アトピー・敏感肌にも効果的なフローラルウォーター

Pocket

63172039ebaf4cad675710572b6b478d_s

アトピー・敏感肌の症状が起こっている時、アロマオイルよりもフローラルウォーターを使用するのが効果的な場合があります。

アロマの精油(エッセンシャルオイル)は成分が濃縮されているために、場合によっては肌に刺激を起こすことがあり、使い方にも気をつける必要があります。

フローラルウォーターなら、ハーブの持つ効果を安全に気軽に活用することができるのです。

こちらに、アトピー・敏感肌に有効なフローラルウォーターについてご紹介してみましょう。


目次




フローラルウォーターとは?


フローラルウォーターは、ハーブウォーター、芳香蒸留水とも呼ばれています。

主に、植物から精油(エッセンシャルオイル)を採取する時にできる副産物で、精油と同じ芳香成分を微量に含んでいます。

フローラルウォーターは、成分が水に溶け込んでいるために分離せず、精油に比べると濃度がかなり低いため、安全に用いることができます。

アトピー・敏感肌は肌のバリアー機能が低下して刺激を受けやすいため、精油を使ったトリートメントよりも、微量ながら芳香成分の含まれている フローラルウォーターの方が使いやすいといえるでしょう。


d2964d9b12dd717afb0dc5f95e3f05b1_s

アトピー・敏感肌に効果的なフローラルウォーターは?


こちらが、アトピー・敏感肌に効果的なフローラルウォーターになります。


<カモミールウォーター>

カモミールウォーターには、アトピー・敏感肌の痒みを止める作用があるとされています。

カモミールは抗炎症作用と保湿作用、鎮静作用に優れており、皮膚炎を鎮めてくれる効果を持つためです。

また、肌の色素沈着を改善してくれる効果や、ニキビへの効果も期待できます。


<ラベンダーウォーター>

ラベンダーは清冽でフローラルな香りを持ち、汎用性の広いハーブとして古くから用いられてきました。

ラベンダーのフローラルウォーターには、精油と同じくリナロールという成分が多く含まれており、保湿作用や炎症を抑える作用に優れます。

また、収れん作用、殺菌作用もあるため、皮脂を抑え、ニキビや日焼け後のケアにも効果を発揮してくれます。

ラベンダーの芳香成分はリラックス作用が高いことでも知られ、就寝時に用いると安眠効果が得られます。


<ティーツリーウォーター>

ティーツリーはオーストラリアに自生するハーブで、幅広い薬効があることでも知られ、古くから様々な場面に用いられてきました。

特に、皮膚への殺菌作用、抗ウイルス作用が高く、アトピー・敏感肌にも頻繁に使用されるハーブです。

ラベンダーとティーツリーは、精油を肌に直接付けることができるほど安全で使いやすいため、一家に1つ常備しておくととても便利です。

また、ティーツリーの精油は森林浴のような爽やかな香りを持ち、心身に活力を与えてくれます。


<ローズウォーター>

ローズウォーターは保湿や美肌効果に優れ、リラックスやホルモンバランスの調整作用を持ちます。

そのかぐわしい芳香と整肌効果から、化粧品などにも使用されている代表的なフローラルウォーターです。


<ネロリウォーター>

ネロリウォーターは、肌のキメを整えて正常な状態に戻してくれる作用があります。

ピーリング効果があるので、肌の再生や若返り効果のほか、炎症を抑えたり、引き締め作用も併せ持ちます。

ビターオレンジの花から採取した芳香成分は爽やかで甘く上品な香りで、男性のスキンケア用としてもおすすめです。

また、心を穏やかにし、イライラやストレスを和らげてくれます。


<ローズマリーウォーター>

ローズマリーウォーターには、余分な皮脂の分泌を抑え、血行を良くして新陳代謝を促す作用があるとされています。

スキンケアに用いると肌を引き締め、肌荒れやニキビを防いでくれます。

独特の爽やかでスパイシーな香りは、料理にもよく使われ、胃腸のはたらきを活発にしてくれます。

また、心にも活力を与え、現実感を取り戻すよう助けてくれます。


フローラルウォーターの使い方


フローラルウォーターは水が主成分なので、そのまま直接肌に付けることができ、たっぷりと使用することができます。

精油成分はごく微量なので、子どもに使用しても安全です。

アトピー・敏感肌の場合は、フローラルウォーターを痒みや炎症のある部分に直接スプレーしたり、コットンにたっぷりと含ませてパッティングするなどして使用すると良いでしょう。

洗顔後や入浴後は、化粧水やクリーム、ワセリンなどでスキンケアをする前にシュッシュッと吹きかけると、相乗効果で保湿力が高まります。

または、フローラルウォーターを50ml程度浴槽に入れ、入浴剤として使用するのもおすすめです。

他には、小さなスプレーボトルに詰め替えて、外出先や旅先でも手軽に使用ができます。


フローラルウォーターの注意点


フローラルウォーターは無添加のため、精油よりも保存期間は短くなります。

また、高温多湿などの環境ではすぐに劣化してしまうため、冷蔵庫や冷暗所に保管し、早めに使い切るようにしましょう。

肌が過敏になっている場合は、パッチテストを行ってから使用するようにしましょう。


ハーブウォーターを使用したアトピー・敏感肌用の化粧品


フローラルウォーターやハーブウォーターを使用したアトピー・敏感肌用化粧品も開発されていますので、こちらに高品質でおすすめの化粧水をご紹介します。

アルファピニ28エッセンスローションは、クマタケランという植物のハーブウォーターを主成分にしたスキンケア化粧水。

セラミドを含んでいるので、アトピー・敏感肌のケアにも効果的です。

ミストタイプなので、持ち歩いていつでも手軽に使うことができます。

→ アルファピニ28エッセンスローションについてはこちら






→ アトピー・敏感肌に効果的な保湿化粧水を選りすぐりでご紹介しています


banner



スポンサーリンク