アトピー・敏感肌に効くキャリアオイルの種類

9111899730c2e49d1f0606ed9e611c64_s

アトピー・敏感肌に効果的なアロマオイル(精油)やフローラルウォーターについて、別の記事にてご紹介しました。

→ アトピー・敏感肌へのティーツリーオイルの使い方

→ アトピー・敏感肌にも効果的なフローラルウォーター


アロマテラピーでもう1つ欠かせないのが、キャリアオイルです。

今回は、アトピー・敏感肌に効くキャリアオイルについてご紹介していきたいと思います。


目次




キャリアオイルとは?


キャリアオイルとは、植物から採取される油や脂肪、ワックスのことをいいます。

私たちに身近なオリーブオイルやセサミオイル(ゴマ油)、ベニバナ油のなども植物油の一種です。

この中でも、特にマッサージなどのベースとして使用する油脂を、キャリアオイルと呼んでいます。

アロマの精油(エッセンシャルオイル)を直接肌に付けることはタブーとされていますが、これらの植物油で希釈することで、スキンケアやマッサージにも用いることができるようになります。

キャリアとは「運ぶ(carry)」の意味で、精油の有効成分を皮膚へ運ぶことから、キャリアオイルと呼ばれるようになりました。


キャリアオイルは、アロマテラピーやハーブの専門ショップなどで手に入れることができます。

植物によってキャリアオイルにも多様な種類があり、その効果効能も異なりますので、目的に合ったオイルを選ぶようにしましょう。

また、直接肌に触れるものですので、添加物が入っていないことはもちろん、安全で高品質のものを選ぶことが大切です。

その基準としては、100%天然かどうか、低温圧搾法(コールドプレス)で抽出されたものかどうかをチェックすると良いでしょう。


キャリアオイルには未精製のものと、精製されたものがあり、未精製の方がより天然に近く成分も濃縮されています。

しかし、場合によっては酸化しやすく、刺激を起こしやすいこともあるため、肌に合うことを確かめてから選ぶのが無難です。

また、精製されたものは酸化しにくい一方で、含まれている成分が少なかったり、添加物を使用している場合がありますので、こちらもよく確かめて選ぶようにしましょう。


efe2128f3e9b4f3f1e7405508cbbd956_s

アトピー・敏感肌に効果的なキャリアオイルの種類は?


アトピー・敏感肌に効果的なキャリアオイルは、次の3種類です。


<ホホバオイル>

ホホバは半砂漠地帯に生える藻木で、アメリカ・アリゾナ砂漠のものが良質と言われています。

ホホバオイルは、あらゆる用途に使える万能オイルです。

ワックスエステルという成分が多く含まれており、低温(5℃以下)になると固まる性質を持ちますが、常温で液体に戻ります。

保湿性にすぐれ、皮脂の分泌を調整する作用があるため、乾燥肌や脂性肌などの全ての肌質に用いることができます。

特に、肌の炎症やニキビ、脂性肌に対して有効とされており、紫外線防止や肌のターンオーバーを助けることから、シワやシミの予防などアンチエイジングにも役立てられています。

また、アトピーの原因のひとつといわれる、黄色ブドウ球菌の繁殖を抑える作用でも知られています。

ホホバオイルは浸透力がよいのでベタつかず、無臭なので使い勝手の良さも特徴。

汎用性も広く、赤ちゃんからお年寄りまで、顔や全身のスキンケアからヘアケア、頭皮ケアまで様々な用途に使用できます。

他のキャリアオイルとのブレンドもしやすく、マッサージに用いると肌の滑りを軽くしてくれます。

ホホバオイルは酸化しにくく1年程度は品質を保てるため、1つ常備しておくと長く使用できて重宝します。


こちらは、NATURAL ORCHESTRAの高品質「オーガニックホホバオイル」
です。

なるべく安心安全な品質の良いものを選びたいものですね。







<月見草オイル(イブニングプリムローズオイル)>





イブニングプリムローズオイル(月見草オイル)は、皮膚の再生に不可欠なγ-リノレン酸を豊富に含んでいるのが特徴です。

γ-リノレン酸は、新陳代謝を活発にし、免疫力を向上させる働きがあるため、アトピー性皮膚炎に効果的とさています。

また、炎症を抑えることから肌のかゆみにも効果を発揮し、保湿力にすぐれているので敏感肌にも使用できます。

実際、ヨーロッパでは、イブニングプリムローズオイルがアトピーの治療に用いられているそうです。

イブニングプリムローズオイルを用いる際は、他のオイルに10%位加えて使用するのが適量です。

ただし酸化しやすいオイルなので、使用期限を守り、保存には注意をしましょう。


γ-リノレン酸にはホルモンの分泌を調整する作用もあるので、月経痛やPMS、更年期障害などの女性特有の症状にも有効とされ、サプリメントとしても活用されています。

ただし、てんかんの方は使用を避けたほうが良いとされています。


<ボリジオイル>





ボリジオイルにもγ-リノレン酸が豊富に含まれており、アンチエイジングの美容オイルとして利用されています。

成分と作用が似ていることから、イブニングプリムローズオイルの代替用としても使用されています。

肌のバリアー機能を高め、新陳代謝を促してくれることから、アトピー・敏感肌にも効果的です。

ただ、こちらも酸化しやすいため、使用期限を守って用いるようにしましょう。

冷蔵庫や冷暗所に保管し、1ヶ月以内に使い切るのが目安です。


キャリアオイルの使い方


肌に用いる際は、キャリアオイルに対し、アロマの精油を0.5~1%濃度に希釈して使用するのが基本です。

例として、50mlのキャリアオイルに対し、精油を5~10滴を加える程度になります。


こちらに、アトピー・敏感肌に効果的なマッサージオイルのブレンドをご紹介しますので、ひとつのご参考になさってください。

<マッサージオイルのブレンド>
・ホホバオイル 40ml
・イブニングプリムローズオイル 5ml
・ボリジオイル 5ml
・ローマンカモミール精油 1~2滴
・ラベンダー精油 4~8滴

上記を遮光瓶などに入れて、よく混ぜて使用します。


キャリアオイルを使用する際の注意点


肌に安全なキャリアオイルですが、なんらかのアレルギーや疾患がある場合は、刺激を起こす場合があります。

かならずパッチテストをおこなってから使用するようにしましょう。

3歳以下のお子さんには精油が刺激になりやすいため、キャリアオイルのみを使用するようにしましょう。

使用期限を守り、保管には注意をして、なるべく早めに使い切るようにしましょう。

→ アトピー・敏感肌に効果的な保湿化粧水を選りすぐりでご紹介しています


banner


スポンサーリンク