アトピー・敏感肌にヨーグルトは効果的?

fed826e02ef920b8063aecf82ffe2a39_s

健康やアレルギーの体質改善に良いとされるヨーグルトですが、アトピー性皮膚炎や敏感肌にも効果があるのか気になるところですね。

ヨーグルトは乳製品なので、もしかして症状が悪化するのでは・・・?という心配もあるかもしれません。

また、ヨーグルトといっても多くの種類がありますので、どれを選んだら良いのか迷ってしまうこともあると思います。

そんなアトピー・敏感肌とヨーグルトの関係について調べてみました。

身体のためにおいしくヨーグルトを取り入れられるよう、よかったらご参考になさってください。


アトピー・敏感肌とヨーグルトの健康効果


ヨーグルトが身体に良いと言われるのは、ヨーグルトに含まれる乳酸菌ビフィズス菌の効果によるものです。

乳酸菌やビフィズス菌は、腸内環境を整えて善玉菌を増やしてくれるはたらきがあります。

腸内環境が良くなると、お通じが改善されて身体から不要な老廃物が排出されますので、きれいな血液が身体に送られるようになるのです。

そのため、身体のすみずみまで酸素や栄養が行き渡り、皮膚の角質層の水分量の低下を防ぐことにつながります。

その結果、免疫力が高まり、アトピー・敏感肌が改善されるなどの効果が期待できるようになります。

また、ヨーグルトにはアレルギーの抑制作用もあるため、ヨーグルトのはたらきにより腸内環境が良くなると、アレルギーの原因が抑えられることも。

一方、ヨーグルトは乳酸菌やビフィズス菌のはたらきで腸内環境を整え、免疫力アップが期待できますが、だからといって、直接アトピー・敏感肌に効果があるとは言い切れないところがあります。

アトピー・敏感肌の症状や原因は人によって様々なので、まずは自分に合いそうな種類のヨーグルトを実際に試してみて、効果があるかどうか、逆に症状が悪化しないかどうかを確かめてみることが大切です。


アトピー・敏感肌に効果的なヨーグルトは?


ヨーグルトに含まれている乳酸菌・ビフィズス菌には様々な種類があり、それらを効果的に活かしたヨーグルト製品が気軽に手に入ります。

中でも、アトピー・敏感肌に効果が期待できる種類はこちらになります。

・LGG菌(タカナシ ヨーグルト おなかへGG!)
・L-55乳酸菌(オハヨー乳業 L-55生乳ヨーグルト)
・KW乳酸菌(小岩井KW乳酸菌ヨーグルト)
・クレモリス菌(カスピ海ヨーグルト・天使のヨーグルト)

上記の中で、「タカナシ ヨーグルト おなかへGG!」を実際に摂った方からの口コミ感想をご紹介してみたいと思います。

「子供(高校生)のアトピーが悪化しているときに目に見えて効果がありました。

今年の冬は寒いうえに乾燥がひどくて、肌の機能がいつも以上についていけないのか全身に酷く症状がでて、ここ何年かで最悪の調子でした。

2月後半からこのヨーグルトを食べ続けています(他の食生活はあいかわらず、肉もスナック菓子も清涼飲料水もやめていません)が、明らかに肌の様子が改善されています。

毎年真冬の一番寒い時期から梅雨明けまではほかの時季より良くない状態が続くのですが、4月初めくらいから改善されはじめて現在かなり良い状態で落ち着いています。

もちろん他人が見ればすぐにアトピーだとわかると思いますが、皮膚がエンドレスでボロボロ落ちる状態ではなくなり、顔のじゅくじゅくと腫れが引いたのはありがたいことです。

アトピーって一言でくくられていますが、原因は人によってそれぞれ違うし、たまたまうちの子にはあっていたのかもしれませんので参考までに。

好き嫌いが多く、酸味のあるヨーグルトだと絶対に食べようとしない子なので、味を気に入ってくれて毎日食べ続けることに抵抗しないだけで大変気が楽です。」
(※楽天みんなのレビューより抜粋)


941a5700ab6dbbc4db66a0b8275672ba_s

効果的なヨーグルトの摂り方と注意点


ヨーグルトの効果を引き出すには、食べ方のポイントを押さえることも大切です。

こちらが、そのポイントになります。

・空腹時を避けて、食後に摂るのが良い(例外もあり)
・一日およそ200g摂ると良い
・無糖タイプを選ぶと良い
・過剰に摂り過ぎないようにする

ヨーグルトを食後に摂った方が良いのは、空腹時は胃酸が出やすく、生きた乳酸菌が腸まで届きにくいためです。

ただ、ヨーグルトの種類によっては、食前に摂った方が良いものもありますので、使い分けるようにすると良いでしょう。


一日およそ200g摂るというのは、目安になります。

摂取する量が少ないと、乳酸菌の効果が得られにくくなりますので、ある程度の量を摂るように心がけたいものです。

また、ヨーグルトも乳製品ですので、乳製品にアレルギーを持っている場合は、摂り過ぎると症状が悪化するおそれがあります。

自分に合った量を加減しながら、調整すると良いでしょう。

もし、アトピー・敏感肌の症状が改善しない、かゆみや炎症が増したという場合は、乳製品アレルギーを疑った方が良いかもしれません。

その場合は、医療機関でアレルギーチェックを受けることをおすすめします。


また、アトピー・敏感肌にとっては、砂糖がかゆみや炎症の原因になることがあります。

無糖タイプを選ぶようにして、甘味が欲しい時はオリゴ糖やはちみつなどを加えると相乗効果になるでしょう。


ヨーグルトが合わない時は?


乳製品アレルギーなどでヨーグルトが身体に合わない、という場合は、発酵食品にも乳酸菌が含まれています。

納豆やぬか漬け、キムチ、味噌など、身近な発酵食品を摂るようにし、腸内環境を整えると良いでしょう。

そのためには、洋食より和食を選び、コンビニやファストフード、レトルトやスナック菓子などの添加物の多い食品を避けるようにしましょう。


以上、ヨーグルトを摂る際のご参考になさってください。

→ アトピー・敏感肌に効果的な保湿化粧品をご紹介しています


banner