肌がチクチクしないおすすめのタオルとは

f040b0b388e340ef1097007bb4476c30_s

私たちの日常で、タオルは欠かせないものです。

朝は洗顔後に顔に使用し、日中は手を洗った後や汗をかいた後に水分を拭き、夜はお風呂から上がった後に全身を拭い、夜中はタオルケットや枕カバーとして長時間肌に触れている・・・。

また、タオル地の衣服やパジャマなどは、半日くらい身に着けていることもあります。

こうして見ると、タオルは毎日何度も肌に触れる、とても身近なものといえますね。

アトピー・敏感肌の方は、直接肌に触れるものから刺激を受けやすいため、このタオル選びがとても重要です。

アトピー・敏感肌に良いタオル・良くないタオルとはどのようなものがあるのでしょうか。


目次




コットンタオルのメリット・デメリット


私たちが普段使っているタオルの多くは、コットンで作られています。

コットンは天然素材の木綿から作られているので、肌にやさしいことでも知られていますね。

汗や水分を吸収しやすい繊維で、肌触りもソフトです。

中でも、オーガニックコットンは上質で安全性が高いため、アトピー・敏感肌の方や赤ちゃんにも良いとされています。

さらに、普通のコットンよりもふんわりとした肌触りの良さも感じられます。


しかし、コットンタオルには気をつけた方が良い点もあります。

綿の特徴として、水分や汗を吸収しやすいのですが、放湿性はあまり良くありません。

綿のバスタオルや衣類などを洗濯すると、乾くのに意外と時間がかかってしまいます。

また、梅雨時期などは、濡れたままのタオルに雑菌が繁殖しやすく、変色やニオイの原因にもなりがちです。


そして、タオルは通常パイル織りという、表面に細かいループを施した生地を使用しています。

このパイル地が肌に触れることで、アトピー・敏感肌にとっては刺激になってしまうのです。

衣服や寝具が肌に触れてかゆみが悪化するという場合は、このパイル地や生地の毛羽立ちが刺激になっていないかどうかを確かめると良いですね。

さらに、蛍光染料が肌に刺激を起こすこともあるので、化学的な染料を使用してないことも大切なポイントです。


e4e65134a36ed1c7eecb2ca11ac35f65_s

アトピー・敏感肌に良いタオルとは?


アトピー・敏感肌には、上質の天然素材を使用していることはもちろん、表面の毛羽立ちが少なく放湿性にすぐれ、蛍光染料を使用していないものが肌に良いタオルといえます。

そのためには、次のようなタオルがおすすめです。


<ワッフルタオル>

ワッフルタオルは、表面がワッフルのように凹凸になった織り方で作られたタオルで、肌の表面に触れる部分が少ないのでさらっとした感触になっています。

また、毛羽立ちが少ないので肌への刺激もあまりなく、吸水性・放湿性ともにすぐれています。

高級タオルで知られる今治産や、オーガニックで作られたワッフルタオルなどもありますので、上質なものが一枚手元にあると長く使えて重宝です。


<ガーゼタオル>

ガーゼタオルは、表はガーゼ、裏はパイルの二重織りになったタオルです。

ガーゼにパイルを組み合わせることで、刺激のないやさしい肌触りと、ふんわりとした質感の両方を兼ね備えることができます。

また、吸水性と速乾性にもすぐれ、梅雨の時期や夏場にもぴったりです。

こちらのガーゼタオルも、今治産やオーガニックタオルを選ぶとさらに安心です。


<リネンタオル>

リネン(麻)を使用したタオルは、吸水性と放湿性、速乾性のどれも優れており、アトピー・敏感肌にはおすすめです。

麻は繊維の中心が空洞になっており、通気性が良くさらっとした肌触りの天然素材です。

平織りやワッフル織りで作られたリネンタオルなら、肌にも刺激が少なく、安心して使えますね。

また、リネンは洗濯するほどに繊維がくたっと馴染み、肌触りが良くなっていきます。

リネン素材は、ひんやりとした冷感があるため、夏用の素材としては最適で、タオルとしての使用はもちろん、衣服や下着、シーツやガーゼケット、枕カバー、パジャマなどの寝具に用いると、快適な寝心地が得られることでしょう。

ただ、リネンにはシワになりやすい特徴があるため、場合によってはアイロンを当てる必要がありますので、扱いやすさを考えるなら、コットンとリネンの混紡を選ぶのもひとつです。

こちらのリネンタオルも、今治産やリネン専門店でオーガニックタオルが手に入ります。


<BMK(バイオメディカルコットン)タオル>

BMK(バイオメディカルコットン)とは、アトピー・敏感肌への刺激を考えて作られた特殊加工のコットン繊維で、コットンを使用していながら、放湿性の良さも実現しています。

タオルや肌着など、様々なアイテムが開発されているので、こちらを使用するのも肌に安心といえます。


少しでも肌がちくちくしたり、かゆみが悪化するようなら、肌に触れるタオルや衣服を見直すこともひとつのポイントといえます。

タオルや肌着を見直すだけで、アトピー・敏感肌が改善するケースも少なくありません。

そのためにも、肌に良い繊維を知っておき、賢く心地よく活用していきましょう。

→ アトピー・敏感肌に効果的な保湿化粧水はこちら

banner


スポンサーリンク