アトピー・敏感肌とティーツリーオイルの使い方

Pocket

9f97814082657d96773cbd984fb9512d_s

アロマの香りには、リラックスやリフレッシュ効果があることで知られており、また、植物の精油であるエッセンシャルオイルはそれぞれに効能を持っています。

その中でも、ティーツリーは万能性が高いことで知られており、アトピーや敏感肌にも効果的に用いることができます。

どのようにティーツリーオイルを日常に取り入れたらよいか、またその注意点などについてこちらにまとめてみましたので、よかったらご参考になさってください。


ティーツリーの効用とは?


ティーツリーは、原産地のオーストラリアでは古くから傷の治療や感染症の予防などに用いられ、殺菌作用・抗真菌作用などが主な効能として知られています。

エッセンシャルオイルはスーッとした爽やかな香りを持ち、気分をリフレッシュさせてくれます。

ティーツリーオイルはラベンダーと並んで汎用性が高く、医薬品にも匹敵するほどの薬効と副作用を併せ持ち、またアロマの定番ともいえる万能オイルなので、アロマ初心者の方にもおすすめです。


ティーツリーのアトピー・敏感肌への効果


ティーツリーは肌に塗っても刺激が少ないため、アトピーや敏感肌をはじめ、アレルギー性皮膚炎などにも重宝します。

精油の中でもラベンダーとティーツリーだけは、原液を直接肌につけても良いとされているのです。

ティーツリーオイルには、黄色ブドウ球菌、真菌、ヘルペス、ガンジダなどに幅広い殺菌力があり、肌に有効な常在菌を殺さず、肌の免疫や回復力を高めるとされています。

ステロイドを使ってもあまり症状が改善しない、という場合は、ティーツリーオイルが有効なケースがあるようです。

また、よく知られているのがニキビへの効能で、ティーツリーオイルはアクネ菌にも効果を発揮しますので、ニキビが早くきれいに治るのを助けてくれる作用があります。


b449add8a058dfcd24e4e92822e53060_s

ティーツリーの効果的な使い方


アトピー・敏感肌への効果が期待できる万能なティーツリーは、原液のまま使用することも、また薄めて使うこともできます。


<肌に直接塗布する>

ティーツリーオイルを原液のまま直接肌につける場合は、綿棒に1滴を染み込ませ、患部に塗布する方法があります。

この時、量が多すぎるとかえって肌に刺激になりますので、少量を軽く肌表面につける程度に留めましょう。


<キャリアオイルで希釈する>

ティーツリーオイルをキャリアオイルで薄めると、肌の広い範囲に塗布することができます。

キャリアオイルには、ホホバオイルをはじめ、アーモンドオイル、ローズヒップオイル、オリーブオイルなどがありますので、自分の肌に合ったオイルを選ぶと良いでしょう。

また、肌に用いる場合は、ティーツリーオイルを20%濃度に希釈するのが適量です。

例として、50mlの遮光瓶にブレンドする場合は、キャリアオイル40mlに対し、ティーツリーオイル10mlを合わせるのが目安です。

特に、顔に用いる場合は、刺激を避けるために希釈して使うようにしましょう。


<水で希釈する>

水で薄めて、ティーツリー水を作ることもできます。

この場合は、50ml遮光瓶のスプレーボトルに精製水またはミネラルウォーターを入れ、ティーツリーオイルを10滴加えてよく混ぜてください。

直接肌に吹きかけたり、部屋のアロマスプレーや虫除けスプレーとして使うのもおすすめ。

プラスチックの容器やスプレーを使用する場合は、高温多湿を避け、2~3日で使い切るようにしましょう。


ティーツリーを使用する際の注意点


ティーツリーオイルは汎用性の高いオイルですが、人によって合わない場合もあります。

必ずパッチテストをおこなってから使用するようにし、肌に合わない場合は使用を中止しましょう。

また、ティーツリーオイルを原液のまま飲用することは副作用の原因となりますので、絶対に避けるようにしてください。

お子さんに使用する場合は、ボディソープに加えるなどのような全身への使用は避けるようにしましょう。


幅広く活用できるティーツリーオイルですので、一家に一瓶常備しておくと、アトピー・敏感肌のケアはもちろん、あらゆる場面に役立ちそうですね。

使用方法を守り、上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。


banner