケア)はこちら


また、グリチルリチン酸ジカリウムを成分に配合した化粧水は、皮膚の炎症を鎮める効果も期待できます。

皮膚科でも処方されるほど安全で効果的な成分なので、紫外線による肌トラブルが現れている時にも、毎日のケアで症状に穏やかに作用してくれます。

→ グリチルリチン酸ジカリウムのアトピー・敏感肌への効果とは


また、シアバターはアトピー・敏感肌にすぐれた保湿剤として活用できるほか、UVクリーム化粧下地の代わりにも使用できます。

→ シアバターの保湿効果とアトピー・敏感肌への使い方


よかったら、併せてご参考になさってください。


banner



スポンサーリンク